HP案内 オタ百 VNI メールフォーム 
お知らせ
委託情報

とらのあな メロンブックス
 
読了本はここ参照!
拍手で話題にしてOK!








日記ログ
■2017/12a
■2017/11b
■2017/11a
■2017/10b
■2017/10a
■2017/09b
■2017/09a
■2017/08b
■2017/08a
■2017/07b
■2017/07a
■2017/06b
■2017/06a
■2017/05b
■2017/05a
■2017/04
■2017/03b
■2017/03a
■2017/02b
■2017/02a
■2017/01b
■2017/01a
■2016/12b
■2016/12a
■2016/11b
■2016/11a
■2016/10b
■2016/10a
■2016/09a
■2016/08b
■2016/08a
■2016/07b
■2016/07a
■2016/06b
■2016/06a
■2016/05a
■2016/04a
■2016/03b
■2016/03a
■2016/02b
■2016/02a
■2016/01a
■2015/12a
■2015/11b
■2015/11a
■2015/10b
■2015/10a
■2015/09b
■2015/09a
■2015/08
■2015/07a
■2015/06b
■2015/06a
■2015/05b
■2015/05a
■2015/04c
■2015/04b
■2015/04a
■2015/03c
■2015/03b
■2015/03a
■2015/02c
■2015/02b
■2015/02a
■2015/01c
■2015/01b
■2015/01a
■2014/12
■2014/11c
■2014/11b
■2014/11a
■2014/10c
■2014/10b
■2014/10a
■2014/09c
■2014/09b
■2014/09a
■2014/08c
■2014/08b
■2014/08a
■2014/07c
■2014/07b
■2014/07a
■2014/06
■2014/05c
■2014/05b
■2014/05a
■2014/04b
■2014/04a
■2014/03c
■2014/03b
■2014/03a
■2014/02c
■2014/02b
■2014/02a
■2014/01c
■2014/01b
■2014/01a
■2013/12c
■2013/12b
■2013/12a
■2013/11c
■2013/11b
■2013/11a
■2013/10b
■2013/10a
■2013/09b
■2013/09a
■2013/08b
■2013/08a
■2013/07b
■2013/07a
■2013/06c
■2013/06b
■2013/06a
■2013/05c
■2013/05b
■2013/05a
■2013/04c
■2013/04b
■2013/04a
■2013/03c
■2013/03b
■2013/03a
■2013/02c
■2013/02b
■2013/02a
■2013/01c
■2013/01b
■2013/01a
■2012/12c
■2012/12b
■2012/12a
■2012/11c
■2012/11b
■2012/11a
■2012/10c
■2012/10b
■2012/10a
■2012/09c
■2012/09b
■2012/09a
■2012/08c
■2012/08b
■2012/08a
■2012/07c
■2012/07b
■2012/07a
■2012/06c
■2012/06b
■2012/06a
■2012/05c
■2012/05b
■2012/05a
■2012/04c
■2012/04b
■2012/04a
■2012/03c
■2012/03b
■2012/03a
■2012/02c
■2012/02b
■2012/02a
■2012/01c
■2012/01b
■2012/01a
■2011/12c
■2011/12b
■2011/12a
■2011/11c
■2011/11b
■2011/11a
■2011/10c
■2011/10b
■2011/10a
■2011/09c
■2011/09b
■2011/09a
■2011/08c
■2011/08b
■2011/08a
■2011/07c
■2011/07b
■2011/07a
■2011/06c
■2011/06b
■2011/06a
■2011/05c
■2011/05b
■2011/05a
■2011/04c
■2011/04b
■2011/04a
■2011/03c
■2011/03b
■2011/03a
■2011/02c
■2011/02b
■2011/02a
■2011/01c
■2011/01b
■2011/01a
■2010/12c
■2010/12b
■2010/12a
■2010/11c
■2010/11b
■2010/11a
■2010/10c
■2010/10b
■2010/10a
■2010/09c
■2010/09b
■2010/09a
■2010/08c
■2010/08b
■2010/08a
■2010/07c
■2010/07b
■2010/07a
■2010/06c
■2010/06b
■2010/06a
■2010/05c
■2010/05b
■2010/05a
■2010/04c
■2010/04b
■2010/04a
■2010/03c
■2010/03b
■2010/03a
■2010/02c
■2010/02b
■2010/02a
■2010/01c
■2010/01b
■2010/01a
■2009/12c
■2009/12b
■2009/12a
■2009/11c
■2009/11b
■2009/11a
■2009/10c
■2009/10b
■2009/10a
■2009/09c
■2009/09b
■2009/09a
■2009/08c
■2009/08b
■2009/08a
■2009/07c
■2009/07b
■2009/07a
■2009/06c
■2009/06b
■2009/06a
■2009/05c
■2009/05b
■2009/05a
■2009/04c
■2009/04b
■2009/04a
■2009/03c
■2009/03b
■2009/03a
■2009/02c
■2009/02b
■2009/02a
■2009/01c
■2009/01b
■2009/01a
■2008/12c
■2008/12b
■2008/12a
■2008/11c
■2008/11b
■2008/11a
■2008/10c
■2008/10b
■2008/10a
■2008/09c
■2008/09b
■2008/09a
■2008/08c
■2008/08b
■2008/08a
■2008/07c
■2008/07b
■2008/07a
■2008/06c
■2008/06b
■2008/06a
■2008/05c
■2008/05b
■2008/05a
■2008/04c
■2008/04b
■2008/04a
■2008/03c
■2008/03b
■2008/03a
■2008/02c
■2008/02b
■2008/02a
■2008/01c
■2008/01b
■2008/01a
■2007/12c
■2007/12b
■2007/12a
■2007/11c
■2007/11b
■2007/11a
■2007/10c
■2007/10b
■2007/10a
■2007/09c
■2007/09b
■2007/09a
■2007/08c
■2007/08b
■2007/08a
■2007/07c
■2007/07b
■2007/07a
■2007/06c
■2007/06b
■2007/06a
■2007/05c
■2007/05b
■2007/05a
■2007/04c
■2007/04b
■2007/04a
■2007/03c
■2007/03b
■2007/03a
■2007/02c
■2007/02b
■2007/02a
■2007/01c
■2007/01b
■2007/01a
■2006/12c
■2006/12b
■2006/12a
■2006/11c
■2006/11b
■2006/11a
■2006/10c
■2006/10b
■2006/10a
■2006/09c
■2006/09b
■2006/09a
■2006/08c
■2006/08b
■2006/08a
■2006/07c
■2006/07b
■2006/07a
■2006/06c
■2006/06b
■2006/06a
■2006/05c
■2006/05b
■2006/05a
■2006/04c
■2006/04b
■2006/04a
■2006/03c
■2006/03b
■2006/03a
■2006/02c
■2006/02b
■2006/02a
■2006/01c
■2006/01b
■2006/01a
■2005/12c
■2005/12b
■2005/12a
■2005/11c
■2005/11b
■2005/11a
■2005/10c
■2005/10b
■2005/10a
■2005/09c
■2005/09b
■2005/09a
■2005/08c
■2005/08b
■2005/08a
■2005/07c
■2005/07b
■2005/07a
■2005/06c
■2005/06b
■2005/06a
■2005/05c
■2005/05b
■2005/05a
■2005/04c
■2005/04b
■2005/04a
■2005/03c
■2005/03b
■2005/03a
■2005/02c
■2005/02b
■2005/02a
■2005/01c
■2005/01b
■2005/01a
■2004/12c
■2004/12b
■2004/12a
■2004/11c
■2004/11b
■2004/11a
■2004/10c
■2004/10b
■2004/10a
R.O.D
至上主義

OVA

超傑作
-THE TV-
オフィシャル
アーカイブ

12/12
■アファームド

 
 
 ブリンクドッグだ! いやブリンクヒポグリフだ!!(D&D脳
 物質界とエーテル界を瞬きのように行ったり来たりしているんで攻撃が当たりづらいことに定評のある!! あと自由にショートテレポートできることにも定評のある!!
 追加ルールでブリンドッグを相棒にすることも可能なんだが、そのワープ能力の自由自在ぶりがあまりに優秀過ぎて、とても認める気にならない(笑)
 なおD&Dにおいてはこの「別の世界に転移して回避してまたすぐ戻ってくるのを繰り返す」はある程度レベルの高い魔術師ならみんな出来るし、当然ながらドラゴンもやってくるので、ブリンクドッグの専売特許ではない。さすが最強の幻想種( ・`ω・´)

 
 たかが小娘(笑)
 ところでセミラミスさんとモーさんの会話がこう聞こえたんですが。
「聖杯を戴きに来たぜ! カメムシ女ぁっ!」「セミだぁっ!」
 本当はなんて言ってるんでしょう(笑)

 
 んーんーんーんーんー。
 こーいう技術ではなく意地と意地のステゴロは基本的に燃える戦いなのではあるが、スクライドみたいに「もうやることやるだけやり尽くした果ての拳」と違って「いつ本気バトルなのかな!? 宝具駆使した限界バトルどんな凄いのかな!?」ーって今か今かと楽しみにしてたら、それをすっ飛ばしていきなりやられると「あ、あれ……?」ってなっちゃうなー。
 戦闘シーン自体も、「最速の英雄」が戦ってるにしてはスピード感が物足りないしなー。モーさんが超音速バトルしてる時の凄さとどうしても比べてしまう。「小手先を捨てた泥臭さ」を意図したとしてるのかもしれんが、「仮面ライダーカブトがクロックアップすれば圧勝なんだけど、それじゃ納得しないんで普通のスピードで戦いました」ってなもんで、そこに至るまでの意地のありかたを丁寧に積み重ねていれば話は別かもだが、この作品からはそこまで描写された感じがない。どっちも余力を残した戦いを繰り返していただけで。
 なので超スピードで戦うアキレウスの行動を凄まじい先読みで対応しまくるケイローン先生が観たかった(´・ω・`)
  ■アポロガイスト

 
 カルナさんの義理堅さに敬礼。
 よもや赤のマスターたちが生還できるとは微塵も思っていなかった(笑)

 
 もはやすっかりバーサーカーと化しているアタランテさん。
 ジャンヌは本人の戦闘力が高いことを評価されている英雄じゃないけど、十分お強いよね。天草もだけど。
 ルーラーを舐めるなぁって、ルーラーになることでその任務を遂行するに必要なだけの戦闘力も与えられるってことでもあるのかしらね。

 
 真の英雄が目で殺しにいったぁぁぁぁぁぁぁ!!!
 カルナさんの全力バトル強過ぎ格好良過ぎぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!
 最強クラスのサーヴァントが行う戦闘描写の最新版を見よって感じで大迫力だわ!!!!
 やっぱこのレベル(マスターの差で一段弱まってるとしても激烈に弱体化しているわけではない)のサーヴァントであるセイバーさんを葛木先生が「初見殺しなんで常人でもボコボコに出来ました」は無理あるよなーって改めて思ってしまう。
 それはさておき、とにかく圧巻のカルナさん描写でサティスファクション。世界が燃えちまうわけだぜ!!! 無論、それと真っ向から渡り合えるジークフリートの勇姿にも乾杯だ!!!

 
 それゆえにそんな最高の限界バトルに横槍入れたことでアストルフォへの印象の悪さがさらに強まることに。
 僕はカルナさんみたいな人格者じゃないんで普通に不満ですわ~。
 別に展開として不自然とは思わないけどね(´・ω・`)
 グダグダ言わないカルナさんがこれまた格好いいけどね( ・`ω・´)

 
 とまぁスーパーカルナさんタイムの凄まじさとのコントラスト的にも「ヘラクレスに次ぐギリシャ神話の大英雄」の戦闘シーンとしては、アキレウスさんにはノーサティスファクションだったなー。
 いやうん、普通にいいやつだなぁとは思うんですけどね! キャラとしては!
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!
  1. 戌年の年賀状は犬種をどうするかいつも悩む(笑)
    チワワとパグとコーギーにしよう( ・`ω・´)
  2. エレシュキガル遂に実装かぁ・・・最初は実装予定無いとか公式で発言あったけど、バビロニア実装時メッサ人気キャラだったからなぁ・・・大佐もバビロニアが一番好きだって言ってたしやっぱりうれしい?
    好きなキャラだから普通に嬉しいのだが、皆と違ってバビロニアクリアがそこまで昔のことでもないので「遂に」の感慨がそこまで深くないのと、Twitterとかで事あるごとに「エレシュキガル実装フラグ!!」と騒ぐだけ騒いで、違ったら運営罵る流れにうんざりして若干風評被害気味(笑)
  3. 地球防衛軍5 今回の人型ロボは一人で完全にコントロールできますか?以前の作品ではネットの協力対戦で4人集めないと満足に動かないロボとかがあったのですが by ひのき
    巨大ロボはまだ出てこないけど、アーマードコアみたいなのは一人用。
  4. a. >5 サイが身勝手なことを言っている…?フレイの狂気に振り回されただけの善人ってイメージだったんだが…なんか変な要求とかしてたっけ?
    b. 5>サイはあの経験を考えると聖人か狂人かってくらい壮絶だから普通にいいやつのイメージなんだけど、身勝手な事ってのはどのシーンの事だろうか
    c. >5 前半の余裕がないキラの視点からだと悪意無しに負担をかける人物の一人であっても決してろくでもない奴ではないですね
    d. 5>まあ、ナチュとコディの無意識の感覚差によるすれ違いがありますからね。あとフレイに関する問いただしでキラが一方的に暴力を振るったと認識されているらしい反動もあるでしょうね。
    e. 5 キラの身になって考えると > これを言った人が「同時にサイの身にもなって考える」事が出来れば、この世からケンカはなくなるのですよな~(戦争はなくならないでしょうけども)。自分の好きな人の味方、あるいは嫌いな人の敵になるのをやめる、たったこれだけの事を、世界中の人全員が、損得勘定を一切交えずできれば、今よりも少しは真っ当な世の中になるのに(夢~
    俺、あの状況でフレイ様寝盗られたら殺意の波動に目覚めるわ(えー
  5. 9> タイプムーン世界の魔力は本来自身の持つ貯蔵量以外はストックできないモノなので、それを蓄えて保管できるあの魔術は強いですよね。聖杯戦争でも他人やホムンクルスの魔力を吸い上げたり電池代わりにしてますし。だからこそ竜の炉心により魔力放出が容易なセイバーとか、魔力の補充をせずとも刺しボルクを連発できる低燃費の兄貴は通常戦闘の安心感があったり。
    「蓄えられる貴重な手段」「ただし使えるのは本人だけで、長時間かけて蓄積しないといけないから、大きな戦いで蓄えを使い果たしたら、もうほとんど取り返しがつかない」っていう仕様にバランス感覚を感じる(笑)
  6. 「身内が人質に」「身内が襲われる」>それやって相手煽ったせいでもう手が付けられない程チートパワーアップされて敵が涙目になった魔法少女ものがその昔・・・
    この作戦はヒーローの「ヒーローとしての立ち位置」を踏み躙ることに意義があるだけに、「無関係の人間の命とかどーでもいいわお前死ね」って存在になっちゃうのを「作品としてそれを望んでない」としたら無理だから、物語として禁じ手になるねーってことだな(笑) 「ヒーロー自体は強いんで、人質とか無視して戦うことは可能」「だけどそれを許容できるキャラクターなのか」がキモね~。「実際にこれをやれば勝てる作戦」というわけではなく。
  7. 地球防衛軍>楽しそうだなー。ゼノギアス以来3D酔いに苦しめられる私の分も楽しんでくれ大佐ー
    FPSは酔わなくて、TPSは操作性次第で酔うことがあるワダツミです( ・`ω・´)
  8. 7>対価は出しますっていうんだからわりと正当な気がするけど、私の感覚が社畜よりなんだろうか。
    「対価は出します。拒否権はないです」ってことだねー。
  9. 32>個人的には彼はクズとはいわんが、で、実際どうするのってエピローグで語ってくれないから評価のしようがなというのが私の評価ですけど、別の媒体で保管されてたりするのかしら?
    どうしてもキラは「恵まれた人間側の意見」でしかないからなーとなっちゃった。
  10. >ちゃんと倒すぞ(笑) でもあれですよね、登場時だけ強いとかそういうやつなんですよね?
    俺のプレイ段階だと、この時以来登場しないので謎だ(笑)
  11. a. 8c>ヒロアカは突っ込みどころも多いけど明らかに曲解して過剰に叩いてる人が居るのが不憫で…。
    b. >8c ちゃんと言われてますよね。何かもう最近のヒロアカは「どこまでも叩いて貶して遊んでいい作品」みたいな空気が一部で完成されてて正直見てられない。
    ヒロアカの話題は基本的にネガティヴなことにしかなってないんで、もうここでは禁止にするかなーとなってる。
  12. >6 あ、あれ?確かFakeでプレラーティが翻訳じゃなく色々あって自分で書いたことが明かされまして……すみません、ワダツミさんFakeは読んでたかと思ったもので……!
    すまん、完全に忘れていた!!
  13. >3 幼女少女の違いかぁ。確か年齢的な所で分けられてて、基本幼女は最高でも小学生入学とかそんなレベルの年齢で、少女がもっと上、18歳までとかかだったか。つまりアビーやイリヤは少女で、ナーサリーは・・・幼女・・・? ただこれって意外と普通のサブカル関連の作品でも、幼女の年齢超えてるのに幼女って使う作品多いよねぇ。まぁ何となくニュアンスは伝わるから基本スルーしてるかな。
    11歳は明らかに幼女じゃないわーと思ってならない( ・`ω・´)
  14. FGO、今年の真のクリスマスイベント告知出ましたね。やっとエレシュキガルきますね!FGO運営に年末ボーナスあげちゃう覚悟ですね!! でも、俺敵には「今回のイベントで稼げるフェニックスの羽の量」が今現在最大の関心ごとだったりします……!(枯渇により5体以上の鯖が成長止められてる
    ボックスガチャに含まれていたら最高だなー。
  15. >真名隠し 新宿はまだ隠してる意味があったように思えるけどそれ以降は既存の1~7賞までとそんなに変わらなくて真名隠す意味があまり感じられないように思う。登場即判明とかやられると特に。真名隠しはランサーメドゥーサの時にやって欲しかったですね。本編で名前隠してるのにお知らせでランサーメドゥーサピックアップ!ってやってたのはちょっとしたギャグに見えた
    新宿しか意味が無いもんだから、下手に話題にすると「真名隠しのネタバレ配慮してください!」と怒られるのが鬱陶しいだけの存在で困る。
  16. 17>たしかにクズかもしれないけど、描かれ方によっては好きになれそうな気がする
    最初からクズ描写全開で別に擁護もなにもされないだと「そーいうもの」として楽しめそうな余地はある。
  17. 18>力の対価に宝石を使うといえばセイクリッドセブン、変身するためにわざわざ効果で貴重な大粒の宝石を買い付けるという御大尽アニメでした
    割りと好きなアニメだった( ・`ω・´)
  18. 20>戦車はどんな道でもすすめるんです、例え放射熱線のなかでも! …勝ったな
    ガルパン世界の現行戦車なら余裕だろうな。
  19. 34>さしものガルパンも、砲塔から上半身出して指揮しているところにうっかり主砲が当たったら頭吹っ飛ぶんじゃなかろうか(笑)
    謎カーボンで大丈夫です!!
  20. 大佐ー、アビーちゃん一枚目は何十連くらいでおいでなさいましたか…?ふとTwitterの年内にどれだけ増えるか的な呟きを見たので気になりました
    1枚目は30連だか40連だかのときかなー。
  21. >5 なんかこの場合は大佐の返しが合ってないような・・・この場合は比較の基準を聖人やスーパーヒーローに持ってくるかというより、誰の視点で見るかとかの話だと思うのですが。件のキラ視点に立った人が、サイに聖人レベルを要求しているという話?
    という話だと思ってるよー。
  22. >20 逆にガルパン世界から我々の世界を見たら、竹刀とかでガチの戦争をしている、みたいに見えるんだろうか。
    普通に自分たちの過去の姿だから、そういった珍妙なことしているふうには見えないんじゃないかな。
  23. a. >>19 ただあの世界はファンタジーに足突っ込んでるレベルのフィジカルエリートだったりする連中が主人公よりはるかに長い時間を格闘技の鍛錬に費やしてるのでそもそも単純な実力の比べ合いで勝てる奴が居ないというか駆け引きで有利を取らないと勝てない相手ばかりですからね、それでもあそこまで卑怯な主人公はそうそう居ないと思いますけど、そもそも本人の目的が世界最強とかじゃなくて自分に屈辱を味合わせた工藤へのリベンジなわけですし。
    b. 19>そして相手が死ぬor助からないかもという状況になると物凄く狼狽えるのは笑える。だーれが殺した金田さん。
    c. >>19 武術大会で毒を使うのは卑怯という枠にすら収まらない蛮行である(もちろんその武術大会で毒の使用を許可しているなら話は別である) と一つTRPG的昔話、シャドウランでプレイヤー側の身内が武術大会に出る事が正式に決まっていたのだが闇討ちにあってプレイヤーのフィジカルアデプトが変装&代理で出場し他プレイヤーは護衛とGMがシナリオ的に計画していたシナリオがあった。しかしプレイヤー側の大多数が「正式に決まったのならアイツをキッチリ護衛する義務があっただろ、そもそも闇討ち側の奴らは貴方側の興行そのものを崩壊する思惑があったのでは?」と興行主に詰め寄ってメインシナリオが闇討ち側へ落とし前をつける話へと変わっていった事があったそうな。そもそも武術大会は観客の元で多額の金が動く物、それが水面下の闇討ちで決着がつく結末で最も納得がいかないであろうは観客なわけで闇討ち(毒殺)が成功したとしても武術大会としては成り立たず観客は不戦勝を見続ける事になりその怒りは爆発するだろう、Gガンのキラルとかよく無事でいられたなとも思う。とはいえ現実でもチェックがガバガバで賄賂が通用しまくりなところでグローブに堅物仕込んだり審判に反則を見て見ぬフリしてもらったり「○○さんに逆らったから」と路地裏で死体になってたりもある、でも一国が相手だろうと国家ぐるみのドーピングとして国ごと参加禁止と突っぱねるパターンもある、最近で言うなら最強伝説黒沢の卑怯な行為は案外困難だという話は物凄く面白かった
    a.普通に勝ててもおかしいのに勝つのが普通の漫画で、生々しく勝ちに行くのがこの漫画って感じだわな(笑)
  24. BSでのガルパン再放送見ているのですが、どんな故障も自動車部が治してくれているのを見て「この子らが一番とんでもないな」と思ったのですが一つ疑問がありまして。ガルパンみたいに自動車の修理技術の応用で実際に戦車って直せるんですか?昔の戦車だとそういう逸話が残っていたりするんでしょうか?
    第2次世界大戦の頃の戦車なら、ちゃんと整備マニュアルや予備パーツがあれば、それなりに直せるんじゃないかな。アメリカは日本と比べて遥かに自動車が普及してるから、戦車の整備兵の育成も有利だったとかはお望みのエピソードになるかな?
  25. >戦国武将の格好良いエピソードはたいてい創作だと知りとうなかった。 歴オタあるあるですねえ。逆に史実だとわかると凄い嬉しい。信長の鉄砲三段撃ちがなかった派に対してあった派の人が新説唱えた時には私情優先で応援したくなったものです(笑)
    「三国志が演義ネタメインなのはわかるが、よもや戦国時代もそんなのばっかとは……」となったあの日(笑)
  26. 『おもたせしました』って土産物グルメマンガとしては結構面白いと思うんだけど、毎回持って行った本人が「土産物を一緒に食べてしまう」というスタイルが不評なのか評価イマイチなようで。 1巻の最後にちょっとだけ出てきたロリ先生かわいい。
    「一緒に食べてしまう」の理由次第かなー(笑) 友達の家に遊びに行った、とかなら普通だし。
  27. 14>後で「本当に強化呪文効いてたのか!?」と糾弾されたのではなかろうかそのキャスター(笑)
    入り口にかけつけた超強いヒドラも倒されてるから「相手が悪過ぎたよ……」かもしれん(笑)
  28. アビゲイルのデコビーム、後ろのイリヤが対閃光防御で目をつぶっているように見える(笑)
    うぉっまぶしっ!
  29. こういう比較は難しいのかもしれませんが、ガルパンの各校を純粋に戦車の性能だけで評価した時どこが一番強いんでしょうか?カタログスペック最強というか。
    難しくもなんともなく、黒森峰がブッチギリで最強です(笑) 大学選抜チームと比べても黒森峰の方が上。
  30. 34>対マウスで内部が破損したとかやらない方が良かったとは思う。劇場版とか死ぬだろ…
    「安全です!(ただし眼鏡は割れる)」
  31. 36> どういう画像かわからないけど、個人的に「握れる」くらいあったら大きい方だと思う
    完全に巨乳
  32. 幼女戦記>おおう、一気に漫画版を読了されましたね。デグさんの仕草がえらい可愛いのと情勢が判り易くて良いですね。ただ単行本化の際に犬人間のディフォルメが減らされてるのはちょっと残念。
    「ディフォルメ多いなー」とか思ってたがこれでも減ってたのか(笑)
  33. >地球防衛軍5 2枚目のキャプ画からは「L作戦マーチ(メーサーマーチ)」、3枚目のキャプ画からは「地球防衛軍マーチ」が脳内BGMで流れる~♪
    CD流したくなる(笑)
  34. 12>この人、前は「ささひと」というエロパンダのギャグマンガ描いてたのにずいぶん変わったね(笑)
    エロスからバイオレンスに
  35. >11 (小説)怪獣黙示録読まないとわからない > これは映画としてアカンですな。もう、映画の入場者全員に怪獣黙示録を配って「ぜひ読んでね!」ってやるべき。やるべきっていうかコレ義務じゃね(笑)。二作目以降でもしかしたらソコを説明するのカモですが、今回の一作目単体ではわからんわけで。それにしても、このアニゴジ、賛否両論がホントに激しいですが、ここらへんが気になる人かどうかが原因なんスかね~。大佐や皆さんの意見が聞けたら幸いです。
    僕はサイトに感想書いてあるので!
  36. 20 > 自分的には、「いんだよ細けぇ事は!」と言いたくなるが、同時に「それを言うのもちょっとな~」となる感じ。実在した戦車を題材に使ってるのに、この辺りのケガさせない設定はハイパーテクノロジー寄りで説明不要でよろ!、かと思えばミホさんの戦車水没救出問題では現実的な感情優先が○!とスタッフさんの作品の有り様へのバラツキがあるのがなんとも。でもやっぱ「いんだよ細けぇ事は!」かな(笑)。個人的にTV版はそれほど…なんですが、劇場版は超好きなので(笑)。後半の一時間って相当面白いですよね、アレ。どこかでファン向けの映画とか言われてましたけど、も少し設定等をわかりやすく調整すれば、オタク以外の初見の一般人でも充分楽しめる映画になると思うのですがね~。
    モロにオタク向けのキャラデザで美少女アニメ~な時点で拒否反応を示す一般人のハードルを超えるのが難しそう(笑)
  37. あれ、幼女戦記がズラッと並んでますがコミック版読んでなかったんです?
    ああ!!
  38. 幼女戦記はアニメも好きだったけど、いろいろと補足説明してくれる漫画版も好きです「あれはそう言う意味だったのか」とか、それにしても、この漫画家さん仕事しすぎだと思う。毎月新刊出てたり、書き下ろしマンガが出てたり...
    漫画は単体で良く出来てるなーと思った。アニメ見てないけど!
  39. >地球防衛軍5 メーサー戦車って勝手に攻撃してくれてるんですか?
    今回のは友軍が操って攻撃してくれてるねー。
  40. 時に「萌札」というカードゲームをご存知でしょうか、男同士の性癖暴露大会みたいな感じで凄い面白いですよ
    知らないぜ!
  41. >35 サーヴァントは一定水準を超えると生前より格落ちするし、現代人でもトップクラスの人間が英雄の生前並みだとしたら充分勝ち目のある人間は存在してしかるべきなんですよね。頑なに絶対無理を強調した次の瞬間大物食いするのが型月の作風だからそんな純粋な力関係通りの順当勝ち滅多に見せないけど
    俺の中では、Fate世界のマイク・タイソンの全盛期のパンチは岩をも砕き、戦車を叩き壊します。
  42. サーヴァントの運用コスト>サーヴァントは呼び出すまでが高度でコストがかかるけど、維持自体はそれほどじゃないですからね。凛ぐらいの生成量があれば宝具はともかく維持だけはできるわけですから。
    発生しているエネルギーと比べて供給するエネルギーが凄く少ないんだよな(笑)
  43. そういえばkindleはどの端末で読んでるんですか?
    主にiPad。
  44. 妹いい 義弟→義妹 確定! しかし、貧乳で甲斐甲斐しくてあの性格...これで眼鏡かけてたら、ワダツミさんに手を出されてたかもしれないな(笑)
    眼鏡を掛けてなくても出すだろう(ビュクンビュクン
  45. 10>FGOってストーリーの敵強いからそっから始められても意味がないような。それとも弱くなったのかしら。
    1章終わってから敵の強さは頭打ちって感じかなぁ。
  46. スパロボX>おお、概ね1年周期で据え置き発売かぁ。Vと第3次Zの使い回しが多いなぁ…と思ったらワタル・ナディア・バディコン・Gレコだとぉ!?ビゾンさんは仲間になりますよね!?
    ああ、続編でもないのにVからの続投が妙に多いのは、戦闘グラフィックが流用できるからか!!!
     
12/9
  ■地球防衛軍5

 
 FGOでフォーリナーを引いたあとは、EDFでフォーリナーと戦うのだ( ・`ω・´)
 でも今回の敵はフォーリナーじゃなくてプライマーだったのだ(´・ω・`)
 が、とにかく今回もおもしれーたのしーイエッフゥゥゥゥゥ!!!
 でも武器が徐々に強化されていくシステムは、楽しくもあり辛くもあるかなー。「新兵器拾った! でも拾ったばっかじゃ、使い慣れた旧式の方が強い!」という、ザナドゥから続くジレンマが(笑)
 が、そんなのは些細なこととして、迫り来る侵略軍団との限界バトルをエンジョイ&エキサイティング!!!

 
 メーサー砲の車列とかテンション上がらないほうがおかしいシチュだよなー(笑)

 
 怪獣相手に集中砲火だ!!!
 大方の予想を全力で裏切り、ちゃんと倒すぞ(笑)
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!
  1. 「風雲児たち」NHKで実写化ですって。「ターヘルアナトミア」編で脚本三谷幸喜
    一部抜き出すとしたら適任なエピソードよな。
  2. ハインリーケのハリケーンミキサー…というよりミサイルアタックだな(笑) 相手のガードではね返されるが少しはHPを削れるぞ(えー
    ハインリーケとハリケーンの字面が似ているからという解説をするかどうか悩んだ。
  3. FGO>外見幼女の鯖も増えましたなぁ。ロリ艦隊とか巨乳艦隊とかつくるのはお約束になるのかしらん
    割と「幼女」ではなくて「少女」だよ、とこだわっちゃうマンです( ・`ω・´)
  4. 18>第二次スパロボZで「神聖な約束である結婚を汚すもの」として天子の結婚式を壊す神の龍虎は良かった。まあ個人的にはオデュッセウスはたとえ政略結婚であっても伴侶を大事にできる紳士だとは思うのですが。
    全然尖ってない人だもんな(笑)
  5. 41>サイは本当に良い奴ですよね…某所でそう言ったら「キラの身になって考えると結構勝手なこと言っててろくでもない奴」と反論されて釈然としなかった。
    まぁ基本的に人間の「他人への評価」ってのは(自分がしたことないなんて言わないけど)、「聖人じゃなかったら悪人」「イチローより成績がよくなければ野球が下手」「チャック・ノリスより弱ければ雑魚」だからねぇ(´・ω・`)
  6. ジルのルルイエ異本はクトゥルフ神話に登場する太古の魔導書ではなく、中世にプレラーティが書いたオリジナル本なので、ここはラブクラフトの妄想と実態は違うって感じですね。でもジルの宝具も宝具で海魔を呼んでる異界はヤバいらしいので、恐らくの推測ですが繋がってるのはラブクラフトの妄想と同じ、外宇宙の高次生命の所なんだと思います。ラブクラフトの妄想小説は偶然にも「本当に存在する外宇宙生命」の存在に的中しましたが、飽く迄居るのは「それっぽい」奴らで、厳密にクトゥルフ神話の設定通りな神がいる訳ではないんじゃないかと
    あれ、あの本ってガチなルルイエ異本をプレラーティが翻訳したやつじゃなかったっけ( ・`ω・´)
  7. 23>日本だったら『休暇返上しなかったらクビにする、出ても無(低)給』位はマジで言い出しそうで怖いです。金を出せば動かせると思われても困るが、働くモチベーションの元も無しに十全に働くと思われても…(苦笑)
    現状を考えると「金を余計に払うから余計に働いてくれ」と言ってくれるだけマシ、みたいな落とし穴目線になりがちよねー。
  8. a. 52>コメントの中で、「能力のせいで組長が『胎児以前まで戻されて消えた』」っていうのと「本気出せば人間を猿まで戻せる」っていう時点で矛盾が(笑) じゃあ組長が消えちゃった後も能力使い続ければ「消えた状態から猿人の白骨死体が復元され徐々に生物として生き返る」のかよ、と(笑) だとしたらコントロールできたら考古学や人類学的に絶対に手放したくない存在すぎる、ていうか「コントロールできるようにすることが国際レベルの重要案件」になるわ。
    b. >52 巻き戻してケガ治るなら同時に記憶も巻き戻って、同じ攻撃でやられそうだ
    c. 人間を猿にまで巻き戻せる>これって使い方次第ではっていわれていたはずなんですけどねぇ。個性だけ消し去ることとかできることから単純に時間を巻き戻すのではなく、遺伝子配置だけを巻き戻すとかって感じなんだと思いますがね。
    遺伝子改造能力!!!
  9. a. 宝石魔術>これは扱うのにも才能が必要ですよ? UBWルートのキャスター戦で凛は宝石を複数使っても自分の限界を超えるのは危険って話ですから。魔術の才能がない人が使っても宝石に貯蔵した膨大な魔力に自滅するだけでしょう。そのうえ、バーサーカーを殺せるクラスの宝石となると、凛でも聖杯戦争を見越して10年かけて作っても20個しか作れませんし。あと、宝石を消耗品として世界中で使われるのなら金額はいまの100倍や1000倍でもたりなくなると思います。
    b. >20 宝石魔術に必要なのはお金も勿論ですが、一番は転換・流転の魔術特性への才能(遠坂の魔術特性がコレ)なのと、魔力を込められた宝石は基本的に魔力を込めた本人でないと起動できないので、お金でカバーするのは難しいかも。また将来時計塔の歴代トップ100に入るとされている凛でも聖杯戦争時点で作れた宝石は10個、今後一人前になって加速度的に増やせるとしても、そこまでの大量生産は難しそうなのがネックですかね。
    すまん、おそらく元ネタのD&Dの宝石魔術の設定と混ざった認識をしていたことを白状する(笑) そうか。魔力込めた本人しか使えないのか。そりゃムリダナ! 凛(才能は凄まじいけど、魔術師としての研鑽はまだ駆け出し)が使ってヘラクレス殺せるなら、他のもっと戦闘経験積んだ宝石魔術の使い手(いやこれも凛やルヴィアが例外で世界にほとんど存在しません、とかだと詰むが)に宝石を供給すれば、サーヴァント殺すのそんな絵空事じゃないだろうな、と思ってしまっていた。
  10. 45>過程をすっ飛ばしてでも今話題になっているシナリオに追い付きたい、って層は結構居るみたいなのでその辺に受けるかどうかの実験でもあるんでしょうかね。FF14とか基本パックと拡張パック1のシナリオをすっ飛ばしていきなり拡張パック2から始められる権利(あとレベルと装備品を拡張パック1時点でのほぼ最強状態に引き上げられる権利)とかオプションで売ってますし。
    公式告知は「可能だけどあまりおすすめしないよ」くらいにしとけよってなる(笑)
  11. 33> 無茶だし無駄なのに怪獣とわざわざ対決するというのは「キングコング髑髏島」のサミュエル・ジャクソンもやってましたけど、あちらはそこに至るまでの過程がストーリー本編で描かれてましたし、主人公視点からは余計なこと扱いでしたけど、「ゴジラ怪獣惑星」の場合は主人公の行動の上に前提がほぼ短い回想と解説で済まされて、宇宙船生活の苦しさによるストレスとかでまあ納得は行きましたけど、コングと比べると説得力はいまいち弱い。
    結局のところ「なぜか人間の存在を探知する」という設定が、怪獣黙示録読まないとわからないという大問題(笑)
  12. 1>最近出た『ゼウスの手』は「どこでもドア」みたいな謎アイテムを手に入れた不良少年6人がそれを使って犯罪をくりかえす話。ただし実は人類を滅ぼしかねない代物らしく、悪行の報いか突如として異形の怪物に襲われるようになる。作者が『GANTZ』の人の元アシらしく雰囲気は面影がある。
    やはりモチーフは「猿の手」なのかなぁ。
  13. 19>一度うっかり間違えて マヤ→平坦 豆山→巨乳 に描いてしまって慌てて直した話をあとがきでしていましたね(笑)。
    なぜ間違えるんだレベル!!
  14. >48 特殊警棒持った人間が何百人いようが荒れ狂うアフリカゾウを止められんだろ(笑)
    開けた場所で戦うなら「大量の弓兵を用意する」「落とし穴などの罠に誘い込む」など、まだやりようはあるんだけど、あの地形じゃなぁ。余談ながら、あまりに圧倒的過ぎて一切意に介されなかったんだが、一応リザードマンのキャスターによる強化呪文も乗ってたんだ、あのワニ(笑)
  15. まだセイレム攻略中ですが、アビゲイルもミドラーシュのキャスターもゲットできました!ていうかミドラーシュのキャスターがティテュバまんますぎて「これは確かに時限式にしたかったね運営」って実感した!
    正直「真名隠しギミック」とかどーでもいい内容だったよね(笑)
  16. >28 総量で呼び出してたら、一人で三騎分というギルガッメシュ呼び出したら、七騎全部呼び出せないことになりますしね
    そして魔力供給において犠牲になる人間の数を鑑みるに、「サーヴァントを運用するのに必要な魔力」って、魔術師個人の扱う魔力・使い魔としては破格なんだろうけど、「え、その程度の一般人から魔力持ってくるだけでOKなの?」って程度の魔力しか要求しないんで、「願望機として行使する魔力量」と比べたら、サーヴァントの運用コストは微々たるものなのかもしれん(笑)
  17. 15>元21書いたものですが、太公望の「クズ」の一端は、細かいところや事情を端折ると、「太公望は最初から封神計画を知っているどころか、その達成の為に送り込まれた工作員」という点です。フジリュー版だと全く知らず、仙界に反旗を翻しましたたが、安能版だと計画達成の為に邁進してます。そも妲己が送り込まれたのも計画の一端で、モンチュウのあの手この手の対策(和平工作含む)も全て潰し、憎悪を煽り、正気を取り戻した紂王も邪魔だから殺させてますからね。仙人の派閥力学に対応する為、「味方にも死んでもらわないと」と、わざと見殺しにまでするし。宮城谷氏の太公望読んだ後だっただけに余計にクズっぷりが強調されて、登場人物では超公明やモンチュウが好きになったぐらいです。
    そういやKindleunlimitedに近年翻訳されたらしいバージョンの封神演義があったけど、あれは評判どうなのかしらー。
  18. 宝石魔術の問題は一発いくらというよりも、世界に残された採掘量(残弾)の限界かもしれない。
    枯渇を心配するくらい頻繁にサーヴァントと戦う状況になってる世界がヤバい(笑)
  19. a. >>27、毒を使って良いんなら武術よりも毒最強になって、武術大会を開く意味ないじゃんって気になる。いかに毒を食らわせるか勝負になると、それはもう武術勝負じゃなくてペテン師勝負になるしさ。
    b. >27 主人公が一番「勝つために手段を選ばない奴」という凄い漫画ですからねえ(笑) 本性知った奴には「こんな卑怯な人間初めて見た」としょっちゅう言われてるし(笑)
    c. >27 もうそこまでやるなら喧嘩じゃなくて暗殺でよくね?
    a.毒を使って勝つけど毒を使って勝ったことをバレないように工作する主人公、という本当に「勝てばよかろうなのだぁ」な主人公(笑)
  20. 5>近場でガルパン4DX再上映があったので何度目かの鑑賞に行きました。乗員が身を乗り出しつつカールの砲撃を受けたにも関わらず、安全が確保出来ている特殊カーボン(内張り)とは一体、と哲学めいた難題に囚われそうになりました。ガルパン世界の実戦装備が凄く気になります。
    なにせ特殊カーボンだからな。ガルパン世界にシンゴジラ攻めてきても秒殺ですわ。
  21. 45 ストーリーを楽しむゲーム > ビデオゲームで、まともにストーリーを語りたいのなら昔ながらのアドベンチャーゲーム(今で言うなら逆転裁判タイプかな)しかない!と個人的には思うですよ。回復や蘇生が自由にできるRPGは、それだけでもう色々ダメだし(笑)、ファイアーエムブレムのようなタイプのSRPGは有りですけど、ワンプレイに時間がかかり過ぎるのが難点(どうしても戦闘や育成の楽しさにメインどころをもってかれるので)。後は、意外と強制横縦シューティングがいけるかな?。あれは、音楽とか演出をスクロール時間で制御できますからね。とりあえずプレイヤーが自由にキャラの能力を上下できちゃうタイプのゲームは色々ムリな感じですよな。ま~ソレ以前にゲームバランスが悪いと、プレイを最後まで継続できませんしね~(笑)。
    まぁFGOは小説の合間に、ストーリーと関係あるんだけどまんまではない不思議な立ち位置の戦闘が挟まるゲーム、だからな!(ソシャゲあるある
  22. >>14、漫画本編にはそんな設定は一切無いですよ。
    小説なのか!
  23. >>20 おそらく大多数の宝石魔術師は他人に自身の宝石を託そうとはしないと思う、神秘の秘匿的にもね。例外としては心から信じた伴侶くらいじゃないだろうか(例:アゾット剣)ただ大抵の魔術礼装は自身の属性や起源と連動させなければ上手くいかないのではないだろうか、それでも例外はあるだろうけど(例:アゾット剣)
    ストレンジフェイクみたいに、組織的な対サーヴァント部隊が存在する世界なら、時計塔が本腰入れれば宝石魔術師選抜して編成できそうだなーという妄想(笑)
  24. >凄く参考にならなくて申し訳ないんだが~ サポルト!の理由はともかくアオアシの理由が意外過ぎる(笑)かなりサッカー漫画に詳しいカレー屋の店長さんですね(笑) アオアシのお母さんいいですよね!眼鏡美人の肝っ玉母ちゃんとか素晴らしすぎる。
    ヒロイン二人も魅力的でにゃー。あと眼鏡っ娘が割と多い!
  25. 大佐的に今回のセイレムどうだった?個人的には前半とかは楽しんでたんだけど、後半は「え?ここで終わり?」みたいな感じになったな。決してつまらないとは思ってなくて、単純に後半のボリュームが物足りないというか・・・分割にしなければまた違った感覚だったのかなぁ?とも最初思ったけど、正直色々描写削られてたようにも感じた。アビーは旅立ったみたいな今回の〆自体は結構好みな終わり方ではあるんだけどねぇー。
    「過去最大のボリューム」という前フリは「しないほうがよかったんじゃねーのかなぁ」とは思った。
  26. Q:三大奇書に通ずるなどと言われつつも何故西遊記や三国志、水滸伝のように流行らなかったのか A:面白く無いから などと言われるくらい原作は読みにくい上に淡々と進みますからねえ封神演義。あれを漫画としてヒット作にアレンジしたフジリューは本当に凄い事をしたと思ってます
    フジリューの封神演義は間違いなく名作傑作なのだが、銀河英雄伝説が本当にキャラクター描写が安っぽくて薄っぺらくて辛い。
  27. 18c>一番の誤解>「安能務訳による封神演義」。。あれは翻訳じゃなく。芥川龍之介みたく古典に材をとった(ネタに使った)オリジナル(二次創作)だから。翻訳と誤解して解釈を習ってしまった作家、作品、自分が最初に拾ったネタ(作品、底本)を扱った作品や作家によく噛みついてた印象がある>安能務
    横山光輝三国志も、三国志演義の漫画化ってよりも、吉川英治三国志の漫画化みたいんだもんだよなー。
  28. 24>そこらの民間人ではないけど、バットマンは身内が人質にされて割とシャレにならない事態になりやすい気がする。死んだり半身不随とか。生き返ったりもしますが。
    シビル・ウォーでも登録法で情報開示を強いられたヒーローが身内を襲われて大変になったりしてたしなぁー。
  29. こうやって立ち絵を見ると改めて、イリヤの学校の制服のスカート短すぎてほんとけしからんわ
    ところでイリヤが133センチなのに、アビーが152センチと言われても無理があるよなこの絵だと(笑)
  30. a. >>17 富野監督の小説だと割と故障したり整備不良で出撃できないような描写がちょくちょくありましたね
    b. >17 マグネットコーティング後はシャドーボクシングみたいな真似もしてましたしね。MFに至ってはもうドラゴンボールばりの連打してたりですし
    流体パルスシステム凄い
  31. 心ときめく光景だよね>ZOEの荒野乱戦とかヘイローリーチでの大軍で立ち向かう光景はいつも心躍る
    そして戦友たちが行軍中の会話で死亡フラグを立てまくるEDF。
  32. >41 クズとは思っていない・・・でも「覚悟はある!」で作品は見限った・・・大佐の中でキラってどういう捉え方なんでしょう?一言で言うのは難しいかもしれませんが・・・作り手に振り回された可哀相なキャラ?
    嫌いなキャラを全部クズと切って捨てる乱暴なことをしてないだけです(笑) 彼は彼なりの考えがあるうえで、「何言ってんだおめー」とは思うものの、それがクズいこと言ってるとも思ってないんですね。
  33. 子どもを警護してる好漢を仲間に引き込むために、何の罪もない子どもを殺して「ほら、これでもう逃げるしかないだろ?」とかやらかしてたりしましたよね。あと人肉饅頭も多すぎ。
    そういやジンライガーはちゃんと放送されるんだろうか……(笑)
  34. >5 ③番大事。ガルパンの根底を支える大事な設定。
    こんだけ安全性にスーパーテクノロジー突っ込んでるんだから、水没ごときで死人が出ると思うほうが難しいと思うんですよみほさん!
  35. >11 対サーヴァント弾頭とか> FGO第7章でギルガメッシュがやってるのがそれな気がする。宝物庫開いて財宝を消費しまくる。
    まぁきっと時計塔も後先考えずに貯め込んでる様々なマジックアイテムをぶっこめばサーヴァントくらい倒せそうというかバゼットさんみたいな人が1人ならずもっといるんだろうなぁとは思いつつも、サーヴァント1人に精鋭50人が瞬殺される体たらくも披露してて私不安。
  36. 眼鏡、腋、小さめのおっぱいと、ワダツミさんの好きな感じだったので.あと2枚目の黒いのが邪魔(笑) URL
    小さくねーよこれ!?(笑) 好きだけど!!!
     
 
       
 
 
 
 
 
 
 

サイト内検索っぽいモノ