HP案内 オタ百 VNI メールフォーム 
同人委託情報
  

とらのあな メロンブックス
 
とらのあな メロンブックス
 
とらのあな メロンブックス booth
 
読了本はここ参照!
拍手で話題にしてOK!





日記ログ
■2019/12a
■2019/11b
■2019/11a
■2019/10b
■2019/10a
■2019/09b
■2019/09a
■2019/08b
■2019/08a
■2019/07b
■2019/07a
■2019/06b
■2019/06a
■2019/05b
■2019/05a
■2019/04b
■2019/04a
■2019/03a
■2019/02b
■2019/02a
■2019/01a
■2018/12a
■2018/11a
■2018/10b
■2018/10a
■2018/09b
■2018/09a
■2018/08b
■2018/08a
■2018/07b
■2018/07a
■2018/06b
■2018/06a
■2018/05b
■2018/05a
■2018/04b
■2018/04a
■2018/03b
■2018/03a
■2018/02b
■2018/02a
■2018/01
■2017/12b
■2017/12a
■2017/11b
■2017/11a
■2017/10b
■2017/10a
■2017/09b
■2017/09a
■2017/08b
■2017/08a
■2017/07b
■2017/07a
■2017/06b
■2017/06a
■2017/05b
■2017/05a
■2017/04
■2017/03b
■2017/03a
■2017/02b
■2017/02a
■2017/01b
■2017/01a
■2016/12b
■2016/12a
■2016/11b
■2016/11a
■2016/10b
■2016/10a
■2016/09a
■2016/08b
■2016/08a
■2016/07b
■2016/07a
■2016/06b
■2016/06a
■2016/05a
■2016/04a
■2016/03b
■2016/03a
■2016/02b
■2016/02a
■2016/01a
■2015/12a
■2015/11b
■2015/11a
■2015/10b
■2015/10a
■2015/09b
■2015/09a
■2015/08
■2015/07a
■2015/06b
■2015/06a
■2015/05b
■2015/05a
■2015/04c
■2015/04b
■2015/04a
■2015/03c
■2015/03b
■2015/03a
■2015/02c
■2015/02b
■2015/02a
■2015/01c
■2015/01b
■2015/01a
■2014/12
■2014/11c
■2014/11b
■2014/11a
■2014/10c
■2014/10b
■2014/10a
■2014/09c
■2014/09b
■2014/09a
■2014/08c
■2014/08b
■2014/08a
■2014/07c
■2014/07b
■2014/07a
■2014/06
■2014/05c
■2014/05b
■2014/05a
■2014/04b
■2014/04a
■2014/03c
■2014/03b
■2014/03a
■2014/02c
■2014/02b
■2014/02a
■2014/01c
■2014/01b
■2014/01a
■2013/12c
■2013/12b
■2013/12a
■2013/11c
■2013/11b
■2013/11a
■2013/10b
■2013/10a
■2013/09b
■2013/09a
■2013/08b
■2013/08a
■2013/07b
■2013/07a
■2013/06c
■2013/06b
■2013/06a
■2013/05c
■2013/05b
■2013/05a
■2013/04c
■2013/04b
■2013/04a
■2013/03c
■2013/03b
■2013/03a
■2013/02c
■2013/02b
■2013/02a
■2013/01c
■2013/01b
■2013/01a
■2012/12c
■2012/12b
■2012/12a
■2012/11c
■2012/11b
■2012/11a
■2012/10c
■2012/10b
■2012/10a
■2012/09c
■2012/09b
■2012/09a
■2012/08c
■2012/08b
■2012/08a
■2012/07c
■2012/07b
■2012/07a
■2012/06c
■2012/06b
■2012/06a
■2012/05c
■2012/05b
■2012/05a
■2012/04c
■2012/04b
■2012/04a
■2012/03c
■2012/03b
■2012/03a
■2012/02c
■2012/02b
■2012/02a
■2012/01c
■2012/01b
■2012/01a
■2011/12c
■2011/12b
■2011/12a
■2011/11c
■2011/11b
■2011/11a
■2011/10c
■2011/10b
■2011/10a
■2011/09c
■2011/09b
■2011/09a
■2011/08c
■2011/08b
■2011/08a
■2011/07c
■2011/07b
■2011/07a
■2011/06c
■2011/06b
■2011/06a
■2011/05c
■2011/05b
■2011/05a
■2011/04c
■2011/04b
■2011/04a
■2011/03c
■2011/03b
■2011/03a
■2011/02c
■2011/02b
■2011/02a
■2011/01c
■2011/01b
■2011/01a
■2010/12c
■2010/12b
■2010/12a
■2010/11c
■2010/11b
■2010/11a
■2010/10c
■2010/10b
■2010/10a
■2010/09c
■2010/09b
■2010/09a
■2010/08c
■2010/08b
■2010/08a
■2010/07c
■2010/07b
■2010/07a
■2010/06c
■2010/06b
■2010/06a
■2010/05c
■2010/05b
■2010/05a
■2010/04c
■2010/04b
■2010/04a
■2010/03c
■2010/03b
■2010/03a
■2010/02c
■2010/02b
■2010/02a
■2010/01c
■2010/01b
■2010/01a
■2009/12c
■2009/12b
■2009/12a
■2009/11c
■2009/11b
■2009/11a
■2009/10c
■2009/10b
■2009/10a
■2009/09c
■2009/09b
■2009/09a
■2009/08c
■2009/08b
■2009/08a
■2009/07c
■2009/07b
■2009/07a
■2009/06c
■2009/06b
■2009/06a
■2009/05c
■2009/05b
■2009/05a
■2009/04c
■2009/04b
■2009/04a
■2009/03c
■2009/03b
■2009/03a
■2009/02c
■2009/02b
■2009/02a
■2009/01c
■2009/01b
■2009/01a
■2008/12c
■2008/12b
■2008/12a
■2008/11c
■2008/11b
■2008/11a
■2008/10c
■2008/10b
■2008/10a
■2008/09c
■2008/09b
■2008/09a
■2008/08c
■2008/08b
■2008/08a
■2008/07c
■2008/07b
■2008/07a
■2008/06c
■2008/06b
■2008/06a
■2008/05c
■2008/05b
■2008/05a
■2008/04c
■2008/04b
■2008/04a
■2008/03c
■2008/03b
■2008/03a
■2008/02c
■2008/02b
■2008/02a
■2008/01c
■2008/01b
■2008/01a
■2007/12c
■2007/12b
■2007/12a
■2007/11c
■2007/11b
■2007/11a
■2007/10c
■2007/10b
■2007/10a
■2007/09c
■2007/09b
■2007/09a
■2007/08c
■2007/08b
■2007/08a
■2007/07c
■2007/07b
■2007/07a
■2007/06c
■2007/06b
■2007/06a
■2007/05c
■2007/05b
■2007/05a
■2007/04c
■2007/04b
■2007/04a
■2007/03c
■2007/03b
■2007/03a
■2007/02c
■2007/02b
■2007/02a
■2007/01c
■2007/01b
■2007/01a
■2006/12c
■2006/12b
■2006/12a
■2006/11c
■2006/11b
■2006/11a
■2006/10c
■2006/10b
■2006/10a
■2006/09c
■2006/09b
■2006/09a
■2006/08c
■2006/08b
■2006/08a
■2006/07c
■2006/07b
■2006/07a
■2006/06c
■2006/06b
■2006/06a
■2006/05c
■2006/05b
■2006/05a
■2006/04c
■2006/04b
■2006/04a
■2006/03c
■2006/03b
■2006/03a
■2006/02c
■2006/02b
■2006/02a
■2006/01c
■2006/01b
■2006/01a
■2005/12c
■2005/12b
■2005/12a
■2005/11c
■2005/11b
■2005/11a
■2005/10c
■2005/10b
■2005/10a
■2005/09c
■2005/09b
■2005/09a
■2005/08c
■2005/08b
■2005/08a
■2005/07c
■2005/07b
■2005/07a
■2005/06c
■2005/06b
■2005/06a
■2005/05c
■2005/05b
■2005/05a
■2005/04c
■2005/04b
■2005/04a
■2005/03c
■2005/03b
■2005/03a
■2005/02c
■2005/02b
■2005/02a
■2005/01c
■2005/01b
■2005/01a
■2004/12c
■2004/12b
■2004/12a
■2004/11c
■2004/11b
■2004/11a
■2004/10c
■2004/10b
■2004/10a
R.O.D
至上主義

OVA

超傑作
-THE TV-
オフィシャル
アーカイブ

12/11
“真実は見えるか”キャンペーン 第1回 チャプター5

 ダンジョンズ&ドラゴンズ3.5版をベースに「オリジナル世界設定」「ハウスルール色々」「禁止呪文・特技・アイテム多数」「モンスターデータ改造しまくり」の独自環境なので、運用や裁定が公式ルールと矛盾した場合も仕様です。厳密なことはあまり深く考えないで読むと幸せ。
 また、プレイ内容で色々と「気に入らないこと」があったとしても、プレイグループ内では合意を得て楽しんでいるものとご理解頂けると幸いです。


 チャプター0 チャプター1 チャプター2 チャプター3 チャプター4

 アルブレヒト・ヴォルフェンビュッテル 魔導師(ウィザード)レベル4
 モニカ・ヴォルフェンビュッテル 神寵者(フェイヴァード・ソウル)レベル4
 レーグネン 神官戦士(クレリック)レベル4
 クラウス 魂刃士(ソウルナイフ)レベル4
 ダスティ 巧者(ローグ)レベル4

DM「『行ったら絶対捕まるだろうな』って思ったから行くのやめて、レーグネンだけ行かせたんでしょ、今(笑)」
モニカ「レーグネンこのまま行っちゃうんですけど!」
アルブレヒト「ここは、距離をとって行方をくらませたほうが安全だろう。レーグネンだって城の関係者の看板背負っているようなものだからな。向かうのは危険だ」

 なにせ戦勝神の徽章入りプレートアーマーでフル装備。てか徽章入ってなくても十分目立つ(笑)

アルブレヒト「レーグネンも一緒に来るんだ。お前が捕まっては、モニカにも危険が及んでしまうからな」
モニカ「お兄様!」
レーグネン「わかりました、お二人を守ることに集中しましょう」
アルブレヒト「いったん道を戻り、クラウスと合流してから情報を集めよう」
アルブレヒト「燃えているのは城だけ? 城下は?」
DM「城だけだね」
アルブレヒト「普通に攻め込まれたら、城下町も燃えるよな……解せないな」

 ここに限らず色々と悩みまくってるのだが、そこは割愛せねばキリがないぜ!!

アルブレヒト「しかし、宿を取るのも不安だな」
DM「宿帳に空条Q太郎って書かなきゃだめだよ。でまぁ途中の宿場でキミらは合流する」
クラウス「おや、どうしたのですか? 急いで城へ戻られたのでは?」
ダスティ「『もっと買いたい本があったのを思い出したんだ』と(笑)」
モニカ「お城が……」
クラウス「城がどうしたのですか」
アルブレヒト「人目が気になるな……宿場の人達の様子は?」
DM「お城の方で煙が上がっていたんだけど、何があったんだろう、という話で食堂は持ちきりだね」

 きっとゴブリンの仕業に違いない。

アルブレヒト「城のそばまで戻ったのだが、城が燃えていてな」
DM「『俺達も逃げたほうがいいんじゃないか?』と騒いでいる感じ」
レーグネン「我々はあきらかに顔が割れていますね」
モニカ「ここに領主の一族がいて大丈夫?」
DM「キミら変装もせずに普通に入ってきたね!」
領民「アルブレヒト様だ! それにモニカ様も! いったいお城はどうなったんです!?」

 もみくちゃモードでーす。

アルブレヒト「おぅ、やっぱり。居場所もこれでバレバレになるな」
DM「レーグネンがこう、ディフェンスして。『はいはい、触らないで。チケット出して。一人30秒だよ! CD買って買って!』」
領民「お城は大丈夫なんですか?」
アルブレヒト「私達にもにもまだわかっていなくてな……クラウス! クラウス!」
レーグネン「もみくちゃにされながら」
領民「モニカ様! モニカ様!」
DM「どさくさに紛れて触りまくるチャンスだ!」
領民(スポット参加プレイヤー)「ちっちゃい! かわいいー」
アルブレヒト「だが、城下の町は被害がないように見えた。ここも大丈夫だと思う」
DM「〈はったり〉のロールかな? もし本心で言っているならロールはしなくてもいい」
アルブレヒト「うーん、そうですね。皆あせらず、落ち着いて行動して欲しい」

 本心でそう思ってるので判定なし。
 ちなみに、アルブレヒトはともかくとして、いわゆる「善人」なキャラなら〈はったり〉なんて技能不要かと思いきや、様々な緊急事態に際して「安心させる言葉を言って落ち着かせる」必要がある場合、〈はったり〉が無いキャラは内心焦ってることが素人目にもバレバレになるので、基本的に人の上に立つ、人を導く立場のキャラは疎かにしないほうがいいスキルだったりします。即ち貴族や聖職者。

領民「アルブレヒトがそうおっしゃるなら……きっと大丈夫なんだろう」
アルブレヒト「クラウス、レーグネン、よし、我々は出かけるぞ」
領民「こんな夜中にですか?」
アルブレヒト「一刻も早く状況を知りたいのでな。来てくれ、作戦を練る。行くぞ、モニカ。何があるかわからない。皆は夜間の外出は控えるように」
モニカ「はい。たったった」
DM「皆、ここは〈視認〉を振ってくれ」

 ルール通りにプレイする場合、こういった判定の殆どはDMが振ることになり、あまり面白くありません(笑)
 無論デザイン上意図されたゲーム性という意味では、「ダイス目の高い低いでこの判定結果が信用に足るかどうかをプレイヤーが判断できてしまう」ことを考えれば、当然DMがこっそり振るほうがいいんだけどね。だからそういった「低いので信用しない」ことをキャラの行動に反映しないよう心がける「大人のプレイ」が約束だ。
 あと「DMが技能判定させてきた。なんかフラグがあったぞ」なんてメタな判断されても困るので、ワダツミはそこかしこに「特に何の意味もないんだけど判定ロールさせる」というデコイを混ぜるようにしている。今回のもそうかもしれない、そうじゃないかもしれない。あと本当にコッソリ振って判定している場合もある。それはリプレイにはわざわざ記載していない(だってプレイヤーも読むものだからね!)。

DM「アルブレヒト、その笑いはなんだ。俺には頼らないでくれってか。やはり〈視認〉スキルの高いキャスとダスティが揃っていないからダメだな。では続けて」
アルブレヒト「では、外を歩きながら……先にも言ったとおり、城が燃えていたのだ」
クラウス「旦那様達は?」
アルブレヒト「わからない。城だけが激しく燃えていて、町には目立った被害はないようだった。戦か何かの事態で燃えたようだった」
クラウス「攻め落とされたと?」
アルブレヒト「その可能性は否定できない。遠くで引き返したので、敵がそこにいたかどうかはわからないが、普通の火事でないことは確かだ」
クラウス「緊急時の連絡などは?」
アルブレヒト「わからない。城の者や避難民の誰とも会っていないしな」

 伝令などの一般的な連絡手段はもとより、魔導的な遠隔通信手段も(霊脈の影響を受けることによる減衰率が著しく高い為、現実の無線通信よりも遥かにデリケートで高コスト)存在するわけだけど、少なくとも未だそういった接触は一切受けていないのが現状である。
 まだ「なんでこうなってるのか」が一切不明で、何者かに攻め込まれたかどうかも謎なのだが、仮の話として。男爵家の居城ともなればそれはもう魔導要塞としての機能も確実に備えており、魔導通信設備も存在する。が、その機能を利用するには、寄せ手が展開するECM(エリミネート・カウンター・マジック)に対してECCM(エリミネート・カウンター・カウンター・マジック)を仕掛ける伝止戦が繰り広げられるのが常。彼我の伝止戦能力差次第では、封殺されないにしても阻害されることはおかしくはない。ついでに平時の魔導通信も経路上になんらかの「対魔導防御を展開している施設や地域」が存在した場合、思いっきり影響を受けて霧散したりノイズが入りまくる。

 魔導というテクノロジーが「個人がホーミング・レーザーをぶっ放す」「特殊部隊が透明になって潜入する」「重い専用装備不要で、自由自在に空飛んで襲ってくる」「瀕死だろうがいきなり元気いっぱいになる」など、現代地球以上の芸当すら現実のものとして戦場を変えまくりはしたものの、「飛んできた魔力弾だろうが爆風だろうが防ぐバリアー」「入り組んだ地形だろうとお構いなしのレーダー」「突然竜巻を発生させる」「回復呪文を弾く呪い」など、現実では「矛ばっか進化しちゃって盾が追いついてない」ことが珍しくない中、大抵対抗や妨害手段が存在してしまうので、「無線通信で現代戦の如く綿密な連携を行う」なんてことは魔導戦力差が大きくないと難しい。言い方を変えれば、魔導支援を受けた戦力に持たない戦力が立ち向かうのはかなり無謀であり、魔導戦力の配備率の高さこそが、数でも身体能力でも劣る人類が竜側の勢力を押し止められている最大の要因である。もちろん魔物の中にも魔導の使い手は存在するので、たまにキッチリ魔導戦力を備えた部隊とぶつかったりすると大変なことになる。

クラウス「城が攻められたのであれば、お二人が狙われている可能性が」
アルブレヒト「そうだな。ここは城の近辺から離れて、情報を集めようと思う」
クラウス「一刻も早く離れたほうが良いというのには賛成します」
モニカ「わかりましたわ」
アルブレヒト「一旦城へ向かってこの場を離れてから、行く方向を変えよう」

 宿場の宿を離れる一行ですが、やはりセンサー役の二人がまだ合流してないこともあり、「謎の〈聞き耳〉判定」をされるも何も気付けません。

アルブレヒト「領内から出るべきか……しかし、誰か他の町に頼れる人や部下はいないものか」
本屋の主人「旦那~私に任せてくださいよぅ~」
アルブレヒト「……駄目だ!」
レーグネン「行くとしたら……本屋のあった町は近い?」
DM「ここからだとシュティークロート子爵領やロイヒトゥン子爵領の町の方が近いかな」
アルブレヒト「好き勝手していてまともに領地運営に関わってこなかったから、こんなとき頼れる相手がいない」
モニカ「頼れない」
レーグネン「頼れない」
クラウス「モニカ様の方は?」
アルブレヒト「神殿のつてがあるかな」
レーグネン「ひとまず身を寄せられるところを……」
クラウス「心当たりは?」
アルブレヒト「無いな」
DM「アルブレヒトの認識内で、この状況で確実に味方になってくれるって人はいないね。確実に敵な縁者知人もいないけど」
レーグネン「隣の領から攻められたって思っているかもしれませんからね」
DM「あり得ることではあるね」
アルブレヒト「行くとして、本屋のあった町には(頼れる)知り合いいないなぁ」
レーグネン「本屋さんくらいしか」
アルブレヒト「こんなときに頼っていい相手じゃないな」
レーグネン「もしかしたら、棚を開けるとズラッと武器が」
DM「ガションガションガションって壁が変形して。ペルソナ2の武器屋みたいな」
アルブレヒト「『どうしたものかー。クラウス?』と無茶振り!」
クラウス「まぁ、馬車を借りて……夜だから無理ですね」
アルブレヒト「今借りている馬と、呪文で出せる馬とでなんとかなるだろう」
レーグネン「とにかく町から離れましょう」
モニカ「周囲に知り合いとかいますか?」
DM「そりゃ当然いまくるけど、モニカの認識は『みんな良い方です』」
モニカ「そうですね。みんな良い方です」
レーグネン「特別に信頼出来るってわけではないと」
アルブレヒト「一番信頼出来る人達は城の中だから」
モニカ「そうでしたね」
アルブレヒト「城から離れてしまうと、戦勝神の神殿くらいか」
DM「でも戦勝神の信者同士でも普通に戦うからねー。ヴィーリオンとバーンは元々同じ国だし、貴族同士のいざこざだって同じ国の民同士だ。となれば必然的に戦場では同じ神を信じる者同士が対峙する」

 実際に神が存在し、現世に影響力ありまくる世界なわけなので、現実のように「解釈違いです!」って感じで同じ宗教を信じている筈が派閥抗争し始めることは「あまり無い」し、同じ神の信者同士が「個人レベル」で好き好んで争うことはなるべく避けるべきものだとも認識されているのだが、別に「同じ信者なので戦えません」というわけでもない。ギリシャ神話だってフォーセリアだって第二次世界大戦(の一部の国)だって同じ宗教を信じた上で戦争してるのと同じである。特に今回は戦勝神。戦と騎士道の神なので、戦場の秩序さえ守ってれば同門対決に全く躊躇がない。

スポット参加プレイヤー「逆に、誰も信用できないのなら、お金で信用を買うしか」
モニカ「本屋じゃない!」
DM「へへ、あっしが売るのは本だけじゃないんですぜ」
アルブレヒト「それはそれで私達が逆に売られる可能性もあるんだよな」
モニカ「確かに」
DM「へっへっへ、金さえあればクレムリンだって売りますぜ」
ダスティ「マッコイじいさん!」
アルブレヒト「今の我々の外見、私が仕立ての良い服で、モニカやレーグネンは神官服とか?」
DM「いえ、違います。ここは流石に『外に出るのでフル装備です』って言ってくれないと、シナリオ開始前に買い物して貰っている装備の大半が城で失われちゃうよ」
モニカ「あー、そうですね」
DM「でしょ(笑)」
モニカ「完全にお兄様を連れ戻すために、本気の武装をしてきたわけですね」
DM「失われた兄を求めて俺はさすらう見知らぬ町を♪って感じでむせながら来たから。そもそもこの世界で、単独で都市を出ようっていうのに、邪魔だから鎧は置いてきましたってのは無理があるからなぁ。ちょっとコンビニへって感覚じゃないぞ」
レーグネン「やはりこの武装をごまかすのは厳しいでしょう。覚悟を決めて……」
DM「解体して背中の箱に聖衣みたいに背負って」
レーグネン「貴様ぁ、その箱はなんだ?」
アルブレヒト「戦勝神の神官以外の何者でもないな」
DM「そんな誰がどう見ても権力者サイドな風体だから『御用改である』って馬車止めたりできたわけだからね。重装騎兵なんて、今なら戦車に横付けされたようなものだよ」
アルブレヒト「もしや犯罪者でも運んでたのかって御者は肝冷やしただろうね。で、なんだ、お貴族様の……(笑)」
クラウス「今の所の目的地は……」
レーグネン「町からは離れる……」
モニカ「戦勝神の神殿を頼りに」
DM「ヴィーリオン王国の主神なので、戦勝神の神殿はどこにでもあります。敵も味方も問わず、お寺がどこにでもあるように」
アルブレヒト「となると、町へ入れるのはクラウスしかいない。いやまぁ、私も変装すれば、まぁ、なんとかなると思うが。だがこの高貴さは隠しきれないかもしれないな」
モニカ「クラウスにやってもらうしかないですね」
レーグネン「いえ、顔が知られていないという点では領外へ出るしかないのではないでしょうか」
アルブレヒト「まぁ、そうかもしれないな」
レーグネン「検問でもはられてはやっかいです。領外へ出るなら急ぎましょう」
アルブレヒト「領外へこっそり出るのは問題ない?」
DM「法的には問題があるね。関所で通行料を払わずに通ることになるから。ただ、関所を迂回して越境を試みること自体は可能」

 貴族の収入源と言えば年貢というイメージですが、通行料や関税も極めて大きな収入源の一つです。

アルブレヒト「関所を通らないのは違法だろうが……、そこを通るわけにもいかん」
モニカ「どうしたらいいのかわからない……」
スポット参加プレイヤー「関所を通るわけには行かないってことはーつまりー、そこを通らずにうまくごまかして通してくれる……」
モニカ「誰かが!」
スポット参加プレイヤー「誰かが!」
モニカ「目のいい誰かが」
レーグネン「宝箱を開けられる誰かが」
スポット参加プレイヤー「罠とか見つけられる……」
モニカ「誰かの力が必要だなー」
スポット参加プレイヤー「そういう組織はどこにあるのかー」

 未だ合流できていないローグ、ダスティのプレイヤーに集まる視線(笑)

アルブレヒト「領地を抜けるのに地理的に適した町ってわかりますか? 〈知識:地域〉?」
DM「別に国境警備隊が常時全域を警戒しているわけじゃないんで、個人レベルならそのへんの川を渡るなり野原を突っ切るなりで密入国してしまうってことは出来る。無事突破できる確率は現状よくわからないけど、出来そうなイメージではある」
アルブレヒト「我々みたいな素人でも、まぁなんとかなるだろうと、貴族の浅知恵で考えるのであった」
モニカ「そうですよ、貴族様の考えることですからー」
DM「逃げ込んだ先の貴族が今回の敵でないことを祈りながら」
モニカ「ここはクラウスに情報を調べてもらうしかないのでは?」
アルブレヒト「ではどこかの町に行って、情報を集めてもらう」
DM「くっくっ、見てくださいよ、この世間知らず共を。4人も揃って誰も〈情報収集〉技能がないんです。これが世間知らずのお坊ちゃまってやつです」
モニカ「わからせてやってくださいよ。これは金になりますよ~。いい暮らしできますよ」
DM「右往左往ですよ、まさに」
モニカ「クラウスにお願いしましょう」
DM「別にクラウスだってまったくこれっぽっちも得意じゃないけどね。他の3人に比べたら捕まっても痛くないってだけで」

 酷い話もあったもんである(笑)

モニカ「クラウスっ」
アルブレヒト「目立たなそうなのがクラウスしかいないってだけで……」
ダスティ「まぁ、一番身体能力はありますからね」
DM「この人、執事なんですよ。燕尾服着てるんですよ。黒執事みたいな」
ダスティ「マジで!?」
クラウス「執事ですから」

 
 ★Yuukiさんが描いてくれたよ! ありがとう!!

DM「プレートアーマー、プレートアーマー、貴族の豪華な服、燕尾服、なんですけど」
レーグネン「駄目だ、絶望的だ」
モニカ「絶望的すぎる」
ダスティ「黒執事だったらなんでもできそうな気がする。万能ですからね」
DM「残念ながらこの執事はそこまで万能じゃない」
モニカ「押しに弱い」
アルブレヒト「主人を諌めることができない」
スポット参加プレイヤー「トロウス」

 酷い評価もあったもんである(笑)(間違った評価とは言ってない

ダスティ「紅茶を淹れるのがうまかったり……」
DM「しないな……。まぁでも〈職能:執事〉に辛うじて含まれているかもしれないんで、平目で振る人よりはすこぉしだけマシかも」
モニカ「じゃぁ、3人で町外れで待って、クラウスに行ってもらうということで?」

 この辺のやりとり大幅に割愛せざるを得ないくらい、長時間あーだこーだ悩んでました。
 これはDMワダツミの失態でありまして。なぜなら既にプレイヤー達はハンドアウトによって「まだ合流していないメンバーがいるであろう大まかな方向」は示唆されており、DMは「それを踏まえて、『行くべき方向』はわかってる行動をしてくれるだろう」と思い込んでしまっていたのだが、プレイヤー達はしっかりと真面目に「そんなキャラクターが知らない情報なんて頼らないぜ!」という、真摯なプレイをしてしまい。その上で「あ、これは巻いていったほうがいいな」とDMが判断すべきところを、「これもまたロールプレイだろう」と誤判断してしまったのでした。結果として、キャラ視点での情報が乏しい中でただただ「うーんどうしよう……」で時間が浪費され、合流してないメンバーを退屈させてしまうことに。明らかなマスタリングミスで申し訳ない。

アルブレヒト「やはり、本屋のあったあの町かな」
とっても慈悲深いDM「君が”一番行きそうな”町へ行くのね?」
アルブレヒト「やめよう(キリッ」

 そんなダスティがいる町と正反対の方向に行かれては困るのだ! 続く!
 Don't give up justice, I want to get truth!


●プレイヤーズコメント

・アルブレヒト
 昨日までの日常が一変し、慣れない環境に放り出された我々。
 寄る辺のない、その心細さと言ったらもう!
 とは言え、途方に暮れ過ぎてしまっても仕方がない。
 決めるときはしっかり決めないとね!
 がんばろう。



・モニカ
 元より善性が前に出たキャラクターのつもりでしたが、ここでの「みんなよいひと」の認識でよりいっそうとその傾向が強まった気がします。
 クラウスいつもありがとうだよ。



・レーグネン
 お兄様の慧眼、光る。
 出来るだけ安全に、出来るだけ迅速に逃げるのも楽じゃない。いやー、どうするべきか迷いました。



・クラウス
 万能執事へのみちのりは長い。しかし無茶振りに対応してこそ執事なのかな、どうかな、ちがうかな、ちがうよな!
 多分当初はアルブレヒト様をいさめていたが、本買い抜け出し回数20あたりでその変諦めウス。



ダスティ
 脱出という話の方向から「そろそろ出番かな?」とドキドキ。シーンが切り替わって「一方、そのころダスティは……」みたいなのが来るのかな? と思っていたところ……。



 フローラント大陸ヴィーリオン王国中心地図
 

 上記地図四角枠内拡大簡略図 解放歴730年度版
 
  ウィザードリィ友の会 総集編

  
>>>67 忍者と司教の再出発!というなろう作品はwizそのままの世界で「なんで俺たちはアイテムを8つしか保持できな
>いんだ・・・?」とか思いながら世界の強制力に屈してるうえにいわゆる酒場でメインPTを待つ「そうこキャラ」の身分
>から始まる話で懐かしかった。わりと2章とかから制限が解除されていきますけど

 拍手に届いたこのコメントで思い出さざるを得ないのがこの本だったんだよ!!(笑)

 個数で管理されて、あまりたくさん持てないタイプのRPGプレイするたんびにこの漫画思い出して困るやつ!!!
 まぁ逆にプレートアーマー8個持てたりもするんで、一概に「理不尽な不利益」でもないんだけど(笑)

 
 ダンジョン飯を読んだ時に思い出してたのはこの漫画(笑)
 ピクシーの佃煮……っていうかヒューマノイドってだけでハードル高いし、見た目が可愛い系だと尚更にサイコだな!!

 
 スクライルとライカーガスとフェイトスピナーが合体してサイデルだぜ!!!
 このネタ、最近の拍手でも投稿してきてた人いたな(笑)

 
 吸血鬼出てくるとすぐに経血ネタを思い浮かべるのは、これの呪縛のせい。俺は悪くない。
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!

  1. a. お、鬼滅単行本最新巻まで話してOKですかね? 猗窩座さんは公式にお面作られてたりパワハラ被害者部分等が強調されてネタキャラとして色々弄られてたのに18巻の過去話がつらすぎて誰もネタに出来なくなってしまったんですよね、18巻のおまけページでの師匠の下りで今まで猗窩座さんで笑ってたこれ事謝るから以上つらい設定を盛るのやめてくれーってなりましたね 鬼滅は柱達とかもそうだけど最初と印象変わるキャラがおおいですねー
    b. 54>単行本で補足される剣術道場の糞っぷりよ…。先代はまだマシっぽかったが跡取りが徹底的なクズ。狛治いなかったら連れ出されたときに恋雪死んでただろうしなぁ。あいつらはミンチにされただけで済んだが伯治は無残のせいで100年以上無意味に殺戮させられてたってのが虚しすぎる
    c. 54>アカザは当時ネタ的に卑怯者だの菊座殿だの面白がって色々蔑称つけられてたけど、そこにお出しされるあの回想と「役立たずの狛犬」ですよ。読者がつけたどんな蔑称より酷いと評判だった
    d. 54>猗窩座殿は煉獄さんの件で最初から読者のヘイトゲージクライマックスだったんで、無惨様にパワハラ受けてもザマァと思われてたのが過去編が悲惨過ぎる上に鬼になったのも当人の意志じゃなかった事で一気に掌返されて同情されていた。あの戦闘狂キャラだと腑破十臓みたいに家族切り捨てて鬼になった展開だと思うじゃんよ…。
    e. 54>大体敵も味方も悲劇的な過去を持ってる中、ただのクズでしかない半天狗の異色さが好き。ほんの数コマの登場なのにお奉行が格好良すぎる。
    ボスも含めて、鬼にいわゆる「高邁なキャラ」が皆無で、マジで鬼の獣性に素直なのばっかなのが割と意外だったのよねー(否定ではない)。まさしく外道衆って感じであり助けてシンケンジャー。そんな中女殺さないのが驚き。
  2. ワンダ可愛い写真集> 左上の写真の太ももやばくない?子供たちに刺激強すぎない?
    むしろ太ももに興奮するようになるのは小さな子供じゃなくなってからな気がしないでもない。
  3. ウォーターディープの地下にあるダンジョン>TRPGとしてガチでプレイしたら、毎日8時間ぐらいやっても踏破まで一月は掛かりそう
    あの世界の中でも最大級の地下迷宮だからな! 半端ない! しかもあれ、日々拡張され続けてるという設定。
  4. a. 9>レールキャノンや対空ミサイルを中世ファンタジー世界(元世界の素材は飛行機一機分だけ)で作れる人たちが現地人向けに量産したボルトアクションライフルで、性能的にはWW1の歩兵銃クラスはあるんじゃないかな、ファンタジー重騎兵だからきっとすごく重装備なんだよ、グレネードは無防備な馬の脚にダメージが入っただけだよ、きっとそうだよ
    b. ライフル銃と手榴弾>全然詳しくないのですが、ライフルは結構近代的な歩兵銃っぽいです。重装騎兵はかなりの完全に覆われているように見えますね。URL
    b.いやうん……やっぱその見た目で断片防御だけないですってのは……マジカルグレネードかな?
  5. >>57 謎解きなんかの場合だと「知力が人類の最下層のキャラ」のプレイヤーがいい案を思いついたりしても他のPLに伝えて代弁させたりもできますしねー。マスターシーフはまあキャラのデータに依存する話ですからね。GMによってはPLが雑談してたから緊張感ないってことで不意打ちな!とか言い出す人もいますし、さじ加減ってやつですが
    バブリーズでスイフリーが席外してたときのやつだ(笑)>油断扱い
  6. >47 なんかいきなり城が燃えてきな臭くなってしまったぞ(笑)  これは幽閉された父親を助けに行くパターンだな(でも実は……
    ロンドン塔……いやファイファイト塔に突撃だ!!!
  7. >>92 以前、増水して橋が流された というシチュエーションでその辺の樹を切り倒して持ってきて丸太を渡して上を通る というだけの正直ただの拠点から村への移動だけのシーンでモンスターも出してないのに死人や行方不明者が出る惨事に。まあ足滑らして落ちたんですけど
    ロールプレイパートで想定外のぐだぐだをして、それだけで一日終わることはもう避けたい……!!
  8. >異世界ファンタジーはくさすぎる たびたび「シャンプーの香りがするファンタジー」とかの話題が出る放蕩向けの漫画だなあ(笑)
    シャンプーの香りがしないファンタジー好き。
  9. >>2 前世が男、現在は受精卵の時点から女 という話でも、中身はオッサン、みたいなネタはよくされますしねー。確率で言えば全世界の半数は前世は別の性別ですしそれなりの確率でオッサンオバサン以上、じーちゃんばーちゃんですがな
    これのパターンで一番酷いと思ったのが「作者(このキャラの言動を考える)は男」かなー(笑)
  10. a. >11 初期亀仙人も38万km先の月を吹き飛ばせますからね(笑)その距離で威力減衰しても木っ端微塵に出来るなら地球に向けて撃てば普通に破壊できそうだ
    b. 11>あの作品程威力の程度がわからない物もないと思ってる。初期のかめはめ波でも月壊せるしなぁ
    悟空はレーザーガンの一撃で倒せる。
  11. 12>まだ全く未完成なファミコンソフトの説明書を作らされた人もいるそうな(笑)  このため説明書には載っているのにゲーム内には出てこないアイテムやコマンドが存在する…などという事態に。  書いてる方も設定書がなくてわからないから「アイテムの使い道は君自身がさがしてみよう」などと誤魔化すという。
    一度も触ったことがないツールの初心者ガイド記事は書いたことあるが、現物あるだけマシだな。
  12. a. >12 栗林みな実さんはタイアップの作詞の時はシナリオを読ませて貰ってから書くって言ってましたね。それだけ違いがあるのはクライアントの意識の問題なのでしょうか・・・
    b. 12>及川氏はエヴァの企画書を見ています その企画書が実質ダミーだったがそれにあわせてリテイク上等で好きな単語をぶち込んで送ったらリテイク無しで通ったという話 その実質ダミー企画書で作られたのが8話と9話 樋口氏は1話をオンエアでみて「ああ俺やっちまったなこれは」とおもったとか 後に破のコンテを描く時に「この設定でいいんだな?」と何度も確認したそうな
    完全に全く内容知らないで偶然あの歌詞の方が怖い(笑)
  13. ドラゴン>帰マンのブラックキングのデザインはD&D準拠なのか(笑)
    ソッチのほうが古い!(笑)
  14. >65 「シアン2号」の名を送ろうとV3が待機中です(えー
    それはシアンを見くびり過ぎ!
  15. >77 がんばらないと「AVにも劣る出来」と言われてしまう(笑)
    小馬鹿にする気持ち抜きに、TMAのやつ見た目はかなり寄せられてると思ってる。
  16. “真実は見えるか”キャンペーン 第1回 チャプター4 …うがった見方な気もしますが。レーグネンが兄妹を燃える城に行かせまいとする行動の根拠・思考・前提は何だろう、と、少し疑念が湧きました。レーグネン「炎が出てから随分経っています。云々」は、DMの仕込みでないなら、プレイヤーの即興なのか、と。 by エルドラン総受け
    俺もそーいえば「これなんでこんなこと言ってるんだろう」と思ってる(笑)
  17. 3>以前、通勤中の都内の電車でケンカが発生したらしく「てめえ降りろ!!」で相手が従わなかったようで降りろ降りねえで10分以上揉めて動かず、乗り継ぎに支障をきたした…。 直接見えていなかったのでどんなヤツらかはわからないが、おそらく巻き込まれるのが嫌で誰も「二人とも出て行け」と言い出さない大人しい国ニッポン。
    まぁ普通は嫌だから関わりたくないよなー。
  18. “真実は見えるか”キャンペーン 第1回 チャプター4 …謎の、実家の城の炎上事件。人的な被害状況によっては、ズバット的な復讐的放浪譚になったりするのかな~、などと先走りが(笑)。 by エルドラン総受け
    善良なNPC「復讐は何も生み出さない!」
  19. 城が燃えている…   何があったのか、探査系の魔法はTRPG部では禁呪なんでしたっけ?
    身も蓋もなく物語をショートカット(どころかだいたい終わらせる)するタイプのは概ね禁呪だねぇ。いやマジで「神がイエス・ノーで質問に術者レベル回答えてくれる」「何度使ってもいい」「大したコストもかからない」を自由に使える卓でプレイしてる人ってどーやってんだろ。リプレイ読みたいわ。もちろん「だがこのケースは何故かこの呪文で答えを得られない」みたいな例外を利用せずに。
  20. 15>そんなの勧められたら二度とその人の感性は信用しないな私なら
    たしかに(笑)
  21. ゲゲゲの鬼太郎が酷い回だった。良い意味で。南方妖怪チンポ(CV杉田智和)の時点でもう。比較的真面目なトーンで何度も名乗ろうとしては妨害される天丼ぶりが。
    杉田ってだけで想像して笑えるのズルい。
  22. TRPG部>ほのぼの(?)からのどん底シリアスだー。これ時間経過させ過ぎて状況最悪な感じかな?PCが城に残ってるパターンの用意もありましたか?
    流石にあの導入で「いえ、大人しく本が届くのを待ちます」と言い出されるパターンは想定してない(笑) 言い出してたら「流石に最初からキャラ設定無視した行動するのは辞めてくんない!?」と突っ込んでたに違いない。
  23. たいさーこういうメガネっ子絵好きだろー URL
    台詞も含めて大好きだな。
  24. ワダツミさん、ボルカルスというボドゲをご存知ですか。簡単に言えばシンゴジラです。怪獣側1人に対し人間側3人で戦う非対称対戦ゲームで、東京に現れ破壊の限りを尽くす怪獣ボルカルスに対し人間側は住民の避難や怪獣の調査をして対抗します。最終的な被害度が勝れば怪獣勝利、防衛度が勝れば人間勝利なんですが、この怪獣がクソ強い。何が強いってゲームの流れが人間側行動決定フェイズ→怪獣行動決定フェイズ→行動処理な上に人間側の対策会議を怪獣は全て聞ける。(実際の行動カードは処理まで伏せられているものの)怪獣側は後出しジャンケンが可能なのです。つまり情報戦において勝利している怪獣!強い!
    D&Dのドラゴンが現代の軍隊相手にしても「呪文で未来予知と思考読みと千里眼してるんで、何もかも筒抜けで行動しますね」と言い出すな(笑)
  25. 22>「魔物ハンター妖子」もレイプ寸前でホテルの部屋にバイクが(笑)
    ドラマCDのエロシーンにムスコがお世話になった。
  26. 21>=初期紫龍だとして、何度も視線を潜り抜け神聖衣に至り二人がかりとはいえ神を倒すまでになった原作終了時の紫龍がいかに強いか分かる。
    そのクラスになるとエピックレベルに突入してデミゴッドの能力(これで神格が持つ無体なまでのモータルに対する優先権にある程度対抗できるようになる)を得てそうだから、通常のドラゴンなら巨大サイズのエンシェント・ドラゴンも余裕だろうなー。
  27. 33>アーティストにしろ声優や制作にしろ、原作が元々大好きでした、と言うのは良いですよね。たまにフカしが混ざってますが。監獄学園や鬼滅の刃とか本気で好きな勢が好きと公言してるのは気持ちいい。
    「敢えて原作は読みません」系は「敢えてじゃねーよ敢えてじゃ」と思ってしまう。
  28. 76>それでは武装が強化されて雑魚の3体くらい返り討ちにできるセニア様をご覧になってないと。貴重な再動持ちのⅠ、1度に5機全回復させられるもゲームバランス的に瞬殺されるⅢ、魔装機神を3発で墜とす巨人族(全部がライグ・ゲイオス級)10機に囲まれても無傷のFと戦力に幅が有りすぎる。
    持ってはいるが積んだまま!
  29. a. アミバ阻止!>ファンロードも遠くなりにけりですね。
    b. アミバのトップを防ぐ事ができる社長(同案多数
    今思えばあまりハードルが高くない阻止。
  30. お兄様がチョ…本なんか買いに行かなければこんなことにはならなかったのに!
    チョモランマなんて買いに行かなければ……!
  31. 異世界ファンタジーはくさすぎる> そこで(以前ちょっとコメントをお送りしたことのある)バスルームを作り出す能力だけもらって異世界召喚されたラノベをご紹介。旅をしながらでも毎日入浴できるので主人公とヒロインたちは臭くなりません腋 https://www.amazon.co.jp/dp/4865540385
    俺としては全然駄目なやつじゃないか(笑)
  32. >>30 見栄目的だと表紙に宝石使ってるような装丁とかもあったりします?
    あるよあるよー天井知らずよー。そしてそれ以上に高価なのが「魔導書」だよー。
  33. ウォーターディープの地下にあるダンジョン見た瞬間本当にひえっって声が出た。でも1度位はこういうのクラスを連日やり続けるみたいなことには憧れる。
    取り敢えず我が家で二泊三日で延々とハクスラする日を設けたい。
  34. 洗濯板、壁、甲板など、貧乳はいろいろな表現がありますが、巨乳ってあんまり聞かない気がします。乳牛ぐらいしか思いつかない
    爆乳
  35. 冬のボーナス出たのでPanasonicのUHDBDプレイヤーを購入しました。本体+HDMIケーブルで2万3千円くらいでした。これでやっとシン・ゴジラの4K版を楽しめます(笑 
    そーいや未だに逆襲のシャアの4KBDをテレビで観れていない(笑) パソコンで再生はしたが、モニターがしょぼいからなー。
  36. >>31 アンテナ貼ってる分野ですらすり抜けることがあるんで本当に一期一会ですよね。というわけで最近気になってる『魔法少女にあこがれて』を推しておきます。
    作品紹介してくれる時に、タイトル以外にも推しな理由も添えてくれると嬉しい!
  37. そういや女子高生の無駄づかいドラマ化すんだけど、バカ役の女優さんが美人さんなのよね。PVでは変顔とか頑張ってるんだけど、美人がやってもバカの行動は面白いとなるのだろうかちと不安…。
    男子高校生の日常みたいなクソ実写化よりは、美人のほうが遥かにマシかな……と落とし穴目線をしてしまうくらいには男子高校生の日常が辛過ぎた。
  38. TRPG部名前はどこからとっているとかあるんでしょうか?キャラ名からはドイツ系で統一してるのかな?とか思ってるんですが…。
    出身地によって変わってて、モニカ、アルブレヒト、レーグネン、クラウスはドイツ語圏の国なのでドイツの人名です。基本的に「無国籍ファンタジーカタカナ名前」は避ける方針ですねー。この世界の古語の名前とかになると、その手のネーミングも出てきますが。あとはドワーフ(この世界ではキゲイン)とか亜人はそれぞれ、独自の命名法則が設定されています。
  39. 67>ジュウレンジャーやマジレンジャーでも西洋ファンタジーモンスターモチーフの怪人達の中に燦然と輝くニンジャ!
    ファイナルファンタジーでもニンジャ!!
  40. a. 72>何が凄いって作中で34代目宗家である主人公の父、山地哲山を演じた初見良昭氏が実際の戸隠流34代目宗家の武術家で、その縁で弟子入りした末に35代目に任命されるに至ったという作中とリアルとのリンクっぷりですよ。
    b. 72> ニンニンジャーで客演された際に三十五代を(山地闘破として)名乗っておられたかと。それがリアルになっちまったんですからねえ……
    これでアサシンのサーヴァントとして聖杯戦争に参戦できる
  41. “真実は見えるか”キャンペーン 第1回 チャプター4 アルブレヒト「コロ……27」 …これで得た知見・考察への、得たキャラ以外への説得力・納得力は、どうなんだろう? と思い。その達成値の高さで、全てのキャラが(いわば無意識や摂理レベルで)内容を妥当と判断する(世界自体が受け入れさせる・納得させる)のかなぁ、などとメタなことを想像しました。 by エルドラン総受け
    基本的に知識判定の結果だけで「高い目だったので、それを聞いたキャラクターが説得力を感じることにボーナスを得る」とかはないですねー。そのへんはロールプレイの領域です。
  42. 87>煉獄さんが華々しく散った所で「あ、この人達黄金聖闘士ポジは黄金聖闘士ポジでもLCの方だ」と冷や汗をかいた。
    平均5年でなれると知って驚いた。50体撃破で柱の資格ってのが、騎士鉄十字章のエースみたいなイメージに。
  43. クロックアップ>ネットじゃ時間流がどうたらと色々いわれてますが、公式ではなんのことはない見えない速さで動いている高速移動というそれだけ。
    超高速移動で発生する運動エネルギーがどうなってるのかは元ネタの009の加速装置の頃から永遠の謎ゆえに、好意的解釈せざるを得ないという。
  44. 49>そういえばD&Dのファミコン「ヒルズファー」は馬に乗って走っていくと途中でコケたり山賊に襲われたりしてたな…
    そして「らんぼう」された魅力度18の俺のクレリック……。
  45. なんだろう。「ここまで来たんなら本を受け取ってから帰りなよ」マインドになっていた読者の私は異端だったのか?(ぁ) そしてただならぬ事態! 難しい判断! この先の展開が楽しみだ! しかしそっかー。石造りの建物が何時間も燃えるのはおかしいって気付くのに判定か。そういえば、子供の頃の自分も燃えるものだと思っていたしな。ファンタジー世界の住人なら大人でもそうなっておかしくないか。
    義務教育に加えて情報アクセスが圧倒的に容易で溢れてる我々とは大違いだからねー。
  46. 絵を描く人がサギョイプ>自分だけかと思ったら他の人も絵を描くときはながら作業できて、文章書くときは無音だったりするんですな、何でしょう脳の使う部分が違うんでしょうか
    考え事しながら他人と会話はハードルが高過ぎる!
  47. 首回りのタプモフを公衆に晒されて、チワワ様のお顔も不満げであらせられる。
    今日も通行人にタプモフを触れてておられた。
  48. a. >2 実装からそこそこ長い間いつ女性になったのか解らなかったことと、名前が「カリオストロ」だから「カリおっさん」という通称が定着してしまったのが痛いですね>おっさん呼ばわり
    b. >2 まあ初期のイメージって強力ですからねえ。登場時は元男で性格がおっさんぽいロリって感じだったのがキャラクター展開でTSしたのが子供の時だとか主人公に対してメス対応し始めるとかですからねえ。中身も女になってるって言っても「男みたいな感じの女」だとも思いますし。
    まぁもうほんとFGOもそうだが一度付いたらもうどうにもならんよね。
  49. “真実は見えるか”キャンペーン 第1回 チャプター4 。アルブレヒト氏、ゴルドルフ所長な感じの立派なヒゲをお持ちですけど、28歳くらい? 十代では生やし(伸ばし)難い感じの量ですので。 by エルドラン総受け
    チャプター0で名前の横に書かれているのが生まれた年で、地図のところに書いてある解放歴730年が現在だったりします(笑)
  50. 3>「やはり暴力・・・・!!暴力は全てを解決する・・・・!!」に続く第2弾。とくれば後は「やはりSEX・・・・!!SEXは全てを解決する・・・・!!」が来る筈。
    金、暴力、セックス!
  51. リリスVSマーラ>セックスでどっちが先にイカせるかで対決するんだな。ワクワクが止まらないぜ!! by コウ・マサキ
    最後の性戦
  52. 18>武器名だけ聞くと一瞬「どれの事だ…?」となるけど、アークエンジェルのは大抵分かる。マリューさんの号令→その武器が発射される、と繰り返されたからかなぁ。
    よく「あんなややこしい名前の武器とかおかしいだろ!」と突っ込まれてるが「彼らが日本語発音してるわけでもないから、ネイティヴならどうなんだろうね」と思ってしまう。
  53. 45>イワシグラタンの回はアニメだと勝敗が変わってましたね。というかおばさんのグラタンの作り方が無駄にダイナミックで好き。「いわしをほぐす」動きだけで北斗の拳に出られそう。
    もう全然覚えてないぜ!!
  54. a. 79>なあに、屋外のリングなのになぜか突然岩の天井が出現したネオキン肉バスターの例もある。つまりゆで理論の前では無力。
    b. >79 天井が無い、壁までは遠い、相手は背中から針を出せるというインフェルノにとって三重苦のシチュなだけに、どうやってインフェルノ決めるんだ?と思ってたら普通に決めてて吹いた
    c. 79>つまり「1600万パワーの地獄の矢」に更に二人分の体重をかけて3200万パワーに!重力加速度≒9.8の方がそれらしいけど、神を越えてしまうか。
    突然謎の力場の板を創り出すことすらいけそう
  55. >D&Dもクラスによっては敵の攻撃惹きつけたり インチミテードでしたっけ?D&Dオンラインで試しに使ってみたら、ホブゴブリンやコボ程度の奴なら一斉に向き変えてターゲット変えてきたっけ。途中でシステム変わって、赤ネームの敵には一切の状態変化が起こらない&色々な耐性が爆上がりになってからなんの意味もなくなっちゃいましたが。
    威圧(intimidat)は誰でも使えるんだけど、そういった誘引効果はTRPGではないのよねー。特定のクラスにその手の特殊能力持ってるのがあるんで、それを使うしかない。
  56. 城が炎上!!   しかし「バーンに攻められる」というとどうしてもあちらを想像してしまうな(笑)  あの方が攻めてきたらそりゃ城の一つや二つ跡形もなくなるわ!
    D&Dは術者の力で呪文の威力が桁違いに変わるんで、普通に「今のはメテオスウォームではない。ファイアボールだ」とか言えるな。
  57. Booklog 『ファイブスター物語 15』 …紙の本、ですよね。心境の変化が? by エルドラン総受け
    永野護の頭が固いので紙の本しか出してくれないだけです(笑)
  58. 他のキャンペーンとの前後関係がよくわからないけど、この頃シアン姫ってまだいるの? あの人、最後はミネストローネみたいな名前になって放逐されてたような。
    今頃父親にぶん殴られてんじゃないかなー(笑)
  59. 30>写本の方が見栄えがいい、ということは活版の方は木版?
    グーテンベルク活版印刷機相当の印刷機械は存在するよー。印刷では無理なカラーイラスト(ミニアチュール)とかで「やはり写本でないとこの美しさは無理だな」と悦に入る。
  60. >アベンジャーズ マーベルヒーロー超全集 アイアンマンの多数のバージョン違い、ガンダムの見分けのつかない人の気持ちがわかる(笑)
    ジムのバリエーションの見分けはつくがアイアンマンは無理だ……。
  61. 「薄い本」って打ち込むのと「同人誌」ってうちこむのと、どっちかというと「同人誌」の方が楽そうなんだけど、何故「薄い本」の方を選択したのか純粋に聞いてみたい気はする。
    手間はどっちもどっちではあろうけど(つまりまぁ略語としての効能は薄い)、それはそれとして「普通の人は使わない言い回しをして、マニアっぽくしたい」はどんなことにもあるんだとは思う。昔のパソ通用語もわざわざ面倒な言い回し使いまくってたしなぁ(笑)
  62. 66>最近たまたまゼロ見直してたんだけど、終盤ようやく立ち上がった時に割と無理矢理鳳凰院凶真を演じてるせいで本来のキャラよりうざいテンションになってるのはちょっと面白い
    モノマネは誇張する、みたいなもんだな(笑)
  63.  落 城   もえあがれーもえあがれーもえあがれー、 でここから巨大なー敵をーうてよーうてよーうてよーになるわけですね(なのか
    巨大な敵(驚異度13)
  64. アスモデウスが解像度の関係かスクラン播磨に見えた
    言われて見たらわからなくもなかった(笑)
  65. すみません、個人的にあまりにショックなことがあったのでここで知恵を貸してもらえないでしょうか…。もう10年来の付き合いの40代男のオタク友達がいるんですが(私は30代男)、彼がアニメをきっかけに「やがて君になる」を読んだのです。それで、こういう百合漫画を読むのはどういう人間が読むんだろうと聞くんで、私は「恋愛の機微とか心の移ろうさまを楽しむ人間が多いと思う」と答えたんです。そしたら帰ってきた言葉が「恋愛偏差値が低い人が、女子高行ってるような娘が疑似恋愛を楽しんで。付きものの性欲わからないで読んでるのですな。キスしたら勃起するのも知らずに(ほぼ原文まま)」とぬかしやがって…。私はあまりの怒りに言葉をなくしてしまって何も言えず仕舞いで。もう私は何て言えばよかったのか…。「俺もお前もオッサンだけど読んどるやろがい!」とでも言ってやればよかったのか。彼になんて言えばよかったのか、知恵を貸してもらえないでしょうか?
    え、もう何も言わなくてもいいんじゃ……なにか手間を掛けて「言ってあげる」ことなんてないんじゃ……。
  66. 69>中古で買ったので、前の持ち主のデータが残ってたなぁ。勇・武・商・遊という蟹辺りで嫌になりそうな肉弾戦パーティ。しかも黄金の爪持ち。
    賢者になるまでが辛い!!
  67. 90>悲しみも迷いもない世界へ行ける。…ヤバいな、本当に覚せい剤の隠語にしか聞こえなくなってしまった。
    ただ瞬間の悦びを求めてるからな。漢字がこれだもんな。
  68. 悪魔、妖怪、神、妖精等々への造詣が深い作品として、『足洗い邸の住人たち』とか如何でしょう。作者のみなぎ得一先生がクロスオーバー作家というのもあって、練りこまれた世界観が堪りませんよ!
    あー、これ紙の本をはるか昔に買ったっきりずーっと積んだまま引っ越しで処分した記憶が……あ……る……
  69. ヒグマ>オーガより危険なこの生き物を小口径の村田猟銃で頭蓋骨の縫合部から脳を肋骨の隙間から心臓に直撃させるマタギというクラス
    ライフルはクリティカルでトリプルダメージだしな!!
  70. ちゃうねん大佐、感想はチャットじゃなくて拍手に投げた方がいいと思ってなにも言わなかったのです。ソシャゲ三本のイベント周回同時進行で途中までしか読めてなかったというのもありますが??? ともあれ放蕩リプレイの再開ということで、お兄様すげークソ野郎じゃんどうなるんだコレ!?と思ってたらそう来たかー!しかし導入でキャラロストの可能性があるっていうのは恐ろしい、なんとなくメガテン味を感じる(笑) by dで始まるいつものチャットの中の人
    キャンペーン開始時に「皆さん、TRPG部のリプレイを読んでいるならおわかりでしょうが、このキャンペーンも『迂闊なことをすれば村が滅びるとか普通に起こるし、キャラもロストしたり離脱する』のでそのつもりでね!」と(笑)
  71. >26 「アンジュルグのスカート最高だわ!」発言の後にラトゥーニが「スカートなら私も履いてる」とジェラジェラかますシーンは本当にひどい(笑)<ライバル
    ふられちまえ!! ラトゥーニは俺が貰う!
  72. a. ヒグマ>何気にパンチ力2t
    b. >58 気と心臓の弱い方は閲覧をお控えください、割とマジで!な漫画『シャトゥーン』に出てきたヒグマならもう1つくらい脅威度が上がるかな(笑)
    なお、「オーガより強い」といっても「最低限武装したオーガより強い」であり、「非武装のオーガ」相手なら多分二体一でもヒグマが勝つ。
  73. みんなにスルーされたけど、クラウスの「モニカ様にそっと縄を渡して……」は「コレとは交渉するだけ無駄なんで、ふん縛って連れ帰りましょう。私は立場上無理なんでモニカ様縛って下さい」的なニュアンスなんだろうけど、アルブレヒトの言動が余りにもカス(褒め言葉)なんで「この縄をですね、コレの首にかけて、こう、キュッと」的な意味かと一瞬誤解しかけた
    死体にして持って帰り、あとで蘇生しましょう。
  74. 異世界なのに英語、ドイツ語、フランス語名>(明らかに西洋人姿の人が)川上さんとか山下さんとか違和感バリバリだけど、現地言語的にはありえるネーミングしたらいいんじゃないか!(たぶんダメ)。こういうネーミング問題見ると、「実はこの異世界、元の世界の未来(or過去)だったんだよ!」って裏設定仕込でたら、種明かしまで一部読者に怒られ続けたりするんだろうかと、いつも思います。
    それで感動したのがラストエグザイル。「どう見ても異世界なのに、インメルマンターンか……」「実は宇宙移民船でした!」「な、なんだってー!?」
  75. ツイッター / 名前 …友人とのチャットで、こんなものがある、と知りました。>> URL by エルドラン総受け
    ゴンザレス強い(笑)
  76. 『パンツァーガイスト』という攻殻の亜流みたいなSF漫画があるが、やたらドイツ語を使うのが一つの特徴。敵方に巨乳眼鏡さんも登場するがたぶん本当のボディではない。現在1巻のみ。
    ドイツ語は格好いいからな!!!
  77. ラスボス張ってもおかしくない設定&スペック持ちのマーラ様だから、リリスじゃ分が悪い・・・んだろうけど、大佐が見たいのは真っ当な勝負じゃないよね?(笑)
    もちろん、性的な意味で!
  78. 蔵書の次(笑)   まあ、あれよ、両親と違って本は自力で逃げられないからな!
    略奪の対象!! 燃やすなんてとんでもない!!!
  79. >91 そーいえばあれも実写ドラマになるが、さすがにAVの方はないか(笑)
    さすがにAVは「パクって便乗商売になるレベルの超人気作」しかなぁ。
  80. 真実>アルブレヒトがあくまでも「自分で残りの本も受け取る!お礼も言いたいし!」と言い張って帰りが午後になっていたら、城はすでに鎮火、「なんか焦げ臭いな?」と何も知らずにノコノコ戻ってきた4人があっさりに敵に…という事態になっていたのだろうか
    さすがに見たらわかるレベルの損傷に対して気付かずにそんな突っ込ませ方したら「意地悪なクソマスター」のそしりを免れない(笑)
  81. 8>汚しは必要だよ! 『廃墟のメシ』なんてみんな顔も服もきれいで荒廃した世界で暮らしている感じが全然しない(それでいて入浴シーンなどあるわけでもない)。描くの面倒だったのかみんな白い服(背景も白い)。   そういやフジの特撮ドラマ『ROAD TO EDEN』も似たような理由で失笑されていたな。汚れていない以上にストーリーがアレだったけど(笑)
    汚れがテーマの作品で汚れを省略されては画竜点睛を欠くのだ(くんかくんかおえー
  82. Booklog アキリ『ヴァンピアーズ 1』、近くの本屋さんで購入しました。出てるの知らなかったので感謝です。あと、来年早々(2020 1/17)に「2」が出るようです(Kindle版は遅れて? Amazon に見当たらず)。 by エルドラン総受け
    ストレッチよりも直球で百合!!
  83. 深夜のテンションでお兄様のことクソ野郎って書いたけどよろしくない表現でした、ごめんなさい。 by d レス不要
    いや、別に間違ってないんじゃないか(笑)
  84. 最期のレストラン>「偶然見かけて嬉しかった芸能人」に田辺誠一のもじりキャラをあてるという事は、実写ドラマ化自体はおいしかったのかな。
    そーいや結局一度も観てないので何の評価も下せぬ。
  85. a. 43>インフラが崩壊するのと家が家事になる、もしくは巻き込まれる確率はどっちが上かなって考える。まあインフラ崩壊級の災害だとすると火事大量発生もセットだよね
    b. 43>30年以内に地震で東京が壊滅する可能性が70%   30%にかけるか…早めに人生畳むか…地方へ引っ越すか…    避難所生活に耐えられる自信はゼロよ!
    目下、蔵書を全部PDF化するサービスにぶん投げるかどうか思案中。
  86. a. 原典知ってた場合「やぁ初めまして僕マステマ」言われた瞬間全力で迎撃か逃亡の二択しかねぇ!悠長に話とか聞いちゃらめぇ!
    b. マンセマット! ストレンジジャーニーの情報初出しの頃から怪しかったマンセマットじゃないですか!(ぁ)
    あの騙す気のないビジュアル。
     
12/8
  “真実は見えるか”キャンペーン 第1回 チャプター4

 ダンジョンズ&ドラゴンズ3.5版をベースに「オリジナル世界設定」「ハウスルール色々」「禁止呪文・特技・アイテム多数」「モンスターデータ改造しまくり」の独自環境なので、運用や裁定が公式ルールと矛盾した場合も仕様です。厳密なことはあまり深く考えないで読むと幸せ。
 また、プレイ内容で色々と「気に入らないこと」があったとしても、プレイグループ内では合意を得て楽しんでいるものとご理解頂けると幸いです。


 チャプター0 チャプター1 チャプター2 チャプター3


 アルブレヒト・ヴォルフェンビュッテル 魔導師(ウィザード)レベル4
 モニカ・ヴォルフェンビュッテル 神寵者(フェイヴァード・ソウル)レベル4
 レーグネン 神官戦士(クレリック)レベル4
 クラウス 魂刃士(ソウルナイフ)レベル4
 ダスティ 巧者(ローグ)レベル4


DM「では、翌朝」
クラウス「アルブレヒト様を叩き起こしに行きます。ドンドン。帰りますよ!」
アルブレヒト「昨日は遅かったんだ……もう少し寝かせてくれ……」
クラウス「ドンドンドン! 帰りますよ!」
スポット参加プレイヤー「デジャヴュが」
DM「またいなくなるかもしれん」
アルブレヒト「帰りたくないなぁ……帰ったら怒られるんだし……」
DM「まぁ、今帰ると探してもらっている本を受け取れないからね」
アルブレヒト「まだ早い。もう少し待たないと、頼んだ本が揃わない!(キリっ」
DM「最低でも昼にはなるね」
アルブレヒト「出発は昼でいいんじゃないか?」
レーグネン「では、私はモニカ様と帰ります」
モニカ「レーグネンが満足してるよーもぅー」
DM「目的が噛み合ってない(笑)」
モニカ「ガチャ! お兄様!」
アルブレヒト「何だ、モニカ……まだ早いぞ……本が揃ったらかえ……」
モニカ「お兄様! 帰りますわよ!」
レーグネン「モニカ様、帰りますよ」
モニカ「レーグネンはちょっと黙っていてください!」
レーグネン「本は送ってもらえばいいでしょう」
モニカ「本はクラウスに持って帰ってもらってください」
DM「クラウス、置いてけぼり!」
クラウス「……えっ? えっ?」
レーグネン「それもそうだ」

 一同爆笑。

レーグネン「クラウスに持って帰ってもらうということでよろしいでしょうか、アルブレヒト様?」
アルブレヒト「まぁ、仕方ない。モニカがうるさいからな」
スポット参加プレイヤー「丸く収まった」
DM「丸く収まったね!」
クラウス「いえ、旦那様の命令がまだ優先されておりますので……」
レーグネン「そこは私がきちんと、送り届けよう」
クラウス「本は送ってもらえばいいではありませんか」
アルブレヒト「送るとまた時間がかかるんだ。わざわざここまで来たんだ、持って帰らねば」
クラウス「わざわざ、ここまで、大目に見たんですよ。これ以上はないです」
アルブレヒト「でも、もう今さら、待ってもすぐ帰ってもいっしょだろう?」
クラウス「……」
アルブレヒト「な?(肩をぽん」
クラウス「モニカ様にそっと縄を渡して……」
モニカ「まぁ、お兄様は連れて帰ります。クラウスは、本を……」
DM「駄目だ、もう皆クラウスを切り離す方向で(笑)」
クラウス「ため息をついて、本の代金を受け取って……」
DM「折れた!」
クラウス「折れました。代金をください」
アルブレヒト「くれぐれも本の扱いは丁重にな? 防水の箱と……」
モニカ「では、帰りましょう」
クラウス「見送ります(怒りをおさえたような声で」
モニカ「お昼までゆっくり休んでね」
クラウス「……」


DM「どうやって帰るの? 馬車?」
モニカ「馬です!」
アルブレヒト「馬ぁ……? 本が読めないじゃん」
レーグネン「馬です」
モニカ「馬ですよ! お兄様が一刻も早く帰らないと、お父様の怒りがぐんぐん増しますよ」
レーグネン「本は城で読みましょう」
DM「朝の今から出れば、馬を急がせれば陽が傾く前には城に帰れるよ」
モニカ「クラウスも見送ってすぐに追ってくれば帰れますよ。本は送ってもらうことにしました、って」
DM「さらっと兄を騙そうとするモニカである」
クラウス「もう、ゆっくりしようかな、という気分です」


DM「では、帰路についたということで。暫くすると進行方向、君らの向かっている場所のあたりで煙が上がっているのが見えるわけですよ」
レーグネン「おやおや、城下で火事ですか?」
全員『大変だ!』

 
DM「丘の頂きを越えて、町が直接見えるようになると……城が燃えてんなぁ」
モニカ「そんなんでいいんです?」
DM「いやいや、城が燃えています!」
ダスティ「もっと白虎隊のように!」
DM「駄目だよ! あれ城が落ちたと勘違いして自害始めちゃうから!」
スポット参加プレイヤー「お兄様の本が……!」
アルブレヒト「そんなバカな、燃えているのは町だろう」
DM「どう見ても城です」
モニカ「絶句するしか……」
アルブレヒト「そんな、私の蔵書……いや、父上や兄上が!」
モニカ「お父様、お母様、お兄様!」
レーグネン「……なんてことだ」
アルブレヒト「急ぐぞ!」
モニカ「はい!」
レーグネン「待ってください!」
アルブレヒト「どうしたというのだ? 城の一大事だ」
レーグネン「あの燃え方では、我々が今から行っても何もできません。危険に飛び込むだけです」
アルブレヒト「そ、そんなことはない。まだ私の本が助かるかもしれん!」
レーグネン「あの燃え方、ただの火事ではないでしょう」
DM「あとですね、一般的なヨーロッパの城は、城壁の中に入られたらだいぶクライマックスです。日本の城は外郭を破られて中に入られてからも様々な迎撃構造で敵兵をすり潰すような思想で、ある程度城壁や堀が突破されるの前提なんだけど、ヨーロッパの城は外郭が一番堅固でそこを抜かれると一気に厳しくなるって構造です。市街地を犠牲にしながら消耗戦を強いる思想は薄いです。で、まぁ、燃えています」


アルブレヒト「あの状況では怪我人も大勢いる。神官であるお前の助けが必要だろう」
レーグネン「……そうなんです。だが待ってください。貴方がたお二人をこの状況で行かせるわけには参りません」
DM「肝心なときにクラウスがいない! がんばれ、レーグネン! 置き去りにされた執事の分までがんばるんだレーグネン!」
クラウス「今頃帰りの馬車で本を読んでいます。……面白いぞこれ!」
スポット参加プレイヤー「馬車だ」
DM「馬車なんだ、もう……」
クラウス「結構な量の本を頼まれましたからね。もう馬車に乗るしかないと」

 
 筋力18で300ポンド(136キロ)まで装備してホイホイ歩ける怪力クラウスにとって別にそんな無茶な重量でもないのだが、サボる口実というやつである。

モニカ「一泊しちゃうわけですよね?」
DM「となると、ここで『マジか……』ってやってる最中に追いつくことは絶対にないわけだ。がんばれ、レーグネン。お前の見せ場だ!」
レーグネン「たとえ、我が神に見捨てられることになろうとも、貴方がたお二人を向かわせるわけには行きません」
クラウス「これが巷で話題の本か……!」
モニカ「一方その頃!」
アルブレヒト「まぁ、なかにはなんだこりゃって本もあるけどね。専門書とか」
DM「『丸わかり 流行りの触媒200選』とかね」
アルブレヒト「ちょっとエッチな本とかあるかもしれん」
クラウス「これが、都会の、エロス……」
DM「クリエイト・イメージの呪文で飛び出すよ! 飛び出すエロ本!」
モニカ「それを馬車で開くんですか!?」
DM「高いよー、飛び出すエロ本」

 閑話休題。

モニカ「ですが! レーグネン、お父様とお母様とお兄様が、中に……!」
レーグネン「まず様子が尋常ではありません」
アルブレヒト「それは見ればわかる」
レーグネン「ただの火事ではないでしょう」
アルブレヒト「どういうことだ?」
レーグネン「……」
クラウス「アルブレヒト様に心当たりでも?」
アルブレヒト「ないよ!」
DM「隠しておいたフレイムストライクの巻物が……!」
アルブレヒト「私の実験道具から発火……?」
モニカ「お兄様が原因だったなんて……」
ダスティ「お兄様、すぐにどこか遠くへ逃げないと」
アルブレヒト「だから違うって!」
レーグネン「煙は随分前から見えていました。きっともう何時間も燃えているのでしょう。今から駆けつけても何もできないでしょう。行くとしても私1人です」
アルブレヒト「私は家族や……蔵書の無事を確かめねば気が済まん!」
レーグネン「蔵書は諦めてください」
DM「『蔵書は』。見抜かれている(笑)」
アルブレヒト「だが、まだ救える本があるかも……」
レーグネン「御身の安全を考えてください!」
スポット参加プレイヤー「ガチギレじゃないですか」
DM「『蔵書は諦めてください』がもう(笑)」
レーグネン「蔵書は諦めた上で、行動を考えましょう」
アルブレヒト「だが、父上達が……」
全員『蔵書の次(笑)』
アルブレヒト「くっ、ならば一体何が出来るのだ……」
DM「お兄様、大事にしてるんだなって、不思議に思っていた」
モニカ「どっちがですか?」
DM「家族のこと、本当に心配してるんだなぁって」
レーグネン「蔵書の次だけど」
アルブレヒト「火事以上の事件と考えるのは良いのかな?」
スポット参加プレイヤー「攻め入られたとかそういう可能性ですかね?」
DM「いやこれ、実際のところ、何が起こっているかわからないでしょ? だから、こう考えるのは不自然だってボーダーはないと思うよ。ほんとに火事なのか陰謀なのか、わからないわけだし」

 いわゆる「キャラクターがここでこう考えるのは許されますか?」というお伺いなわけだけど、別にプレイヤー知識に由来してなにかしようとしているわけじゃないので、何の問題もないよというやりとり。

レーグネン「炎が出てから随分経っています。これが普通の火災なら、消火活動などの対策が城の者達で組織的に行われているでしょう。あなた方が危険な城まで行く必要はないはずです。……もしも敵襲だった場合。そうならばなおさらあなた方お二人を戦場に行かせるわけには参りません。城は燃えているんですよ」
アルブレヒト「……そうか」
DM「アルブレヒトは徹夜で本を読んでいるから、インヴィジビリティの呪文とか回復してないよ」
アルブレヒト「確かにここのところ、毎日のように夜ふかししては本を読んでいたような。呪文を用意する時間すら惜しんで」

 ウィザードは毎朝自動的にMP回復してまた呪文が使えるようになるわけではなく、1時間かけて呪文を「使えるようにする」儀式が必要なのです。もちろん「既に使えるようにして、まだ使ってない呪文」は何日経とうが準備されっぱなしなんだけれど。

DM「そもそも8時間きちんと寝ないと、呪文は覚え直せないしなー」
モニカ「では、お父様やお母様達はどうなるんですか……」

 

レーグネン「……」
モニカ「どうなるんですか?」
スポット参加プレイヤー「荷が重い(笑)」
DM「レーグネン頑張れぇーぷいきゅあー」
アルブレヒト「確かに石造りの城がこれだけ燃え続けるのは普通じゃない」
DM「そのセリフを言うには、〈知識:建築〉ロールをして貰おうか」
アルブレヒト「16」
DM「その数値では『あの城の耐火能力はこうで、これだけの時間燃え続けるということはこうこうこうで、つまりこういう計算が成り立つ!』とまではいかない結果だが、それくらいのことはギリ言える」
モニカ「一家は皆、戦勝神の信者?」
DM「お兄様以外はね。異端児のお兄様だけ叡智。アルブレヒト異端の戦術」
モニカ「戦勝神の信者なら逃げないですか?」
DM「戦勝神は戦争と騎士道の神であっても、バーサーカーではないので、戦術上愚かな結果に繋がることが多い自殺行為を奨励はしないよ。『ここで退いたら後がない。意地を見せるときだ!』みたいな『ここが命の張りどころよぉ!』って状況で命を惜しまないことは美徳に含まれるけど」
モニカ「じゃぁ、お父様達は脱出している可能性もあるのですね」
DM「剛毅神ガチ勢の場合だと『この状況で逃げずに生き延びたら俺格好よくね?』って思考になる人もいる」
レーグネン「逆境が大事」
クラウス「他のキャンペーンでそういう生き様の人いた気がしたなー」
DM「リスクやマイナスなら起爆剤さ」
アルブレヒト「ここにいても仕方ない。どこかの町で情報を集めるか」
レーグネン「この先はもう城だけって感じですか」
DM「そうだね」

 
DM「城がここで、君達ここ」
モニカ「クラウスは?」
DM「ここ」
クラウス「こちらは火事のことわかりますか?
DM「あまりにも距離があって平坦でもないし、もう暗くなってきているから、煙もわからないかな。町が盛大に燃えてるわけでもないしな」
アルブレヒト「気をつけて接近するか……」
レーグネン「私が1人で行ってきましょう」
モニカ(マジで!?)
アルブレヒト「私も行こう。呪文で変装して行けば大丈夫だ」
モニカ「お兄様が行くなら私も行きたいです」
DM「城を抜け出すときに使ったけど、その後リチャージした?」
アルブレヒト「そもそも寝不足だし、本に夢中だったし、多分回復させてないなー」
レーグネン「お二人は戻って町でお待ち下さい」
アルブレヒト「うーむ、だが町で何も状況をわからずに待っているのも安全とは言い切れないな」
レーグネン「では、ここで隠れてお待ち下さい。私が戻らないようであれば、クラウスと合流してお逃げください」
アルブレヒト「たしかにここは城に帰るなら必ず通る道だ……だけど来るのは明日か(笑)」
スポット参加プレイヤー「もうすぐ馬で来るとこっちは思ってるかもしれないけど、馬車ですものね」
モニカ「レーグネン、お父様達をお願いします」
DM「お兄様、〈知識:歴史〉を振ってください」
アルブレヒト「コロ……27」
DM「マジか! 高いよ、お兄様。じゃあ教えちゃうよ。その達成値出されたら教えざるを得ないかな」

 歴史に付随するというか歴史の必然として、この知識技能は戦争に関する知識とイコールです。

DM「仮にこれが戦争で攻め込まれての落城なら、敵の封鎖網に自分から飛び込もうとしているのではなかろうか、と思った。パッと見で右往左往する民とか民衆もいないし、これは完全に『終わった』段階なのでは、と」

 いわゆる「キャラは気付けないけどマスター冒険者の目線なら気付くもんでしょう?」なアレ。
 今回は別にマスター冒険者じゃないが、知識判定で高い結果を出したことで戦術的な洞察をキャラクターがしたことになった。これが低ければ「キャラの目線だろうと思い付かないことだった」ということになります。無論一事が万事これで処理してたらゲームが遅々として進まないので、要所要所で行う感じザマス。

DM「この状況では、混乱も起きてない、整然と秩序をたもった『敵地』へ突っ込むことになるのではないかと」

 もちろん戦略だ戦術だといった個別知識を取れば、同じ達成値でもより高い洞察を得られます。

アルブレヒト「ここがバーンに攻められるって可能性は?」
DM「陸路で来るなら、バーンとの間にはめちゃくちゃ強いロールヴァーゲ領がある。でも空挺部隊なら来られるかも知れないわけで、可能性の話をしたら『絶対無い』とは言い切れない。戦略的に割に合わないのでやる価値は低い、までは言えても」
アルブレヒト「バーンなら迂回してここを突いた? いや……となるとモンスターの可能性も……」
クラウス「我々が買い物に行った町ってどんな?」
DM「せっかく設定も用意してたのに地図で見せただけで説明忘れてたわ」

 本を買い物に行った町は、スタート地点であるヴォルフェンビュッテル子爵家の居城シュテルケモルゲンロートから南におよそ50キロほど離れた国境の町ラッヘンライゼ。その位置は既にヴォルフェンビュッテル領から大きく飛び出し、主家であるロットナー伯爵領の南辺に達している。つまるところ国境というか領地の境。その先は南のクノーブロッホ伯爵領へと通じている。

アルブレヒト「では、そこで落ち合おう。クラウスとは途中で会えるだろう」
レーグネン「レーグネンさんは、止めてもらえないの?」

 全員爆笑しつつ続く!
 Don't give up justice, I want to get truth!


●プレイヤーズコメント

・アルブレヒト
 家族はもちろん大切です。本の次なんてことは、決して。
 

 聡明なアルブレヒトでも取り乱してしまう、この突然の出来事。
 本当に城で一体何が起きたのか……っと、そんな事を考えていたらレーグネンをそのままいかせるところであったよ。

 さらばやさしき日々よ。もうもどれない、もうかえれない。
 高貴の光 アルブレヒト~♪



・モニカ
 クラウスは本当に悪くないんです、とてもお願いがしやすいだけなんです!
 それはそれとして、いつもの、少しだけ過激なお兄様の逃走劇を終えてからの城の大事。
 信仰を考えると家族は無事逃げられた可能性があるとしても、酷く鮮明にこの出来事は記憶に残ることでしょう。
 レーグネンかっこよい。



・レーグネン
 クラウスには苦労を掛けてますねー。直接自分の従者というわけではないんですが、今回は押し付……頼みやすい感じになりました。そしてその分自分に仕事が!
 1話導入のロールにしてキャラロストは、全うした結果なら良いとは思いつつ、出来れば避けたいところ(笑)



・クラウス
 最初はおつかいまるなげされてぷんすこクラウスですが、本を買い終えればおもわぬ息抜きタイムなのではと休日を満喫気分。町のB級グルメおいしい。



ダスティ
 城が燃えて、一気に緊迫した状況に……あまりなっていない?
 真面目な会話がなされていても、ちょこちょこボケとツッコミが入って、い~感じのゆるさに。


 フローラント大陸ヴィーリオン王国中心地図
 

 上記地図四角枠内拡大簡略図 解放歴730年度版
 
     
  Dungeons & Dragons Art & Arcana: A Visual History

 
 ドラゴンクエストのパッケージイラストの元ネタでもあるクラシックD&Dのボックスアートが表紙を飾る、D&Dのヴィジュアルヒストリー本。
 クソ分厚い紙の本が5000円くらいするんだけど、Kindle版は1800円だ!!(笑)

 
 いわゆる「D&Dの画集」ではなく、当時の広告といった今更となっては見返すことも難しい資料性の高い図版がメインで収録されているのが熱い。

 
 パク……インスピレーションを受けたイラストとの比較なんて攻めたコーナーも存在し、色々と詳らかにされている(笑)

 
 ウォーターディープの地下にあるダンジョン、どんだけ広いんだよ!!!(笑)
 レベル1ってことはこれ地下一階部分だけですよ!?

 
 最新の第5版でも「まったく同じ」まではいかないんだけど、部分的に同じような構造で受け継がれてたりする。

 
 一部の超有名モンスターは特別扱いで「歴代のビジュアル変遷」が掲載されていまして。
 同じ世界を舞台としながら、版上げの度に「え、昔からこういったモンスターでしたけど?」と言い切るダイナミックさがスパークする。
 僕は第1版のデザインが「バスタードで触れた最初のイメージ」だったのもあるのか、一番好きです。

 
 
 でもでもでもでもデモゴルゴン!!!!!
 カナコお姉さんでお馴染みのコイツはこんな変遷。
 デーモン・プリンスと呼ばれ、デーモンロードの中でも最強クラスの魔王である。ファイアボールで死んだりはしない(ストレンジャー・シングス

 
 マインド・フレイヤー!!
 第2版のロシアっぽさが印象的である(笑)
 かつてはアンダーダークの支配階級として隆盛を誇った彼らも、第5版では奴隷の反逆によって衰亡の危機に汲々としている切ない存在に。

 
 アウルベア!!
 現実に於いて最強クラスの肉食哺乳類と猛禽類が融合した恐るべき魔獣なのだが、3.5版データ的にはグリズリーの方が強い。流石にそれはマズいと思ったのか、5版ではアウルベアのほうがだいぶ強くなった。

 
 基本的なドラゴンが勢揃い。ブラック、ブルー、レッド、グリーン、ゴールド、ホワイト、ブロンズ、ブラス、カッパー、シルヴァー!!
 D&Dのドラゴンは色だけではなくデザインも各種で一定のものが存在している。ブラックドラゴンは角が前方に伸びてるとか、ブルードラゴンは顔の前の方に角があるとか。
 皆はどのドラゴンの見た目が好みだい!!

 
 第1版の頃のドラゴンのデザインがこんななんだけど、現在のカラーイラスト上のデザイン知識があれば、色がなくても見分けがつく感じなのである。
 もっとも、どう見ても東洋のドラゴンだったゴールドドラゴンは第3版以降(上のカラーイラスト)と全然違うけど(笑)

 
 そんなわけでカプコンのD&Dはブラックドラゴンのデザインが間違っていたりする(笑)

 
 昔からブルーアイズホワイトドラゴンのデザインの元ネタは第2版のホワイトドラゴンだと勝手に妄想している。
     
  ■プレゼントありがとうございます伝説( ・`ω・´)

 
幻想悪魔大図鑑
 悪魔の力手に入れた正義のヒーロー……ではないがアモンもデビルマンに言及されつつ掲載されている(笑)

 
 ストレンジジャーニーじゃ胡散臭さマキシマムだった貴様ーっ!!!(笑)
 原典知らなくても最高に胡散臭いやつなのだが、知ってたらなおさら「コイツは信用ならねぇ!」ってなるの確定過ぎるよ!!

 
 D&D世界では地獄の支配者、絶対的な権力者として君臨する魔王中の大魔王。
 バハムートやティアマットでもコイツの相手は分が悪い(D&Dの話です

 
 前作の幻想ドラゴン大図鑑でもそうだったんけど、このシリーズの特徴として「戦わせる」ってのがありまして(笑)
 様々なドリームマッチが本作でも色々繰り広げられているんだけど、このマッチングはズルい!! 絶対見たいやつじゃん!!!


 
アベンジャーズ マーベルヒーロー超全集
 てれびくんデラックスということで値段はともかく内容は子供向けで全部ふりがな振ってあります。
 そんな本だから文章も優しい……なんてことはないな!! 別に!!(笑)
 いやガチ勢向けに難しくはないんだが、ゾイドバトルストーリーが子供向けの本なのに「航続距離」とか「高々度爆撃」なんて言葉を容赦無く使ってたくらいには攻めてる。つまりライトな大人が読んでも普通に楽しめるやつ。

 
 初っ端アイアンマンで「わかってはいたがやはりトップはアイアンマンか。キャップはせめて2人目に配置されててくれ!」と読み進めたらまさかの五十音順でずっこけた。アミバ阻止!!! 次のヒーロー、アントマンだったよ!!!(笑)
 ちなみにアイアンマンのバリエーション全部載ってます。

 
 そしてワンダ可愛い写真集でもある。ブラックウィドウとかもだが(笑)
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!

  1. a. 27>ロープがよじれて回転が始まったのにローターの吹き下ろしが当たってエンドレスになったのだろうか。 でもヘリコの吊り下げなんて歴史長いのにここまで高速回転したのはあまり聞かないね。 吊り下げ物の形状にもよるのだろうけど。
    b. 27>74歳の婆様がそれぐらいのダメージで済むのならそれなりのガタイの男なら耐えられるのでは……と思わないでもないが、その歳で山へ行くようならそんなにヨボヨボでもないのだろうし、アメリカには入ってきた強盗を半殺しにした82歳もいたしな…(笑)  URL
    c. 27>結構な事故なんだろうけど映像見たら脳内に「夢想花」が流れたよ…(古い   
    夢想花どころか機巧少女は傷つかないのEDくらい早いよマジで。
  2. 80>このおっさんネタさぁ、初期から定着しちゃってるからもう仕方ないんだけど後に明かされた経緯によると、TSしたのはかなり若い時で以降封印期間を除いても1000年以上女の体だからおっさんだったことはないんだよ。ぶっちゃけ中身もほぼ女だしもはや元男ってだけ
    若い内に性転換手術した人にいつまでも「お前男じゃん」と言ってるようなもんの、さらに凄い版だったのか>おっさん呼ばわり
  3. 乗り合い馬車を止めて揉めること1時間……!!  貴族へのヘイトゲージMAX!!!
    やはり金……金はだいたいのことを解決する!!!
  4. 60>下の方といっても完全な足元はボタン押せなくて無理だろうから、4本ぐらいを使い回して一番下(太ももの辺り?)に時々足かけて休めるけどほとんどぶら下がり状態? あの使い方説明図は他に回収係がいるかロッド使い放題なリッチ冒険者だったのか(笑)   そもそもボタンが端では片手操作も難しそうな…。
    あの参考図は参考にならない贅沢さ。あれ買い揃えられるならレビテーションのリング買えるし、安い(笑)
  5. 9>グラディウスのスピードアップみたいに重ね掛けできないんですね(笑)
    最大で倍速まで(笑)
  6. 92.>フルムケースはコミケの時に500円玉しこたま持ち歩くのにも便利でしたね・・・今は薄い本も500円玉一枚で買えるケース大分減りましたけど
    すまない、俺は同人誌が薄い本と呼ばれるのが苦手なのだ。物理的に薄くても頑張って作ってるもんだと思ってるから(´・ω・`)(薄いことを揶揄してない人まで普通に使ってる昨今の風潮自体が苦手って意味です
  7. a. 空を飛ぶやつなど、四天王面汚し>これはGMが手加減しているだけでしょう。普通に考えれば、同じ能力なら上空からの遠距離攻撃の方が射程が長くなるのですから、一方的に攻撃し続けることは可能になるはずですし。魔法も、一撃離脱で、魔法の範囲外に移動するように攻撃し続けることだって可能。
    b. 43>通常の戦闘中に飛行部位を失っても落下ダメージは発生しなかったように記憶しているけど、卓に寄るのかな
    ちなみにD&Dのフライはゲームバランスに配慮してか、「飛行中に解呪されても即落下せず、ゆっくりと軟着陸する」という不思議な効果である(笑)
  8. 大佐、不潔感を出すためにトーン張りの手間暇を掛けろとおっしゃるか。…今はPCで描く人多いから大した手間じゃないんだろうか。絵描き作業まったくしないから分からぬ
    「ミリタリー漫画読んだら、戦車がペンキ塗りたてで全く汚れてない」って感想に「これ以上手間かけろっていうのか」と突っ込まれたような気分だよ!?(笑)
  9. >>62 そのライフルというのはアサルトライフルではなく、ミニエー銃の類なのでは?いや、マスケットの時点でプレートメイル廃れてるからないか。
    「マスケットの運動エネルギーに対する防御力は完璧だけど、手榴弾に対する断片防御は備えてない」でも十分不思議(笑) でもプレートアーマー着てるつっても全身くまなく覆ってるわけじゃないんで、断片を非装甲部分に喰らって負傷したって意味ならわかる。特にライトファンタジーに出てくるプレートアーマーってスッカスカだし。元作品知らないからなんともわからんが。
  10. ナースサンドイッチ。うらやましい(苦笑) URL
    ナースサンドウィッチ小麦ちゃんだと!?(違
  11. 3>地球真っ二つパンチが見た目通りの威力なら、フリーザ最終形態や超サイヤ人ぐらいまでならワンパンで倒せそう
    地球襲来時のベジータでも地球を破壊できるんで、そこまでではないかもー。
  12. 37>どんなアニメか知らされないまま曲を作らされるって…ひどい話だ
    残酷な天使のテーゼの歌詞もそうなんだぜ(笑)
  13. 81>視覚的な確認ができるのはいいよねー。本当に紙とペンとサイコロだけだと状況が変わるたびに装備状態から宣言が必要になりかねないしね
    ハードウェアによる優先権が確立したことで、「そんなつもりなかった」で揉めることが激減したわー。
  14. 96>タンクはヘイト管理があるゲームか、自分に攻撃が向くようなスキルが必要だ
    D&Dもクラスによっては敵の攻撃惹きつけたり、ダメージ肩代わりする能力持ってるクラスあるしな!!
  15. >>94 むかし、猫好きの人は好きと思う!といわれて視聴した感動もの(?)で主人公と二人三脚でほのぼの暮らしてたけど主人公が失明していろいろあって猫が奇跡を起こして失明が治るけど、猫が代わりに失明したうえに姿を消して二度と会えなかった、主人公はいつも仏壇に花を供えてます、みたいな話があって「・・・ん?」となった記憶が。あれ、これ猫好きにおススメするタイプなのかな?
    それで犬版観せられたら「よくも騙したなぁぁぁ!!」ってなる気がする。
  16. >>25 一応SDのデンドロ自体は発売されていますしネット見てみると試してる人も居ますが、まあステイメンの搭乗方法考えるとそこにねんどろいど置くとどうなるかは…
    改造してミクやマミさんが載ってるやつ、欲しくてしょうがない(笑)
  17. ちょうど今日SteamとかでHaloが発売されたからマスターシーフがマスターチーフに見えて仕方ない
    「俺はマスターチーフだぜ!!」「よし、じゃああの悪魔の群れを一人で殲滅してこれるな」
  18. Gジェネやってたら水陸両用のグーンの魚雷がマーク70スーパーキャビテーティング魚雷ってなってて実用化してるんだと思ったとともに、やっぱSEEDの兵装の命名好きってなった
    戦艦大和も一撃で轟沈しそうな威力。
  19. 58>T2の正統的続編!!と様々な媒体で煽っていた訳ですが、個人的な感想で言うと「これ、T1の続編じゃね?」(T2はサラ・コナーが観た幸せな夢。
    また別の世界線が……!
  20. >>2 サンダーボルトは3巻で一旦区切れるのも強みでしたねぇ。仮にジョニー・ライデンの帰還で区切りのいいところ…プラントでの戦闘後は半端すぎるしかと言ってジャブロー戦完結まで行くと長いし
    1年やる必要が……!!
  21. 66>廬山の大瀑布を逆流して廬山昇龍覇を会得するにはどれほどの判定が必要になるのだろう。
    超大型ドラゴンを1ターンで殺せるくらいのダメージ出せたら、それくらい出来ることにしてあげていいかも(笑)
  22. >>81 そしてトーキョーN◎VA系統で見かける珍現象「《ライドオン》使用しながら登場、成功しました」といってワンルームマンションやホテルのスイートルーム、露天風呂や豪華客船のデッキにバイクや自動車に乗ったまま参上するプレイヤーキャラクター
    ラブホにガーランドで突撃してくるメガゾーン23を思い出した。
  23. BOOKWALKERが角川文庫・ラノベ読み放題の定額制サービス始めたらしくて最初はおおと思ったのですが、1万冊以上がって表記であれ?と思ってラインナップでラノベに絞ると5,619件になって詳しく見ると案の定大半が1巻とか数巻だけとかで、タイトルによっては全巻揃ってるのもあるとは言え一瞬で興味なくなってしまった(´・ω・`)
    撒き餌! まぁ1巻無料ってのはそれはそれで便利なんだけどねー。「別に体験版が欲しいわけじゃない」って人の気持ちはとてもわかる。
  24. 41>若島津を先発させてガッツ尽きるまで三角飛びをして、後半から若林という常套手段だと効率が悪いんだったか。Ⅱで駆使されるバビントンを引き継ぐので新田がやけにレベル高かった思い出。
    それやってたなー(笑)
  25. a. ……お気付きになられただろうか?>お兄様「『明日まで』という期限で本を取り寄せさせているのに、『朝一番』で帰る訳無かろう!」ということですかね?
    b. お気付きになられただろうか?  明日また本屋に行くから朝イチでは帰れない?(笑)
    c. (あっこのお兄様明日までここにいるつもりだ・・・?)
    d. お気付きになられただろうか?> モニカは「朝一で帰る」=「現代日本の感覚で言うと明朝5時~7時くらいに出発したい」けど、アルブレヒトは「明日までで構わん」=「明日中なら特に時間は指定してない」上に、店主は取り寄せも視野に入れてるので朝一で出発できる筈がない、かな?(自信なし)
    大 正 解 !! 計画通り!!!
  26. 15>スパロボOGのリュウセイとクスハも「幼馴染が恋に破れた」パターンに含まれるのだろうか。そもそも「リュウセイが人間を恋愛対象として見ている」ケースが有るのか無いのか。「新」ではトライダーのキャラに惚れてましたが、まず新の彼は今とキャラが全然違うし。
    初音ミクフェイ・イェンがライバル
  27. 38>手下4人の力を併せ持つから…1800馬力?   ちなみにバイクの250ccが45馬力で750ccが77馬力、軽自動車が64、自動車が300、20tクラスのトラック(10tトラック)で400前後。 400もあれば走る車を力ずくで止められそうだけど体重がないと難しいか。 あと現実にも、ヘラジカにぶつかっても大丈夫なように作られたボルボの「アイアンナイト」(2400馬力、最高速度276km/h)みたいな怪物トラックもいるので…。
    パワーウェイトレシオはとんでもないな!
  28. 1>目がすわったロベルタが追いかけてくるところを想像してみましょう(笑)
    あそこまでいくともう眼鏡は(恐怖の対象としては)どうでもいい要素な気が(笑)
  29. 今まで「日輪」「赤き森」「海洋」「豊作」など割と簡素なキャンペーン名が多かったのに今回は妙に長いね、「ファヴ傭兵隊」みたいに半分で切って略すのもやりにくいし(笑)
    口頭では真実キャンペーンと略してるな(笑)
  30. おや、フローラントでは書物は写本なのですね。星渡りの民の知識から、初歩的な印刷技術は発展しているのかと何となく思っていました。
    活版印刷技術は存在しているけど、貴族は見栄(みえ)と見栄え(みばえ)を重視して、写本にこだわるのです(笑)
  31. 異世界ファンタジーはくさすぎる ああ、これ同人誌なのか。大佐こういうマイナー作品ってどこにアンテナ張ってるの?
    これはたまたまTwitterで告知ツイートを見かけてー。
  32. 妹様「朝一で帰りますよ」お兄様「取り寄せはもちろん明日までで構わん」> ……朝一で帰る気ねえなお兄様!?写本レベルの書籍事情で夜間に発注かけられる訳もないし、明日一日は町に居る気だなこの人(笑) 「期限は明日まで」で明日の朝までと思うか、明日いっぱいと思うかは大分アンジャッシュだなあ。 by 気分はゴールド
    「日付が変わった翌朝まではセーフ!」は現実でもよく使われる。
  33. 37>銀魂で高松監督が「どうせこっちに意見なんか通らないんだからさっさと曲よこせ」(意訳)といってPに「もう少しオブラートに包もうよ」っていわれたけど相手が「愚痴頂きました」それも含めて進めていきましょうって熱い人だったそうな
    タイアップ決まってから原作読み込んで反映させてきた守護月天OPのSurfaceも素敵。
  34. TRPG部  4人になったがトラブルの元凶がしかし一番格上でいばっているという、不愉快な状況だ……(笑)
    俺も「これ自分と関係ない作品でいたら苦手だろうなぁ」とは思っている(笑)
  35. “真実は見えるか”キャンペーン 第1回 …いまさらですが。地図上でプレイ内容を想定しようとして。地図の「ヴォルフェンビッテル」と「ラッヘンハイゼ」が、チャプター0 他で記された「ヴォルフェンビュッテル」(キャラ名など)と「ラッヘンライゼ」(アルブレヒトのキャラ紹介文の最後の方)と「同じ」なのでしょうか。「ュ」が入ってたり、「ハ」と「ラ」が違ってたり、なので。 by エルドラン総受け
    これはマジで単なる誤字でした!!!
  36. 異世界ファンタジーはくさすぎる …香水が発達、とかしてない異世界である? 逆に主人公はファンタジー側からすると無臭か、異世界素材や洗剤(の残滓)の「異常レベルの清潔な匂い」がしたりするのか、などと考えてしまいました。 by エルドラン総受け
    貴族は香水してる描写あったー。
  37. Dr.STONE 13>一瞬で即断して対応できる龍水と羽京が凄い。そして百夜…どこまで涙腺を決壊させれば気が済むんだ…11月初頭は13巻発売・アニメ百夜回・スピンオフ開始と百夜まつりだったなぁ。
    あんだけ若い内に大人がバタバタ死んでって、よくぞたったあれだけの子供達を生かし続けてくれたよ。
  38. a. キン肉マン、ブロッケンJr.の起用は驚きと共に当然ともいう不思議な感覚でしたね。なにより「待ってました!そうでなくっちゃ!」という思いが強くて素晴らしい。大穴でミートくんを選ぶというのも、ぼくはちょっぴり期待してもいましたが。 by 取手呉兵衛
    b. 86>アリステラの目的でもあるザ・マンに完璧超人を託された者にして、ディクシアとも因縁有りますしね。フェニックスの敵討ちでも納まりが良い。ロビン復活イベントの為に取ってあるのかな?
    c. 86>もしもレイラァのピンチにニンジャが「あの時(カラス戦)の返礼だ!」とかいってLの陣形やってくれたら最高。ジャンク辺りが「ニヒヒ、3人じゃ格好つかねぇだろ?俺様が今回だけ参加してやるぜ~!」とかやるとなお良し。ジャンクはディクシアにハントされた恨みも有るし。
    d. >86 俺もまぁネプかネメシスだろうなー、ブロッケンなら相性もビジュアルもいいけど、厳しいかなーと思ってた。選ばれたのはブロッケンだった。俺は歓喜した
    e. キン肉マン #69>アタル兄さんの指名の直前にわざわざ意味深に1コマ差し込まれるアップのネプチューンマン。フラグとしか思えなかったが、邪推だったか。
    「ザ・サムライの衣装どこやったかな……」
  39. 「ヴィクトリア時代の危険な合成染料とか燃えやすいペチコートとかの話」。Kindle版がありますねー >> URL by エルドラン総受け
    買ってる買ってるー、まだちょっとしか読んでないけど(笑)
  40. 異世界ファンタジーはくさすぎる>そりゃなぁー。異世界ファンタジー衣服って大体実用前提でなく余所異世界との差別化(?)やコスプレ前提(??)でごちゃごちゃ装飾盛った現実でもクリーニング不可か超高難易度って服ばっかですものねぇ。あと現代でも革製品とかそうだけど元の素材だってそこそこ臭いするし。異世界ファブリーズ無双。
    消臭アイテムを手に入れるために旅に出る主人公であった
  41. 22>怒鳴り声を聞いて直立不動で硬直してる辺り以前見つかった時も散々怒られたんだろうなあ…というかベラは覗きまでやっておいて手を出して来ない事にも腹を立てていそう。
    困った坊やだぜ……!!
  42. 28>京極夏彦の「姑獲鳥の夏」だと痴話喧嘩で重傷を負った状態で密室に逃げ込んだ男性が忽然と姿を消した、という謎の答えが「家族が事実を受け入れる事を拒んだせいで錯覚を起こしただけで普通にその場で死んでいた」「語り手の主人公がその家族と縁があったため主人公にも死体が見えなかった」というトンデモ展開でした。同行していた探偵は普通に死体目撃してるんで最初から「謎なんて何もない。警察を呼べ」と言ってるんだけどよりによって探偵はサイコメトラーで普段から推理すっ飛ばして真相を言い当てる上に、本人に能力の自覚が無くて人にロクに説明しないもんだからその時も自分にしか見えない情報を元に発言してると思われて話が拗れるという。途中錯覚や脳の機能についての薀蓄が度々挿入されるので読者はある程度展開を予想できるのですが。
    そんな話だったのか(分厚いことしか知らない
  43. 35>置き場所があるとは言えないがそれでも紙の本の方が好き…!     いつかインフラが崩壊して全ての電子機器が使えなくなったとき血涙するがよい電子版信者ども、と思わなくもない(どちらにせよそれ本読んでる場合じゃねえです
    置き場所10年確保する家賃で、まるごと同じ量の本を買い直せる(プレミアついてて10倍になってる本が稀にあっても問題なく)ことに気付いたときに「マジか……」となったんだ……。
  44. “真実は見えるか”キャンペーン>それぞれが良かれと思ってした行動が、事態をより悪化させている!?
    殴ってでも連れ帰る気がないと無理だった……!
  45. なぜ今頃ミスター味子? あのステーキは食べてみたいが(笑) 
    Kindle Unlimitedにあったから(笑)
  46. >中世 個人的には、臭いなんてどうでもいいレベルで食事とかが怖すぎる。手指衛生の概念すらない以上、火を通してあるとか気休め程度でしかないからなあ
    まぁ異世界ファンタジーと中世は似て非なる世界で、料理は美味しくて食中毒の心配がないもんだからな!
  47. 67>巨大ロボで戦うわけではない、革命や独立戦争など大規模な内乱が起きそうでもない、主人公の親との思想的なぶつかり合い…でもなさそうだしどこにダグラム要素があるんだこのキャンペーン(笑)
    特にダグラムを意識したシナリオではない(笑)
  48. ちょっとコメ遅いですが、BB戦士ネオジオングがねんどろいど収納ケースになるとは…(違います
    魔導アーマー
  49. 騎乗スキルってどの程度の頻度で判定するんでしょう。馬にまたがるところから判定するんでしょうか?ファンブルで落馬&馬逃走とか?
    非戦闘時やそのた緊迫感のない巡航時は「ダイスは振らず、10が出たことにする」という宣言が可能なので、それで得られる達成値で平気な範囲なら100%安全に騎乗可能ですな。つまり騎乗振ってないキャラはなんかトラブル起きた瞬間「ダイス振ってください」と言われて、1ターン(6秒)毎に騎乗判定を要求されるので、数分も乗ってる内に順当に落馬する。
  50. >98 てっきり「よいもの」だと思って開いた
    そっちはそっちで商品化されてたな(笑) 四万円くらいするノリタケのやつ。
  51. キャラが全員すごい勢いでポンコツ化していく…戻ったら大惨事で一気に暗いキャンペーンになったりしませんように。
    大 惨 事
  52. 遊戯王(東映版)>何故か超生真面目で美化委員と化した本田君。原作ではモブに毛が生えたようなキャラなのにレギュラー化したミホ。今だったら色々言われそう。
    昔のアニメ化はオリキャラや拡大解釈キャラぶっこまれるの珍しくなかったもんなー。
  53. TRPG設定、王国と帝国の違いは何でしょうか?
    ヴィーリオン王国は封建国家で、バーン帝国は封建主義から絶対王政に移行中の国家というのが、最大の違いです。
  54. お、鬼滅読了してる。18巻の猗窩座回想は名エピソードだよな。憎い仇からあんなに感情移入できる敵もなかなかいない。それはそれとして地獄には行く
    読みながら「よし、皆殺しだ」と思っちゃったもんなー。
  55. アギスギアアイギスというゲームで眼鏡っ娘コラボをやっているので「メガネ好きといえばワダツミさんだけどひょっとしてプレイされてる?」と思って久々に見に来ましたが1ミリもやっておられなんだ。むしろFGOでした(ツイッターの方を見て)ボックスはありがたいけど周回大変ですね。わたしもがんばります
    ソシャゲは絶対にプレイする数を増やせない戒律があるのだ……!!
  56. a. FGOアーケードで実装されたエレナ・ブラヴァツキー(クリスマス)がもこふわカワイイ・・・。そして最終再臨の腋が素晴らしい。なぜこれをアーケードだけに・・・チクショーめーっ!!
    b. いいにおいしそう URL
    ロリンチちゃんも来たし、そのうち来てくれるさ! 来年クリスマスくらいに!
  57. マスターシーフ問題 逆に、おバカキャラが冴えたこと言ったら「お前がそんなことに気付くわけがない」とかも言われかねないわけで。「何のためとは言わないけどとりあえずダイス振って」「成功しちゃった。じゃあこんなことに思い至った」とかはどうか。
    それはよくやる。
  58. 今更ながら。「ヒグマってデータ的にはオーガより強いんだけどね!」・・・ヒグマスゲーな!お前ファンタジー世界に飛ばされても結構やっていけるスペックなのか!?(笑)
    オーガの脅威度が3、ヒグマの脅威度が4!!
  59. >56 「……実は…お父様はカツラなのです!!」
    どんな病気も治せる世界だと、毛生え薬くらい余裕っぽい気もしてきた(笑)
  60. おお、ファイアパンチ一気読みされとる。連載リアルタイムで読んでた時はテンションの右肩下がりがきつかったが単行本で読むとまた違うんだろうか…。
    いやまぁ、「もう買っちゃってるから」で最後まで読んだ感じではあった。
  61. 9>せめて10秒間1000倍速で動けるようにならんか…
    アクセルフォームは無理だが、より高速なクロックアップなら可能だぜ。タイム・ストップの呪文が、時間を停めるのではなく、限りなく時間停止に近い状態の超高速で動いてる。但し呪文の効果時間は主観時間でカウントされるので、1000億倍の速さで動けても現実では100メートルくらいしか移動できてないけど(笑)
  62. クラウスが、自分では状況を変える努力を一切しないくせに、終わってから「やはりこうなりましたか」みたいなことを言い出す割と嫌味なキャラと化している気がするんだけど、この強制イベントが終わったらもっと積極的にプレイしてくれるんだよね
    そこはTRPGなので俺にはなんとも保証しづらく……!!
  63. 異世界ファンタジーはくさすぎる>まあ、現代人でも4日も風呂に入ってなかったらそれなりに臭うからな……。インフルで一週間寝込んでるだけでも髪に枕のにおいが染みついたりとかするし。
    よく「日本とは湿度が違う」とはいうが、まぁ程度問題ではあろうなぁ。
  64. ようやく休日・・・さあリプレイ読むぜ!
    ありがとう!!
  65. リプレイモニカ天然ポンコツさんやなぁ
    ポンコツ扱いはまだ早いよ!!!(笑)
  66. シュタゲのオカリンは、今でも五指に入る好きな主人公キャラ。最初はウザくてキメえと思って「鳳凰院名乗り」が、クライマックスには泣きそうになるくらいカッコよく感じるんだから凄いキャラだ。
    わかる。
  67. ウィザードリィはプレイしたことないけどOVAは観たことある。洋風の冒険者パーティーにシレっと忍者が混じってて「え?」となった記憶が(笑)
    主人公もサムライだけど、武装は洋風だしなぁ(笑)
  68. 異世界くさすぎる>表紙に腋が3体、来るぞ大佐!(何がだ) モロ腋、チラ腋、タイツ腋、比べてみた結果、自分はチラ腋が一番好きだと悟りました。
    こんだけツルツルなのに臭い!!
  69. ドラクエ3はオイラも一番思い入れ強いな、三人兄弟なんでちょうど『ぼうけんのしょ』3つで喧嘩すること無く遊べてましたね…でも子供の頃はダーマに行った辺りでデータが消えるんだ…おとなになってやり直して初めてゾーマ倒した
    俺は消えたことないけど消されたことはあるな(笑)
  70. シティハンター見てきました。ギャグパートはなかなか良くできてて、劇場でも笑い声が聞こえたほどですが、動物虐待があるので見る人を選ぶと思います。それにしても、海坊主が想像以上に海坊主だった(笑) よく見つけてきたな
    もう俺には観れそうもない。
  71. 現代でも欧州だと入浴は数日おきで、匂いは香水で誤魔化すのもフツーではあるし……日本の入浴システムも高度成長期に入ってから毎日になった感じではあります。つまり、戦前位なら異世界でも少し匂うかな、位ではないかと。
    つまり(読んでる我々の感覚としては)臭い。
  72. a. 世界忍者戦ジライヤのジライヤ役・筒井巧さんがリアルに戸隠流忍法35代宗家に就任したそうですよ大佐!
    b. なんと筒井巧さんが戸隠流第三十五代宗家に指名されたとのこと!凄すぎて言葉が見つからないぜ…
    作中でも35代目になると言われてた気が
  73. 76>お兄様の両首脇に人差し指を当ててきゅーって気絶させればよかったのに(笑)
    非致傷ダメージを与えて昏倒させる処理になるな(真顔
  74. 電子書籍サイトのBOOKWALKERで大規模コイン還元セールが始まった。購入額でランキング特典が用意されてるのだけど、上位9名の購入金額がリアルタイムで表示されてて凄いことになってる URL
    Kindleなら俺もハジケてみせたもんだろうが……と思ったが、今から張り切って大量購入するほど「欲しいけど買ってない本」はないか。そんな莫大な量は。
  75. MARVEL  五 十 音 順   せめてアルファベット順じゃないのか!(笑)
    日本の子供向けだしな!
  76. 83>魔装Ⅱでその3人+フェイル殿下と再会するイベントは素晴らしかった。そこに至るまでが若干無理やり感が有りましたが。魔装1章~第二次・第三次・EX・第四次orF~魔装2章を乗り越えたマサキが今更敵に罵られて(邪神の影響もあるとはいえ)戦いの意義を見失うとか。
    結局ろくにプレイしていないままのⅡ。
  77. >ゆるキャン実写化  ふむ、髪を染めない方が自然でいいですな。あとは、おっぱいの大きさか(ソコかよ!)https://animeanime.jp/article/2019/12/06/50201.html
    マジで犬子のおっぱいは大事だから。そこないがしろにしたら赦されん。
  78. 膝にのせて合い向かいに抱きしめたい可愛さとか嘘だぞ、絶対そこから色々したいと思ってる絵だぞこれは。URL
    ルパンダイヴ直前じゃねーか
  79. >64 そういえば、マッスルインフェルノってドラゴンボールみたいな荒野での戦闘だったら全く成立しない技だな・・・
    地面に突き刺したほうが重力の力も得られて威力でかそう(身も蓋もない
  80. こんな腋みせを一番でっかく配置するってことは相当好きなんだろうなあと思ったら、サンプルを見ていくとご丁寧に腋毛の生え具合で差分があるらしいURL
    DMMでセールしてたから買ってきた
  81. 調子にのって本を買いまくっているお兄様だが、こんな世界だと写本で量産きかないからすごい高価じゃないのか……
    現実のクソ高い時代と比べればだいぶ安いが、安い方のだろうと2~3冊も買うと庶民の月収に。無論、もっとクソ高いのも普通にある。
  82. 76> …力ずくがNGなら結局怪力妹が行った意味がないじゃないか、何か説得する術があるわけでもないのに(笑)
    DMとしては別にNGじゃないよ。
  83. a. >実はクラウスのプレイヤーは「追いつかないことはわかってたけど馬車を用意した」そうなんで、 それは「導入なので、PCが集結するように行動した方がいいのでクラウスがそう考えたとしよう。」って事なのですかね?だとするとナイスなプレイヤーさんですなー。いや、自分がマスタリングしてる時、集結させようとしてるのに全然集まってくれない事も少なくないので…(笑)
    b. あ、違う。先ほど感想を送った者です。「到着先でイベントがあるので、あちらで留まるようにした方がシナリオ進行がスムーズだろうってクラウス役の方が考えたか?」が正しいです。
    そーいうことは全然ないんじゃないかな(笑)
  84. TRPG部> どんな状況でもブレないアルブレヒトが強い! そして四人そろったシーンのツッコミ役居ない感が凄い(笑)
    ツッコミ役は今後もいないかもな……(笑)
  85. そういえば言ってなかったか。シスタープリンセズ20周年でVtuber可憐が毎週月曜の20時に生配信している訳だけれど、支援の結果としてもう一人追加される妹が咲耶……つまり、堀江由衣さんに決まって衝撃が走ってる。どの程度の頻度で出てくれるかは分からないけれど、まさか堀江さんを呼べるとは。このまま支援が続けば3人目4人目以降もあり得るってことで、その一番手がってんですげえなと。いやあ、いま一人でやってる桑谷夏子さんもすごいけれどね。20周年ともなると、当時の中の人は全員ベテランな訳で。化け物めいてきたなー。
    氷上恭子も頼むぜ
  86. いやいや抗議ぃ (リードに引きずられ by エルドラン総受け
    だいたいあってる
  87. 怒涛の鬼滅の刃読破は何がきっかけだろう。伊之助や玄弥、音柱に霞柱と一度は炭治郎を激怒させた面々が絆されていくのがたまらない
    きっかけは……FGOがボックスガチャイベントだから、かな!!
  88. いやいやコーギーってのは紙でやるチクタクバンバンですか?
    反射神経は必要ないな(笑)
  89. 真実は見えるかキャンペーン>アルブレヒトが美味しいとこ持っていくなあ(爆笑)今度から窓にも外から鍵かけるくらいしないとアルブレヒトを止められないんじゃなかろうか by コウ・マサキ
    まぁ日常的に「いなくなったら本気で困るのに無視して好き放題する」なら、ギアスでもかけるくらいのことはやってもいいかもな(笑)
  90. ツイッター / クリア・マインド 「やがてすべての懸念や心配事が消え去る」 …最後の文は、それだけを見ると、酒か麻薬か狂信か、みたいな「いっときの忘却・問題の先送り・問題からの逃避」でしかないモノに思えますね(苦笑)。 by エルドラン総受け
    スピードは空がくれた最後の魔法
  91. やっと『女子高生の無駄づかい(アニメ)』を見終わった。終盤まさかのオタと低所得Pのロマンス展開に「・・・こ、これ無駄じゃないやつだから!(謎)」となった。これ卒業後にリクルートスーツ着たら高確率でワンチャンあるよね!?(笑)
    将来性に期待できる
  92. DMやプレイヤー次第で例えば洞窟から宝箱とってくるってだけでも無限に物語が出来そうでおもしろそうですね
    道中どころか町で準備段階の時点ですら想定外の話題で盛り上がることは日常茶飯事だしなー
     
 
 
 
 
 

サイト内検索っぽいモノ