HP案内 オタ百 VNI メールフォーム 
お知らせ
委託情報

とらのあな メロンブックス
 
読了本はここ参照!
拍手で話題にしてOK!








日記ログ
■2017/11b
■2017/11a
■2017/10b
■2017/10a
■2017/09b
■2017/09a
■2017/08b
■2017/08a
■2017/07b
■2017/07a
■2017/06b
■2017/06a
■2017/05b
■2017/05a
■2017/04
■2017/03b
■2017/03a
■2017/02b
■2017/02a
■2017/01b
■2017/01a
■2016/12b
■2016/12a
■2016/11b
■2016/11a
■2016/10b
■2016/10a
■2016/09a
■2016/08b
■2016/08a
■2016/07b
■2016/07a
■2016/06b
■2016/06a
■2016/05a
■2016/04a
■2016/03b
■2016/03a
■2016/02b
■2016/02a
■2016/01a
■2015/12a
■2015/11b
■2015/11a
■2015/10b
■2015/10a
■2015/09b
■2015/09a
■2015/08
■2015/07a
■2015/06b
■2015/06a
■2015/05b
■2015/05a
■2015/04c
■2015/04b
■2015/04a
■2015/03c
■2015/03b
■2015/03a
■2015/02c
■2015/02b
■2015/02a
■2015/01c
■2015/01b
■2015/01a
■2014/12
■2014/11c
■2014/11b
■2014/11a
■2014/10c
■2014/10b
■2014/10a
■2014/09c
■2014/09b
■2014/09a
■2014/08c
■2014/08b
■2014/08a
■2014/07c
■2014/07b
■2014/07a
■2014/06
■2014/05c
■2014/05b
■2014/05a
■2014/04b
■2014/04a
■2014/03c
■2014/03b
■2014/03a
■2014/02c
■2014/02b
■2014/02a
■2014/01c
■2014/01b
■2014/01a
■2013/12c
■2013/12b
■2013/12a
■2013/11c
■2013/11b
■2013/11a
■2013/10b
■2013/10a
■2013/09b
■2013/09a
■2013/08b
■2013/08a
■2013/07b
■2013/07a
■2013/06c
■2013/06b
■2013/06a
■2013/05c
■2013/05b
■2013/05a
■2013/04c
■2013/04b
■2013/04a
■2013/03c
■2013/03b
■2013/03a
■2013/02c
■2013/02b
■2013/02a
■2013/01c
■2013/01b
■2013/01a
■2012/12c
■2012/12b
■2012/12a
■2012/11c
■2012/11b
■2012/11a
■2012/10c
■2012/10b
■2012/10a
■2012/09c
■2012/09b
■2012/09a
■2012/08c
■2012/08b
■2012/08a
■2012/07c
■2012/07b
■2012/07a
■2012/06c
■2012/06b
■2012/06a
■2012/05c
■2012/05b
■2012/05a
■2012/04c
■2012/04b
■2012/04a
■2012/03c
■2012/03b
■2012/03a
■2012/02c
■2012/02b
■2012/02a
■2012/01c
■2012/01b
■2012/01a
■2011/12c
■2011/12b
■2011/12a
■2011/11c
■2011/11b
■2011/11a
■2011/10c
■2011/10b
■2011/10a
■2011/09c
■2011/09b
■2011/09a
■2011/08c
■2011/08b
■2011/08a
■2011/07c
■2011/07b
■2011/07a
■2011/06c
■2011/06b
■2011/06a
■2011/05c
■2011/05b
■2011/05a
■2011/04c
■2011/04b
■2011/04a
■2011/03c
■2011/03b
■2011/03a
■2011/02c
■2011/02b
■2011/02a
■2011/01c
■2011/01b
■2011/01a
■2010/12c
■2010/12b
■2010/12a
■2010/11c
■2010/11b
■2010/11a
■2010/10c
■2010/10b
■2010/10a
■2010/09c
■2010/09b
■2010/09a
■2010/08c
■2010/08b
■2010/08a
■2010/07c
■2010/07b
■2010/07a
■2010/06c
■2010/06b
■2010/06a
■2010/05c
■2010/05b
■2010/05a
■2010/04c
■2010/04b
■2010/04a
■2010/03c
■2010/03b
■2010/03a
■2010/02c
■2010/02b
■2010/02a
■2010/01c
■2010/01b
■2010/01a
■2009/12c
■2009/12b
■2009/12a
■2009/11c
■2009/11b
■2009/11a
■2009/10c
■2009/10b
■2009/10a
■2009/09c
■2009/09b
■2009/09a
■2009/08c
■2009/08b
■2009/08a
■2009/07c
■2009/07b
■2009/07a
■2009/06c
■2009/06b
■2009/06a
■2009/05c
■2009/05b
■2009/05a
■2009/04c
■2009/04b
■2009/04a
■2009/03c
■2009/03b
■2009/03a
■2009/02c
■2009/02b
■2009/02a
■2009/01c
■2009/01b
■2009/01a
■2008/12c
■2008/12b
■2008/12a
■2008/11c
■2008/11b
■2008/11a
■2008/10c
■2008/10b
■2008/10a
■2008/09c
■2008/09b
■2008/09a
■2008/08c
■2008/08b
■2008/08a
■2008/07c
■2008/07b
■2008/07a
■2008/06c
■2008/06b
■2008/06a
■2008/05c
■2008/05b
■2008/05a
■2008/04c
■2008/04b
■2008/04a
■2008/03c
■2008/03b
■2008/03a
■2008/02c
■2008/02b
■2008/02a
■2008/01c
■2008/01b
■2008/01a
■2007/12c
■2007/12b
■2007/12a
■2007/11c
■2007/11b
■2007/11a
■2007/10c
■2007/10b
■2007/10a
■2007/09c
■2007/09b
■2007/09a
■2007/08c
■2007/08b
■2007/08a
■2007/07c
■2007/07b
■2007/07a
■2007/06c
■2007/06b
■2007/06a
■2007/05c
■2007/05b
■2007/05a
■2007/04c
■2007/04b
■2007/04a
■2007/03c
■2007/03b
■2007/03a
■2007/02c
■2007/02b
■2007/02a
■2007/01c
■2007/01b
■2007/01a
■2006/12c
■2006/12b
■2006/12a
■2006/11c
■2006/11b
■2006/11a
■2006/10c
■2006/10b
■2006/10a
■2006/09c
■2006/09b
■2006/09a
■2006/08c
■2006/08b
■2006/08a
■2006/07c
■2006/07b
■2006/07a
■2006/06c
■2006/06b
■2006/06a
■2006/05c
■2006/05b
■2006/05a
■2006/04c
■2006/04b
■2006/04a
■2006/03c
■2006/03b
■2006/03a
■2006/02c
■2006/02b
■2006/02a
■2006/01c
■2006/01b
■2006/01a
■2005/12c
■2005/12b
■2005/12a
■2005/11c
■2005/11b
■2005/11a
■2005/10c
■2005/10b
■2005/10a
■2005/09c
■2005/09b
■2005/09a
■2005/08c
■2005/08b
■2005/08a
■2005/07c
■2005/07b
■2005/07a
■2005/06c
■2005/06b
■2005/06a
■2005/05c
■2005/05b
■2005/05a
■2005/04c
■2005/04b
■2005/04a
■2005/03c
■2005/03b
■2005/03a
■2005/02c
■2005/02b
■2005/02a
■2005/01c
■2005/01b
■2005/01a
■2004/12c
■2004/12b
■2004/12a
■2004/11c
■2004/11b
■2004/11a
■2004/10c
■2004/10b
■2004/10a
R.O.D
至上主義

OVA

超傑作
-THE TV-
オフィシャル
アーカイブ

11/24
■妹いいい

 
 弟がなんで女物のパンツはいてるんじゃーい!!!
 ……しかしこれを単なる女装癖、男の娘、兄が好き過ぎて妹願望がある近親相姦と断じるには、性犯罪者のイラストレーターの倫理観はともかく絵を描くプロとしての眼力が睨みを利かせていることを考慮せねばなるまい!!
 つまりマジで女の骨格をしてて、その上でも極上の尻だった……ということに!
 オイ主人公。こんだけモテモテな上に妹までいるのか。お前なんて大嫌いだ。

 
 
 というわけでキャット&チョコレート学園編。
 ご覧の通りなゲームであり、「他のプレイヤーがOKとジャッジすればどんなことを言ってもいい」という絶対的ルールが良くも悪くも楽しい。
 作中でもあったように「楽しければOK」って人もいれば「それなりに整合性が無いとダメ」って人もいるので、「えー、これがOKなの?」とか「なんでこれがNGなんだよ!」と、釈然としないことが頻発する。

 
 例えばワダツミが実際にプレイしたケースとしては、「グラサンかけた松田優作がバイクに乗ってやってきて、事件を解決してくれた」と答えたら、「探偵物語なんて知らん」ってプレイヤーが過半数を占めてNG判定されたりとかもする(笑)
 基本的に「整合性があるのに、面白くないから却下」ってことはないので(してもいいけどね)、理想としては真っ当に答えるのがいいのだが。

 
 状況解決に使えるカードは原則的に学校にあってもおかしくない一般的なアイテムが殆どで、大抵はアニメでやってたプレイみたいに「それ持ってたからってどうなんだよ」ってなるのを、無理矢理どうにかすることを強いられる(笑)

 
 トラブルに至っては学園生活あるある……を超えて洒落にならないケースもある。
 というかこういった極端なケースに限らず、元祖の「幽霊屋敷編」と比べて下手に「日常」な分「不思議なシチュだから不思議な方法でクリアーしてもいいだろう感」が薄まり、難易度が妙に高まっている。
 いや、一番右はそうでもないんだけど! 「鉄アレイで全員殴り倒すことで排除して買う」と言った人が「空腹だけ解決しても状況悪化しているじゃねーか!」と却下されることもあった。無論「後が大変だが確かに空腹は解決したな」とOKされることだってあるだろう。
 そんなわけでボードゲーム部内での評判はあまり良くない。つまらないわけではないんだが、全体的に「無理がある回答が幽霊屋敷編より明らかに多くなる」ことに、「スッと名案が思いつけた面白さ」な爽快感が薄く、「悩んだ末に自分でも無理がある回答をしている」辛さの方が多いんだな。
  ■わすゆ

 
 変身すると胸が膨らむなんてことは一切ないわっしーであった……!!!

 
 卍解!!!(違
 ペルソナ使うとモビルアーマー形態になれるのか。
 先生が読んでた書類に恐ろしいこと色々書いてあったが、取り敢えず滅茶苦茶強いな。
 3人で苦戦して1人欠けた状態でそのまま戦い続けるとなっちゃあジリ貧だから、強硬手段もやむを得ないというのはわかるが。

 
 身体の機能失ってくってか、精霊に侵食されるのヤバ過ぎるわ!!
 精霊の一部になるんだけど、精霊が失われた機能を代行するから、視界が消えたり心臓停まって死ぬとかないだけってことよな。

 
 というわけで、時間さえ気にしないなら、このままテレビ放送観ないでゆゆゆ本編観るのがベストなのか。
     
  ■アニガタ

 
 実質ガルパン回。
 ガールズ&タンクトップって腋見せしまくってそうなタイトルで素敵だなって思ったのに、キャラのポップが特にそんな感じじゃなくてガッカリだよ!!(そんなにかよ

 
 
 あと非モテが勘違いフラグを立ててしまうのはしょうがない、しょうがないのだ……。
 オタクで眼鏡オッパイちゃんなんてなにも起きなくても好きになってしまうんだから、なおさらなのだ……。
     
  ■ぶれす

 
 苺香さん、着痩せってレベルじゃねー巨乳キャラだよな!!!
 あとスク水姿だって観たかったっていうかコンセプト的にはそっちをクローズアップスべきだろう!!(必死

 
 
 パイオツを惜しげもなく見せつけてくれてゲームも一緒に遊んでくれる高エネルギー体とかどこの妖精ですか。
 ところで風呂で読書用に防水対応したKindleOasis買ったんですよ。そして温泉に持ってくことも一瞬考えたけど、流石に「真水以外で使うのは躊躇するな……」と思いとどまった(笑)
     
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!
  1. a. >>53 斜め上でその300m級よりも強い奴がいる、までありそう。未視聴の身としてはきっとメカゴジラが大暴れする作品に違いない、と思いながら田舎町の映画館で2週間上映される時を首を長くして待っている次第です
    b. 怪獣惑星>パンプレットの記述によると小さいゴジラは2030年の”初”出現時と同様のサイズとの事、しかし映画冒頭で映し出された物や空港でシャトルを破壊したゴジラは、その程度じゃないような気もする。 メカゴジラについては次作の決戦機動増殖都市と言う辺りから巨大化している可能性もある。 それはそれとして、過去のゴジラ情報を自由に閲覧可能で独自の解析データと共に主人公に提供する宇宙人。 更にメカゴジラが稼動していれば”基本的に物理攻撃無効”である筈のゴジラを倒せたと言う宇宙人。 今回の第一部を好意的?に見ると情報提供も技術提供も肝心な部分は教えて貰えず踊らされていた地球人と言う図式が…。
    パンフで50m級確定かよぉぉぉぉぉ!! 絶望した。
  2. 9> シン・ゴジラに出てきたゴジラが核攻撃でも生きていたら悪夢だよ(ガクブル。て言うかあのゴジラに核分裂弾は効かないように思う。核融合弾でも死んでくれるかどうか・・・核攻撃の後ではヤシオリ作戦実行は不可能だし、核攻撃で仕留められなかった生物って事でパニックに陥ったとしたら・・・でも超光速恒星間航行技術を持つ異星人からの技術供与があったら反物質爆弾とか陽電子ビームで仕留められるよね。波動防壁でも展開するゴジラなんだろうか? by うっきー
    ゴジラに核攻撃が通じると思うゴジラファンはそういないだろう(笑)
  3. 眼鏡かけたまま接客させないで>眼鏡かけてる方が素敵ですよ。
    まったくもって
  4. アニメの昇華が追い付かなくなるって、仕事とかのせいじゃなければ、幸せではあるよね。積みとかと一緒で。
    自営業の場合は仕事でも幸せではある(笑)
  5. a. 28>Fateを初期から知っている身としてはあのシーンのせいで最近のギルがカッコいいん扱いに変な笑いしか出てこなくて困る。てかステイナイトだとわりと小物臭がすることすらあるラスボスさんだからなぁ
    b. 16>ギルは前回の聖杯で受肉してる状態だから、サーヴァント>受肉で二重の制約ないし劣化してる、とか、言峰綺礼みたく中身が無い(あるいは聖杯のドロが詰まっている)=脳みそが無い、で、ほぼ妄念だけで動いてるだけで実は思考力対応力がほとんどない、とかだったりしないだろうか。あるいは、ゲートオブバビロンはモノが入ってるだけで未整理で、手当たり次第打ち出すだけで、機能とか検索して取り出すには結構時間がかかる、取り出し易いのはよく使う手軽で攻撃力がある奴(普通はそれで充分だから)、とかだったり。
    c. >28 聖杯の泥に飲まれたせいで人間的な器が小さくなっちゃったんじゃないんですかね。「Zero」や「Fake」、後自分は未見なので風聞からの判断ですが、「EXTRA」の彼だったらそんなことしない気しますし
    a. stay nightのギルが「器を感じないから好きじゃない」だったのが、ZEROで少し見直し、FGOの賢王で心酔し、ストレンジフェイクで「英雄王の方も格好良いじゃん!」となったワダツミさんでした。
  6. a. >>8 思い出補正とでも時代補正とでもいうかリアルタイムで見て普通に楽しんでたDEEN版fateが昨今叩かれまくってて辛い・・・歌も最高だったしよくまとまってるし良い作品だったと記憶してるんですけどね・・・美化しちゃってるのかなぁ
    b. 8>色々ダメなところはあったけれど、ライダーvsキャスターでライダーの尻がエロかったのはとても嬉しかった。
    僕はもう「当時不満たらたらだった」という記憶だけが残ってる形なので、再評価のためにも見直さねばと思っている(笑)
  7. ブレンドS ローアングルでスカートひらひらとか、紳士顔になってしまうだろ!
    ふぅ
  8. a. fateに関しては後付けや規模がでかくなり、逆に人間の強さは基本ほぼ一定なので描写に矛盾が出たってのが大きそう。どう考えても初代の蔵はそんな異次元性能ないし、宝具は抑え気味だし、描写も抑え気味。  とはいえ「設定上必要な強さ」は変わらないからチグハグになってる感が ……いや、しょうがないんですけどね。例えば征服王は「紀元前の世界を征服した」って関係上、紀元前が凄い事になるほど当時の描写以上の能力が必要になるわけですし。その変はまぁ仕方ないとは思います
    b. 士郎VSギル、原作しかなかった頃は実に燃えたけど、後付け作品でどんどんギルは本当はこんなに強いんだぜ!されたせいで元が破綻してきている感じやな、まあZEROが害悪なんだろね。
    そうそう、それそれ。「後年映像化されたことで、先発の作品と同じようなことしても派手さが段違いになる」ことで、「これに人間が勝ってたとか説得力無さ過ぎだろ」とますます思うようになっちゃって(笑) UBWやApocryphaで殆ど瞬間移動みたいな超高速で格闘戦してるレベルの戦いを、常人がどうにか出来てるの無茶過ぎる。
  9. 20>仮面ライダー3号や仮面ライダー4号のショッカー製マシンに立花レーシングのエンブレムが付いている事とか今の東映スタッフの中におかしいと指摘出来る人は居ないのだろうか…。
    指摘してーっ!
  10. マジンガーZ対デビルマン>作者的には「VS」ではなく「つい」だった、というコメントを残されてますね。ちと苦しいし何も解決していない気もしますけど。
    激マンで読んだ! 納得できなかったが!(笑)
  11. 舐めプが基本だから、舐めプ時が実力みたいなもの>ギルはまさにこれでしょう。実力というのは精神面を含めて実力なのですから。ギル戦は士郎がそういうギルの性格までついて勝利したわけで。ガープスで不利な特徴でCP稼いでいるのにその不利な特徴で不利になったから実力じゃないとかいわないでしょう。あと、FATEルート最終戦も見ると、接近状態だと蔵から自分で取り出さないと無理な可能性が高いので、鎧を取り出したりほかの道具を出すのは難しいのではないでしょうか。
    まぁ取り敢えず「ガープスの話題ではない」として、「実力」と書いたのは間違っていたね! 「本気」「慢心してない」と置き換えさせてください! でまぁ「あの土俵で戦ってくれてる時点でこれっぽっちも本気出してない」って話だね!
  12. a. >48 世代交代しつつ連綿と続く新作・・・そして最後は、天より現れた「人類の敵」に対し、戦車道の乙女たちが多脚戦車「タケミカヅチ」で立ち向かうのですね!わかりますん
    b. 48>最終章でおしまいというのは、みほ達のお話が最後という意味で、スピンオフは続いたりするかもしれない、無理かな
    c. 48 世代交代した新作 > ちばあきお氏の野球マンガ「キャプテン」ではないですか
    d. ガルパンは第二次大戦の戦車という縛りがあるので、もうこれ以上出す戦車が残ってない、正確には弱い奴しか残ってない、という限界がありますが、でも「キャラクターを世代交代させる」というのはありな気がしますね。
    高確率で商業的に失敗するだろうけど続いて欲しいという我儘が俺にはある(笑)
  13. a. 大葉健二さん達と飲み会する機会!?なんかもうどこまで凄い人脈の持ち主なんですか…
    b. 2>いったい何がどうなればそんな機会が持てるんですか?
    たまたま! 友達の友達が主催する飲み会に行ったら大葉さんがいた!!
  14. 5>今一マスターの力量とサーヴァントにかかる補正がどの程度か分からないけど、ゴルドがマスターのフランちゃんはカルナやアキレウス相手にいい勝負ができるのだろうか。
    過去の実例だけ見てると「マスターの扱いの巧妙さ」では大きな差が出るが、ステータスに関しては劇的には変わらない感じ。ワカメと桜ですら、ライダーさんの能力にマスターの魔力差ほど絶望的な格差が出たかというとそうでもないし。なのでまぁ、ゴルドさんの場合運用の稚拙さでより勝負にならなそうだ。
  15. ちょっと前のネタで「性格に問題ないサーヴァント」でケイローンを推そうかと思ったが、アポ序盤のアレがアレすぎたんで止めといた。いや、総合的には超優秀だと思うけど!多分黒陣営サーヴァントで一番仕事してるし!(笑)
    天然でなんにも自分に責任感じてなさそうなのが切ない。
  16. 17>だが待ってほしい。「テニヌプレイヤー」として優秀であるならば、実際楽勝ではなかろうか(マテ
    テニスの王子様がギャグ漫画なのは認めるし、俺も爆笑しながら読んでるけど、ファンではあるので、蔑称使われるのはあまりいい気がしないのだ。もし「蔑称のつもりじゃなかった」としたら、今後は「そう思う人もいる」と知って頂けると(´・ω・`)
  17. a. 能力がスライドしている必要>視聴者が混乱するだけだと思う
    b. ITFのコピー敵 > 能力をスライドさせるのはありだと思うんですよ。多分あの四人も、ゲーム的にステータスを分別するとパワー型とかスピード型とかあるから勝手が違ってくる的な感じで。でもそれをペアで交換するだけに留めた意味はなんだったのか、そもそもルガールみたいにごちゃ混ぜじゃだめだったのかとか思わなくはない。今回のコピーはあくまでも試作品で、最終的にはソウルテイカーみたいなデザインの敵を出して、全員の技を一人で使ってくるとかだったらタツノコファンとしても嬉しい
    c. インフィニティフォース 能力がスライドしている必要があったのだろうか、という微妙さ …個人的には、ダミー・ポリマーがジェットに変形してたのが一番「微妙」感を覚えました。入れ替え設定なら、ダミー・ガッチャマンの方がメカ変形するべきだろう、と。 by エルドラン総受け
    d. >>能力スライド TRPG的に言えばクラス:テッカマン一本伸ばしvsテッカマン/キャシャーンのサブクラス在りみたいな感じでまあ、科学忍者隊の忍術と飛び道具を持ったポリマーとかイイ感じには見えるのでやはり勝敗を分けたのはお約束のあたりで、たぶんシミュレーションしたらオリジナルに勝てる感じだったんじゃないですかね?あとよく共闘してるから見た目と使う技が違うのは多少のやりにくさもあるでしょうし
    フォルム含めて「能力」というか、能力を発揮するのにデザインは無関係だと思ってないから、「見た目そのままに能力だけ違いまーす」に「浅薄さ」を感じてしまう(笑)
  18. 12>スパルタクス洗脳を手伝ってたくらいか…?しかし偶然選ばれたカウレス君のマスターとしての優秀振りを見るに、本当なぜセレニケを選んだんだダーニック、と感じる。猫かぶりが上手いのか?
    ますます「周到な容易(笑)」になってしまう。枕営業か。
  19. >12 何気なくアニメ公式サイトを見てたらセレニケさんの項目に『清廉な印象を受ける美女であるが』って一文があって「いや清廉には見えねぇよ!?」って軽くパニック状態になった。執筆者は海のリハクばりに慧眼なのかね?
    清廉の意味が違う世界の可能性すら……!!
  20. >45 でも正直無法地帯の方が読み物としては面白いと思ってしまう。真昼間に公衆の面前でエア全力開放してもいいのよ?(いいのよ、じゃねぇ)
    メチャ面白い! 好き!
  21. >50 プリヤでの士郎、アンジェリカ戦は、カードを用いた勝負っていうスタートが同じっていう感じだから、士郎側が善戦しても特におかしく感じないってのはあるかもなぁ。(勿論ギルカードは他と比べて壊れだけども)でも個人的には慢心してるギルもそれはそれで好き(笑)ギャグでバグってたり、ホロウでの慢心無しの本気英雄王とかCCC英雄王、FGOバビロニアでの英雄王と味があるキャラだなぁと
    そうそう、まさにそれ>スタートが同じ
  22. a. >9 ぶっちゃけ、シン・ゴジラは今回のTV放送で初めて見ました。正直、最初は退屈な映画だな~と思っていたのですが、終盤にはもうハマってました(てへ)。確かにオチはド派手なものを期待する人には物足りないカモですが、自分としては充分カタルシスを得れる終わり方でした。外国人には理解し難い会議ばかりの映画という感想もなるほど!だし、CGというか「特撮」がとても良いという感想もなるほど!だし、本当に今更ながら今作ほど巷の評判が当てになる映画もないな~と思った次第です(笑)。何より何度も繰り返し見たくなるのがホント素晴らしいですね~。AKB商法とかガチャとか使わなくてもリピート商売はできる!という良い例に感じました。と、前置きが長すぎましたが、アニゴジって3部作だったんですね~。最初からソレぶち上げた作品に良いもの(ほぼ)無し!なんですよな。無責任な発言ですが、個人的には3部作が決まっていたとしても、いや決まってるからこそ、「最初からこんなにブチかまして2~3作目はどーすんの?」て客に心配させるくらいの天元突破な1作目にすべきだったと思います。ていうか「置き」に行くなよ…(笑)。
    b. >54 というか、この「ペラさ」で3作やる気か!。ミスリード成功(ドヤァ)とかやってる場合じゃないって!。どうせご都合主義ならこの1作目中に、なんやわからんが主人公だけ(もしくはそのチームだけ)が「ゴジラがあんなに弱いハズがない!!」とかなぜか確信し、伝説のメカゴジラ探索&製造に別行動させてもらい、完成したソレ(3体とかそれ以上あっても可!)で真・アニゴジに挑むぜ!!てな所で全然終わってねェ!的な映画とは思えん引きでEND!!くらいはやらんかい!!(笑)。最初から三部作って決まってるんならコレくらいはやってもいいよね~(笑)。
    たしかに「三部作なら今回はどうせ倒せねーんだろうな」と思っちゃうからなぁ(笑)
  23. >17 どこにでもいるごく普通の中学生(SASUKE準優勝で棒術もやってる)が主人公の異世界転移ものもあったな。
    終盤の設定ちゃぶ台返しソードマスターヤマトぶりが凄かった。
  24. ギルのなめプというか王の財宝ってギルが何を取り出したいか明確にイメージしないといけないような描写がぽつぽつある(こんな感じのって探すと出すのに時間かかる)ので適当な宝具があってもそれを出すには余計な時間がかかると思ったから戦闘時には刺突出来る武器系(剣・槍)をランダムに射出してるだけなのでは?
    取り敢えず何度でも言わせてもらうと「同じ土俵で戦ってくれてる時点で超手加減」ってことだね! あとまぁ「明確にイメージ」しなくても「なんか毒ガスとか呪いとかの、アイアスで防げなさそうな攻撃できる宝具ー」とか雑にイメージしても幾らでも出てくれそうなイメージではある(笑)
  25. >33c お答えありがとうございます。バッドエンドでも相打ちかぁ・・・。なんというか、つくづくそういう運命なんだなぁ。ヒロインが士郎に惚れる以上に確定した運命なんじゃないかこれ。
    主人公だからな!!
  26. 37>「召喚された時の外的要因でステータスが変わる」……まぁぶっちゃけキャラ多すぎて設定するのがめんどくさいんでしょうね(笑)じゃないとEXTRAでトップサーヴァント扱いだったイスカンダルのステータスがウェイバーちゃんがマスターだった時と全く同じという冗談みたいなことになっちゃいますし
    そうなのよねー。瀕死設定(笑)
  27. >40というか前の3 「ライバル」の主人公もそういえばガラスの剣と言われていたような。序盤しか読んでないけどあれはどうやってアウトボクサーで話を持たせてたんだろう?
    なんかエロかった記憶だけある。
  28. >9 そっすかー。私は、米軍の攻撃受けて大ダメージ受けたっぽいけどすぐに対応されてああなった、感の方が強かったんで、核使うって言いだした時、も殺しきれないだろうなーつかこいつ死なねぇんじゃね?と思いましたわ
    いわゆる、今までのゴジラの多くが「これ通常兵器じゃどうやったって倒せそうもない」という存在だったのに対して、「作中ではやれなかったけど、通常兵器のゴリ押しでも倒せる余地が普通にあった」のがシンゴジラだったってことだねー。
  29. 前の34です。怪獣惑星観てきました。で、思ったのが「反逆者扱いされてのスタートだった主人公をメイン指揮官にするための過程として、部隊とともに正指揮官に戦死してもらう必要があった。その際戦力も激減したが主人公の活躍で宿敵に勝った!カタルシス!」って感じが出したかったのかと感じました。けど、俺的には「最初の反逆パートなしで、最初から万全な信頼と戦力と戦略を展開して戦うもゴジラの力はすさまじく窮地に追い込まれるが、これまで積み重ねた攻撃の効果が利いてきて最後に主人公の捨身で勝った!」の方が良かったなぁ、と。敵が強大過ぎる場合はそれをより引き立てての「王道展開」のが燃えると、そんな感想でした。
    地球の全力で勝てなかった相手なのに、これ以上縛りプレイ要素多くしてどーすんだよ状態(笑)
  30. 38 鉄華団の仲間の命だけでも助けたいと思っての行動 > それは充分理解できますし、行動として間違ってはいないと思います。が、個人的には「俺の知ってるオルガは、その選択だけはしない」だったんですよね~。どんなに苦しく追い込まれている状況でも「ギリギリまで(自分も含めて)生き抜く」ために足掻き、それでもどうしても誰かが死なねばカタがつかないのなら、「自分のみ」が犠牲になる道を探して選ぶ男、プラス生き抜くためにはどんなに汚いことでも非道いことでも何でもやる、でもそのことを正当化はしない男、この2点に対する変節が悲しかったんです…。しかもあの行動の前に、鉄華団メンバーとの真・友情パワーを確かめあってからのアレなのがさらになんとも…(血涙)。
    放送時の「マクギリスは仲間じゃないから敵に売ったって別にいいんで、オルガは無罪」という意見は切なかった。
  31. 妹さえいればいい>メディアミックスに関するあるある…にしては生々しいな。この作者の作品はアニメにしろコミカライズにしろ恵まれたほうだと思うのですけど。実写…版…?ううっ、頭が…
    ああ、僕は友達が少ないの人なのかー。アニメも実写も観たことないのでなにも言えないが!
  32. 42>聖人である事、聖杯に望みを持たない事、がルーラーの条件ですね。FGOだとマルタさんもこの条件に該当しています。そして天草はアインツベルンがズルして呼び出した結果バグったものなのでキャス子が呼んだアサシンのように条件に該当していないという。
    アインツベルンはホントトラブルメーカーだな!
  33. ゴジラ>誘導部隊のあんな装備で、熱線が掠めたのに悲鳴上げる余裕があるのが、ずいぶんぬるい熱線だなって思いましたね。あと金属細胞の植物や生物、50mゴジラの熱線に300mゴジラの音響攻撃って、つまり2万年たったら地球が惑星Ziになっていて、デスザウラーを倒したと思ったらキングゴジュラスが出てきたと。
    むしろゴドスを倒したらキングゴジュラスくらいであって欲しい(ガリウスと言わない優しさ
  34. 1> 「相手の知力を自分と同等以下にする能力」とか能力バトルものだと使い方次第で凄く強い気がする、能力者自身は自分本来の知力(もともとバカ)だから変化なしなわけだし。
    間抜け時空みたいだな(笑)
  35. ゴジラガメラなど怪獣大好き女子高生のちょっと切ない日常マンガ「いに怪することなく獣じつしたひび」というのがあるのだけどKindleにはなってないのよね。
    前にも拍手で紹介されたが、その時から今もKindle化されておらず!!
  36. >>16 単純にギルが盾か鎧出して次にZEROで出た乗り物出せば詰みだよね?って事。そもそも白兵戦に付き合わないだけでナメプのままでギルの余裕勝ち確定。
    そうそう、それそれ。
  37. >27.b.亥の「湯水のごとく」は弾切れしなくなるスキルだそうですが銃身の加熱もカバーできるのか気になります
    それは無理そうだよな(笑)
  38. >一般的なルーラーはキリスト教の聖人じゃないといかんよな あれ、聖人限定なんですか…。ロベスピエールとかジャンヌ達より向いてると思ったのに。ロベスピエールみたいなルールに厳格な英霊がルーラーだったらどうなってたんですかねえ。
    実は「ルーラーはルールの裁定者だが、厳格に裁定を下すルーラーは前例がない」だな(笑)
  39. シンゴジラ君は進化の可能性としてはシリーズ随一でしょうけど、作中はそこまで至らずに終わってしまいましたから単純な強さで言えばシリーズでも弱い方ですよね。
    だねぇ。将来性はヤバ過ぎるが、通常攻撃が通じる防御力で動きが鈍重なんで比較的対応し易い。
  40. >ファッキンシットなデブサル なんじゃそりゃ。史実通りハゲで女たらしの借金王にした方が魅力的に思えるけど…。製作陣からしたらハゲはダメだったのか?
    俺は性別が違うのは赦せてもデブ化は無理というダブルスタンダードを惜しげもなく晒させてもらうぜ!!
  41. >43 自分も大好きだけど、奇乳キャラとホモネタだけが合わなくてつらい…!
    例外的に妙にとんがってるネタだな。まぁ俺は平気ではあるが、無理な人もいるわな。
  42. >55 ステーキのコーンは存在意義が謎ですね。ナイフフォークじゃ食べにくいし・・・穀物だからご飯代わり?
    野菜も採らないとね!!……というアメリカンスタイル。
  43. お姉さんキャラとして何か足りないってそりゃ眼鏡だろう!何故あのタイプのお姉さんやるのに眼鏡外した……
    無能過ぎる……!!
  44. 17 剣と魔法の異世界に召還された少年はテニスプレイヤーとしてかなりの腕だったので >多くの人は思っただろう・・・「テニスの王子様」の連中だったら何の不思議もない、と
    戦闘能力に応用が利く能力持ち多っ!!
  45. 9 >シンゴジラの怖さってのは現実に起こりうる災害に遭う人間を描写してる恐怖ってのがアルト思います。トンネル崩落、マンション倒壊、高レベル放射能の拡散、大火災、地下鉄・地下街に閉じ込められての停電、核攻撃寸前まで追い詰められる首都、etc、これらによる避難生活を強いられる人々、怪獣という要素がなければ近年ニュースで見聞きするようなものが多いですよねぇ・・・
    ヒューマノイドタイフーンみたいな。
  46. >くろアゲハ ギャグのネタも時代に合わせて色々出してきますよね。過去のコスプレサバゲーは色々な意味で爆笑してました…あんな時間停止パロずるい…
    コスプレサバゲーは傑作だったなぁ(笑)
  47. 怪獣惑星 >実は2万年前も弱点見つけた学者は相当数居たが発言力が無さ過ぎて相手にされず、記録にすら残されなかった可能性…
    やはり主人公上げのために他がバカになる時空……!!!
  48. ガルパン完結編> ガンダムOO劇場版みたく冒頭でリボンの武者が劇中劇として上映されて呆気にとられる来場者。
    自分の作品よりも先に自分がアニメ化された野上。
  49. 22a> ゆでたまご作品が面白い要因のひとつは、物理法則がいい加減だったとしても 「このキャラがこんな事されたら こんな風に返すのも無理ないよね」と読者が思えるようにキャラそれぞれの道理や作品におけるアイデンティティーはブレさせない所にあると思います。同じ理由でジョジョも面白い。
    そのへんはもう、ほんと長年の積み重ねのなせる技(笑)
  50. くろアゲハ>まさか、「感謝してんだ」と下のバイクで横になっている女、同一キャラ……!?
    そう、そのとおり! しかも下が「カメレオン初登場時」で、上が「カメレオンの作中時間的には終盤」だ。
  51. >35 膣ぱっくりに見えた。 疲れてるのかな…
    エロさでは似たようなもん。
  52. 竜の逆鱗も鳳凰の羽根も足りないのでぼたん雪級のドロップはとても嬉しい…!
    でも冷静に数えたら羽根のドロップ率が超低くて、ちょっと残念(笑)
  53. 2>大葉さんと飲み会とはうらやましい!    と同時になぜか頭をよぎるハルシオン・ランチ(笑)
    それはダメだーっ!(笑)
  54. >くろアゲハ ぞ、続編で前作の時代にタイムスリップ!?大丈夫?究極の超人タッグ編みたくならない?
    くろアゲハのキャラが相沢と椎名のコンビ相手に楽勝したのがスゲー切なかったけど、つまらなくはない(笑)
  55. >>11 小説ではなんとなく誤魔化してるけど映像化したら見まごう事なき超人そのものなんですよね。多分、あの異常な強さにも本当は理由があるんだろうと思うんですが。
    当時疑問を口にしたら「あれくらいなら超人じゃなくても出来ますよ」と言われたが、無茶過ぎるだろっ(笑)
  56. そういえば大佐は宝石の国のアニメは見てないんでしょうか?すごく面白いんですが、CGアニメで独特な世界観のせいか周りでは見ている人間がいませんorz
    4話あたりを一回観たことがあるだけだなー。
  57. ああいうコラボタイトルにVSとか対を付けて戦わないのってどこからの流れなんでしょう?
    マジンガーZ対デビルマンじゃないのかなー(笑)
  58. >> そのダサさはギルガメッシュ本人も自覚がありそれが剣を掴む躊躇に現れている、でも高笑いで勝てばいいのだと声高に叫ぶジョジョの奇妙な冒険のDIOとかもどうなのよと思うのでダサさを自覚する人間くさいギルガメッシュの方が好きです
    それはまぁ、落とし穴目線かなーってことで。
  59. >>すんなり共闘 いきなり殴り合い宇宙な漫画版。まあ正義性の違いなだけで「きさまが黒幕かあっ!話しなんか聞かんわ!今すぐにくたばれえぇぇぇ!!」てな感じではないですが(笑
    潤滑油としての仕事を期待できないヒロインの性格に問題がある分、ヒーローは打ち解けるのが早かったアニメ版(笑)
  60. a. 2>大葉さんもギャバンの原作者じゃないから、思うところあっても言えないだろうなあ…。 二代目はあれだけキャラ変えたらオリジナルのファンが喜ぶわけないから新規の宇宙刑事にしておけばよかったものを。あいつは「宇宙刑事ヤバン」に改名してブートレグのスーツでも着せとけ。
    b. >2.新ギャバンやスーパーヒーロー大戦は主にプロデューサー(白倉伸一郎)、脚本(米村正二)、監督(金田治)が原因な気がするんですよね。最近の東映映画で不評な作品の殆どはそのPや脚本や監督のいずれかが関わってる作品ですし
    a.聞かれても困るだろうから我慢(笑)
  61. 異世界へ転移した男がモンスターを生物学的に調べて回る「科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日誌」はちょっと面白い。エログロあり。
    おおお、作者が苦手な人だった……。
  62. ストレンジフェイク>召喚しているモノが同じものじゃないし、世界も死生がいる世界といない世界で別ですし、あの世界のギルができることがSNの世界のギルもできるとは限らないのでは? 実際に士郎とアーチャーと無銘で能力は微妙とはいえ異なるという実例がありますし。
    もちろん「絶対できる」なんて断言できないのだけど、ステータスが明らかにガタ落ちしていることもなく、ストレンジフェイクで宝具能力がほかと比べて極端に強いとされてる設定もないので、「とりあえず同程度として話を進めさせてね!」だなー。だが個人的な願望でなら「stay nightのギルは他の作品のギルと比べて超絶弱いです。王の財宝の能力も1%くらいしか無いです」とかだとしたら、とても嬉しい。
  63. >>ぶれす ”コメディじゃなかったら” これなんだけど、コメディはコメディでも普段の作風によっては不快行動になるってのがある(勿論コメディじゃない作品でもだけど)。作風、世界観によるものだけど、突っ込み役含めても基本的にヤベェ連中しか出てない、うすた作品、木多作品、漫画単体だと「よんでますよアザゼルさん」とかなら、普段の行動で慣れてるからゲラゲラ笑うか平然と出来るかのどっちかなんだけど、いつもそれなりに軽いギャグの作風なのにイキナリ振り切れてるギャグかまされると「お、おおおぅ・・・・」って引く。
    もちろん「コメディだろうがてめぇはムカつく! 笑えねーんだよ!!」ってことは多々ある(笑)
  64. まりんこゆみ7巻をついに読み終わった。なんか最後凄いとんとん拍子で終わってしまったけど、モレノさんの生前から決まってた終わり方なのかな? 途中から自衛隊の話ばかりになったし、まりんこ成分が薄れた気がして少し心配だったけどちゃんと完結して良かった良かった。とりあえず今は叫びたい。  「リンダァァーーー!!」
    モレノさん達と温泉に行く約束してたのが、果たされないまま亡くなられたのがほんと心残りでなぁ……。
  65. Amazonの広告で見つけた「島村卯月 HOT LIMIT Ver. 」というフィギュアが超エロい。しかもTo LOVEるの美柑が成長した姿にも見えるので別の意味でも興奮した(笑)  何でだろう・・・顔が似てる?
    ToLOVEるは読んだこと無いのだ!!
  66. ぶれす。爆乳ではなくてもいいから、眼鏡女教師で接客してくれ
    まったくだよ!!
  67. 40>二回以上前の拍手コメが見れないからもう出ていたかもしれないけど、村上真裕『チキン』(2001)は「神のごときディフェンス」と「ハエも殺せないペチペチパンチ」、ゆえに無敗だがKOゼロという異色の主人公だった。彼がチキンと罵られてもまともにパンチを出さなくなったのは理由があり、上手くはないが個性的な絵で一部では期待されていたのだが、残念ながら1巻だけで終わった。
    ああ、判定だけで勝つ気ならパンチ力要らないのか……と思ったが、そもそもスピード(=威力)が無いパンチなんて当たらんわな(笑)
  68. >22.ギアスR2の展開について酷い思うことがあっても、こうして10周年を迎えた今総集編映画が作られさらに完全新作映画まで作られることを考えると結局のところ少数派の意見でしかないんだろうなと感じる
    ことあるこごとに「SEEDなんて叩いて当然ですよね?」といった体で話を振られ「いや俺は別にそんな嫌ってないし、スゲー売れたから人気は認めてるよ」と返すと「売れてようがクソです!! あれは内容で売れたわけじゃないです!!」と怒られるパターンを思い出す。僕はギアスR2が好きだという人に対して「お前は間違ってる!」なんて言ったことはないですが!
  69. プリンセス・プリンシパル円盤3巻、洗濯工場回のコメンタリーによると、脚本の段階ではおめかし営業シーンで眼鏡を外していたのを、橘正紀監督の判断で眼鏡続行に変更したそうな。曰く、「外したら可愛くなるっていうと眼鏡悪いみたいな感じになっちゃいそうだったから、ちゃんとこれをチャームポイントにして可愛い子になったっていうのを描いてあげようと思って」
    柏葉剣付き騎士鉄十字章を授与せよ!!!
  70. ようやくアニゴジ見てきました。何のかんの言ってもやはり人間が知恵と死力を尽くしてゴジラに立ち向かう姿はいい。そしてそれをぶち壊す真ゴジラの出鱈目ぶりがよかったです。あとシンゴジの対空・尻尾レーザーに続いてアニゴジではゴッドヴォイスに尻尾から斬撃波と新技が増えたのもよいです。
    僕は最寄りの映画館で公開最終日だったのでマイティ・ソーを観てきたよ! M16があれば並のヴィランなんて怖くない!!(えー
  71. >> 合コンか。そういや大佐って合コンはしたくないってことなんです?色んな知り合い多そうだから、やろうと思えば誰かに開いてーって感じで頼んだりすれば出来そうだけど。
    合コンセッティングしてくれる友人という時点で特に思いつけないんだけど、それに加えて合コンセッティングしてもお前じゃ無駄だし……って思われてるんじゃないですかね……。是非もなし……。
  72. おんな城主直虎、信康、築山殿の死亡回来ましたが本当にこの作品は上げて落とすの容赦ないですね。それまで理想の跡継ぎ息子、理想の親子関係ということを強調してきたのは全てこのためだったんだよ!という剛速球。みんながどれだけ最善を尽くしてもどうしようもないことは存在するということを、そんなことは戦国乱世に溢れているということを叩きこんでくる。だからこそ直虎の平和への願いが重みをもってくる。去年の大河が戦国乱世にノリノリの人物多数だったんで比較で余計にそう思うのかもしれませんが、本当現代に生まれてよかったです(笑)
    氏真が格好良いと噂に聞いた。
  73. FGOいい加減最終特異点クリア前提のイベントに参加したいと思い、7章まで来ましたが・・辛いですねえこれ。例えるなら1戦1戦箪笥の角に小指をぶつけなきゃいけない気持ち。
    何気に義経と巴御前を同時に召喚して共闘させてたギル様のマスター力が凄い。
  74. 腋とあばら。ワダツミさん向けだね。 URL
    これは腋ではなく脇だな(大好きです
     
11/20
  ■アニメの消化がさっぱり追い付かないけどインフィニティフォース

 
 子供の頃、「マジンガーZ対デビルマン」のビデオをウキウキでレンタルして観たら戦うんじゃなくて共闘してて騙された気になったワダツミさんですが(でもそれはそれとして面白かった)、今ではすっかり「ヒーロー同士の仲違いとかどうでもいいんで熱い共闘観せてください」となっております。つまり出会い頭のいがみ合いなく共闘しているインフィニティフォース大好き。
 それはさておき、最強の敵にぶつけるのは、最強のコピーって展開はお約束なわけですが、能力がスライドしている必要があったのだろうか、という微妙さを感じるのであった。
     
  ■ぶれす

 
 コンスタントに着替えシーンを与えていただき感謝の極み。

 
 
 眼鏡かけたまま接客させないでオタク向けカフェやってるとか舐めてるのかぁぁぁ!!(落ち着け
 お前みたいな店長が眼鏡っ娘AVで途中から眼鏡外す監督になるんだ!!!(落ち着かない

 
 コメディじゃなかったら確実に警察沙汰な人格矯正ぶりに「笑っていいものなのか」と若干引いたのは秘密だ。
 本当に性格変わったんじゃなくて、あっさり笑顔に戻ってくれてホッとした……!!
 しかし苺香さんは、「目つきが悪い」ことのほうが圧倒的に少ないせいで、可愛い笑顔を簡単に披露しないほうが、設定のメリハリが利いてくるよなーと、4話まで様子を見ながら改めて思いましたとさ。
 てーかマジで最新話が遠い! 追いつける気がしねぇ!!
     
  ■おそ松さん

 
 そら上着脱いでこんなセックスアピールされたら「撮影していいですか?」と言いたくなるのを堪えるのに大変なことになるわ。
 まぁ合コンなんてしたことないですけど! ハハハ!!!
  ■くろアゲハ

 タイムスリップしてカメレオンの時代が舞台になってしまったわけですが!!

 
 ジュンナが初登場時と比べて異様に可愛くなっていて惚れる(笑)
 長期連載中に絵柄が変わるなんて日常茶飯事だから、これが特別凄いとか言うつもりもないんだけど。
 この作者って時代に合わせて女の子の可愛さも順当に対応してきているのがスゲーよなぁと常々感心する。
     
  ■ゴジラ怪獣惑星

 新しい感想があるとかそーいうんじゃないのだが、書き忘れたことがあった!!

 観る前って「怪獣によって地球から叩き出された人類が宇宙船作って移住した後に、地球に戻ってきて怪獣を駆逐しようとする話」って認識だったので「移住した惑星で長い時間が経過、再度発展し、テクノロジーも進歩したことで、『先祖は負けたが、今度は俺達も強くなった!』と、万全のリベンジ態勢」で地球に殴り込みをかける話だと思ってたのねー。
 蓋を開けたら「地球から逃げ出した移民船が移住先を見つけられず、やむなくUターンして起死回生の特攻作戦」だから、よもや「技術はビタイチ進歩しておらず、ろくな戦力も残っていない。ただただ『主人公が超天才でゴジラの弱点を見つけました』だけが勝因」っていう「お約束っちゃお約束だけどさぁ」な話と思ってなかったんだよなー。

 やはり「ゴジラと戦った経験もある軍人たちや、見たことがある生き残りの記憶は曖昧になっており、更に残されたデータは間違いだらけでゴジラのサイズも強さも全然違ったけど何故か弱点を割り出すことに必要なデータだけは正確で、運良く作戦は成功した」ってことで、実際に地球人を叩き出したゴジラはラストに出たヤツってことで一つ! どうか!!(それもどうなんだ
  ■WEB拍手
メールフォームで送るまでもない一言なんかをどうぞ。
複数行に渡っていたり、マジネタはメールフォームな!
送信のルールはメールフォームに準じます。

WEB拍手FAQも読んでくれ!
長くて邪魔だって人もそこに答えが!
  1. ケイローンもジークフリートと同じく、善属性だから弱い者を助けたいという感情がまずあって、その後のどうこうはライダーの「理性蒸発」の影響で考えられなかった。とかいうオチな気がする。キャラを馬鹿にする為に「キャラを馬鹿にする能力持ち」を作るなんて力業は本当に凄いと思う。(呆れ
    他人にも影響及ぼすのかよっ(笑)
  2. >1 スーパーヒーロー大戦や新ギャバンの不快さが限界を突破してライダーや戦隊の映画を見に行かなくなったのが私です。東映はディケイドでやっちゃダメなことを学んだからこそゴーカイジャーが名作になったと思ってただけにこの辺の映画のクソっぷりは「もう何も信じられない!」となる衝撃でしたなあ…
    俺も俺も。このまえ大葉健二さん達と飲み会する機会があったんだけど、流石に「大葉さんはあのギャバンどう思ってるんですか!?」とかは聞きたくても聞けずに我慢した(笑)
  3. a. 12>エンドレスエイト…うっ頭が… まああれも観測者は居るし薄ら覚えてたりしますが。スペース☆ダンディ…はちょっと違うか。ギャグだし。
    b. >12 涼宮ハルヒの憂鬱のエンドレスエイト・・・だいぶつらいけど
    c. >12 BADじゃないし毎週でもないけど、エロゲ原作としてはヨスガが近いかな?
    d. 12.毎週バッドエンドになって記憶引き継ぎとかなしに翌週時間巻き戻して別選択肢でお話を続ける作品>ぎ、ギャラクシーエンジェル・・・!!
    e. 12>「ひぐらしのなく頃に」出題編とかが近いのかなぁ。主人公には記憶がなく、ピックアップされるヒロインが異なるという意味で。
    f. 12>バッドエンド限定でないのであれば記憶の引継ぎがないループは、コンシューマ化もされた「CROSS?CHNNELE」がありましたけど。閉ざされた数日間をずっとループする世界なので、根本的にループを終わらせることは不可能で、しかも記憶の引継ぎがないので違う選択肢をとっても「前回と違う」という認識を持てないという。後に記憶はダメでも記録を引き継ぐ方法は発見されて話は前進しますが、この話の一番しんどいところは「ループ発生前の事件で空中分解してしまった仲間達との絆をループ中に取り戻すことができても、ループの最初に戻されると全て無かった事」にされる点でした。
    f.ゼーガペインでもあった辛さ!!
  4. 1>「ゴーカイジャーvsギャバン」は本当に面白かったのになぁ。自分がゴーカイジャー好きなのもあるけれど、「昔の役者が客演」するタイプの作品の中でも新旧どちらも貶めることなく、リスペクトが感じられて面白かったと思います。
    あの映画は最高傑作。
  5. カウレスとゴルドの担当サーヴァントは逆の方が良かったよなと両者の性格を見てるとつい思ってしまいます。決してフランちゃんが悪いというわけではないんだけれど。
    物語的には「ガチで道具扱いされるフランちゃん」は辛いが、本編のような問題もなく普通に使い潰されそうだな。
  6. ゴジラのスペックについては記憶に関しては印象とか劣化とかで変わってしまうし、元々断片的なデータしか残ってないから、精確な情報ではなかったで説明は…つくかなあ?
    つかないけどつくことにしてやるからそうしてくださいお願いします。
  7. a. 道士郎とお茶を濁すの打ち切りは他の方が言っているとおりサンデーバックステージの方で否定はしていますよー URL貼っておきました。2006年の奴と2009年のやつです URL
    b. >20 サンデー公式HPのまんが家BACKSTAGEのコーナーでちょこっと触れてますね。「道士郎と健助の物語は描き切ったつもり」「(他作品終了時)あれー、またやっちゃいましたか!すみません、打ち切りじゃないですよ。だめですね、毎回こんなこと書いてちゃ。」流石に大御所的立ち位置になってきててそれなりに自由に描かせてもらってる感ありますね。
    c. 24のbです。道士郎打ち切り疑惑ですがWEBサンデーにまんが家BACKSTAGEというコーナーがありましてそこで作者が道士郎と健助の物語は描き切ったと言っているのですね。エリリン可愛いですよね!そりゃあの娘の笑顔のためなら健助も男になるさ!ラストはみんな落ち着くところに落ち着いたな、と思っています。悪役含め。しいて言うならロリコン疑惑のサータンが可哀想ってくらいかな(笑)
    そういやサータン、すげー勝ち組だった。
  8. a. >6 DEEN版で一番印象に残ってるのがボンテージ桜。シリアスなシーンのはずなのに笑いしか出ませんでした
    b. >6 ゲーム版のファンでDEEN版見た事無いんですがそんなに酷いんですか…。ネタにしかならないレベルなのか、それ以下のネタにもならない見るだけ時間の無駄というレベルなのかな?
    先日、アマゾンプライムであるから久々に観返してみるか……と思ったが日々のアニメすら消化しきれねぇ!!
  9. シンゴジラも、それで勝ったの感を先のTV放送見て感じましたが、日本の叡智と技術と資材全部投入して、世界中のスパコンも総動員しての結果なので納得もできたけど、アニメの方は残念な結果になったようですね
    シンゴジラはまぁ「作品から受ける強さ・恐ろしさは凄いが、冷静に考えたら米軍の攻撃で大ダメージ受ける程度の強さ」といえばそんなもんか、ではあったんだよなぁ。
  10. 16> つまり当時の日本の工業力ではチハたんが順当だったって事ですね。海軍の旧式化した3インチ高角砲とNVNC鋼、それに600馬力くらいの航空機用水冷ガソリンエンジンを流用したら小マシな戦車が出来たんでは?と思ったんですが・・・。 by うっきー
    そんなエンジン積んだとしたら、足回りも燃料も用意できないんじゃないかな(´・ω・`)
  11. 28>スバルは死に戻るたびにステ値補正が増えてるとか、そういうのな気がしてくる
    自分がアニメ見てた範囲ではなんら説明なく超人で、不思議だった(笑)
  12. >7 黒陣営でセレニケってアストルフォをペロペロする以外に何かしていた覚えすらないですね・・・
    サーヴァントもマスターも役立たずどころかいないほうがマシだったコンビ。
  13. >10 制作側は切羽詰ったオルガの焦燥感を出したかったのでしょうけど、あれは頂けないですよねー。ハナからマッキーを売る気はなく、鉄華団脱出経路確保の為の時間稼ぎとして偽の取引をやってたとかならまだわかるんですが。
    超えちゃいけないライン超えた。
  14. a. >22 大佐呼びコメントが続き、大佐=ワダツミさんと認識。当時の字数制限の中、短く呼べる大佐表記が広まった印象があります。ワダツミさんは「大佐でも何でもないんだけど何で?」 と、当時から疑問に思っていたコメントを返していた記憶があります。
    b. >22 ・・・え、えーっと・・・”大佐”って今後も使っててもいい・・・?(汗) 嫌なら”ワダツミさん”って書くことにするけど大佐の方が二文字で済むから楽なんだよねぇ(爆)
    b.問題ないよー(笑)
  15. アポ 賛否ある作品ではありますけどモー獅子コンビとカウレス君は安定して評判いいですねー
    なんというか、「面白い話」って一般的に「(メインどころに)嫌なキャラがいたとしても、それは与えられた役どころとして機能していてるから」と思えることが多く、「キャラクターや物語の造詣レベル」としては「好きなキャラクターや展開」としては同じくらいの水準に位置するのだが、Apocryphaはそれが凄くいびつに感じている。「上手い作者と下手な作者が共著している」みたいなちぐはぐさ。「好みの作者と好みじゃない作者」と置き換えてくれてもいいけど!
  16. ゲート・オブ・バビロンに対応できる>そりゃあ、武器を振るうだけの人より固有結界を展開して無数に武器を同時に操れる人のほうが防ぐのは楽だと思いますが? それにナメプですが士郎はアーチャーとの戦いで身体能力が強化されているので固有結界を展開した後によーいドンという白兵勝負なら士郎が勝てるって認識なのは間違ってないと思いますよ。士郎が投影できない武器を出せばいいという意見はエアが対処されていますし。それでもナメプだよっていうのならセイバーが小次郎戦で魔力を気にせず最初からカリバー使ってれば楽勝だったというレベルの話になるんじゃないでしょうかね。
    エアなんて大砲持ち出さなくても、幾らでも士郎が防げない宝具を出せるのに出さずに、「敢えて士郎が防げる攻撃だけしている」から、セイバーがエクスカリバー使わないとは違うと思ってるなー。ギルが舐めプしない場合、士郎に「あらゆる攻撃を防げます」って能力設定がないと、エア使うまでもなく「様々な攻撃手段を行える宝具群」で簡単に殺されると思うし、防御にも宝具使うことになるから、そもそも士郎の攻撃が一切ギルに通じないと思うよー。
  17. 28 筋トレしかしてなかった主人公が > 「剣と魔法の異世界に召還された少年はテニスプレイヤーとしてかなりの腕だったので、その応用で剣を振るう」というマンガがあったような
    それは知らないけど、群青戦記はスポーツ上手な高校生が応用して戦国武将と戦うな(笑)
  18. アニゴジ:ゴジラを倒したと思ったら、全長300メートル超えのゴジラ登場 > これがラストシーンだとしたら特撮映画版でよくあった「ゴジラはやっぱり死んでいなかったエンディング」という認識でOKなんですかね?。だとしたら、自分的には結構ガッカリ目な印象です。そこが中盤とかなら、かなり期待できるのですけどね(苦笑)。あと大佐の感想から見るに、ありきたりな表現で恥ずかしいですけど、やはり「アニメでしか実現できないゴジラ」はやってくれなかったんですね~。特撮・実写もの→アニメの自分の理想形は「ザ・ウルトラマン」なんです。この作品では、ウルトラマンの超巨大化とか敵の軍勢vsウルトラマン軍勢の大スケールバトルとかが実現されており(あまりメニアックな語りになる前にやめときます)、実写では難しい表現ができるアニメの良い所が存分に発揮されていました、アニゴジはどうも「そう」はなってなさそうで、残念です。自分のイメージでは、まぁまぁな出来のハリウッドSF映画っぽいものみたいな印象なんですけど、そんな感じなんですかね?。
    ラストシーンだねぇ。3部作だからねぇ。
  19. 怪獣惑星見る気なのでワダツミさんのレイプは目を細めて怪獣黙示録必須ぐらいまで見たのですが、あの文量だと面白かったでいいんでしょうか?
    俺にとっては面白くなかったなぁ……。
  20. >1 まさかの復活!最初の作品であるゴーカイジャーvsギャバンが、あれほど「スーパーヒーローぼくらのギャバン」作品だったのにね…。先週、東映youtubeでシャリバン最終回「赤射・蒸着」を見て、やはり宇宙刑事最高!となっていた自分としては、誰かそういうのを止めれる良識ある大人はいないのか!となってしまいますな~。
    そして2代目ギャバンが何度登場しても毎回酷い。
  21. 一応ギルVS士郎については、ギルの強みのいくつか(強い英霊には大抵弱点があり、それを突ける宝具原典をギルは持っている、など)が士郎には通用せず(そもそも強い英霊じゃないので大層な弱点逸話も無い)、エミヤの弱みのいくつか(究極の1にはかなわない、無限と言ってもギルのように「すべて」を持っているわけではない、など)がギルに対しては弱みにならない(エアは置いといて基本GOBは究極の1ではない、ギルがお手本見せてくれるのでそれをコピーすれば、など)というのはあるわけですよね。それでもギルがエアでなくとも士郎がコピーしにくい類のものも遠慮なく使っていれば、というか鎧を着てさえいれば腕斬り落とされることは無かったのでしょうが。
    鎧に加え、ストレンジフェイクで登場する自動防御宝具(アーチャーヘラクレスのビームのような射撃も防ぐ)も遠慮なく使ったら、ただ立ってるだけのギルを殺すことすら無理に思えてくる(笑)
  22. a. 27 ギアスも序盤が相当面白い分、つらいですよな。映画版というか、Re:バージョン?はどうなるのでしょうかね~。ま~個人的には、なにはともあれ面白くさえあれば少々ぶっ飛んだ内容だろうとOK!なスタンスなのですよ。自分、超ゆでたまごファンッスから!(笑)。
    b. 27>ギアスはなぁ(笑)当時毎週視聴していて、終盤の合衆国の連中が宰相閣下の超説得で変節したのは絶句しましたね。勢いで一緒にやっていた扇グループメンバーが我に返って保身に走ったはまだ判らなくもないけど、如何にギアスで人を操っていたとしても合衆国がルルーシュ頼みの組織であることには変わりはなく、それを藤堂や星刻ですら説得されてしまう展開でしたし。結果、最終決戦で敵だったシュナイゼルと同盟と言いながら一方的に使いつぶされる展開は正直「お前らそこでみんな死んどけ」とまで思ったほど。
    c. ギアスも終盤酷かったですねえ、ルルーシュも不穏な行動しまくってたから騎士団の裏切り展開は良いとしても、そのきっかけが今まで迫害され続けてて、かつさっきまで戦争してた敵国の実質トップが持ってきた情報全部信じてとか、本気でどうしようもない。しかもその後も流れでその敵国と共同戦線張っちゃうし・・・いやそこは様子見して漁夫の利狙えよと。せめて藤堂やシンクーはもうちょっと考えろよと。
    a.結局「こまけぇことはいいんだよ」で面白い作品と「そーいうところを疎かにするからつまらねーんだよ」は紙一重ってことだからなぁ。
  23. a. 11> それよりあんなあっさりバハムートが倒されるってのが納得いかん。全次元規模の脅威だろ。絶対失敗すると思ってたのに。まぁ完全には滅んでないっぽい描写が最後にあったけど
    b. シャリオスがあの超兵器を秘匿して悪魔と天使弾圧に走ったのは、下手に超兵器の存在をばらすとそれを巡って余計な争いが起きる⇒肝心のバハムートに使えないことを恐れたのでは?と推察はできるんですけどねー。演出・描写不足は全体的に否めません。
    バハムートと対をなすティアマトがFateでも恐ろしい強さだったしなぁ(作品が複数混ざっている
  24. 特別扱いを明言されているネロはまだしも、デオン、ジル(剣)、カエサルの3名はセイバークラスに相応しいスペックなのかは疑問があるところですね。「型月世界では史実や逸話にないだけで、3名ともセイバーに該当するチートスペックの持ち主なんだよ」みたいに無理矢理にでも納得するしかありませんが。「低スペックじゃセイバーは無理」→「セイバーに相応しいスペックだった事にしよう」などのように卵が先か鶏が先かになってる気がします。
    史実を見たら、全員高スペックでもおかしくない実績はあるってことではあるんじゃないかなー。ファッキンシットなデブサルに関しちゃ、「今からでも史実準拠のカエサル出せや」としか思ってないんで、ノーコメントですが(笑)
  25. 17>「お前が超絶手抜きをしてくれてるなら、オレの能力でギリギリどうにかなるかもしれないぜ!」って、言い回しがギャグ漫画日和を強く思い出させる(笑
    たしかに今簡単にソードマスターヤマトの雰囲気でイメージできた。
  26. 26>なんとなく理解できていたけどぼんやりした認識だった俺ですが、すごい分かり易い要約でめちゃくちゃ納得がいった!
    「突然キャラ崩壊した」パターンの中でも「より悪い意味」って感じだわな。
  27. a. >15 あのスピーディさにしては厚みも十分あるとは思うんですがやはり総合的に見て薄いですよねえ
    b. 15>明らかになった能力は死体を操る、頑丈、砂にする、鳥と話せる、毒を産み出せる、弾切れしない…かな?酔拳とか爆弾とかは技術なのか分からないので保留として、弾切れしないのは霊丸的な物を撃ってるのか銃弾を錬成してるのか?
    無限バンダナ能力スゲーよな。
  28. >8 そこで「こんなザコには縛りプレイのまま勝たなきゃ我慢ならん!」となっちゃうのがギルなんですかね。そうなると土壇場でエア抜こうとしたのが説明つかないというか凄くカッコ悪くなりますが・・・
    あそこで往生際悪くエア抜こうとしているのはほんとダサい(笑)
  29. 低ステセイバーネロ>赤王は例えるなら「仮面ライダー電王のソードフォーム」みたいなもんでしょうか…技量も頭も無くはないんですがつまるところ「戦いなんてもんはノリと勢いがある方が勝つ」「常に調子に乗ってるから手強い」枠。……つまりノリと勢い以外は何もなく調子がでなけれりゃ総崩れ…… (ちなみにネロが皇帝やってたローマは現アンツィもといイタリアの首都)
    こやつめ!! アンツィオと同じと言いたいからって、イタリアの首都がローマなことくらい知ってるわっ(笑)
  30. >アニメゴジラ 見に行こうかどうか迷ってた所、大佐の感想を読んで「・・・うわ、どちらかというと後者かも」となった(笑) でも純粋に映像を楽しみたいという気持ちも残ってるので、映画の日とかなら見てもいいかなぁ
    一応観るだけ観とくといいかもね!!!(無責任
  31. a. 自分もやり過ぎだなあってなった側ですが小説とか映画冒頭の描写と比べると明らかに弱かったので見た目が同じだけで戦闘力的には2万年前の方が強かったのかなと脳内補完しております。最後のはサイズ以外も明らかに殺意マシマシでしたしあの個体だけおかしいのかなと。
    b. >50mゴジラに壊滅の人類? そこは昔の50mゴジラが今回の50mゴジラと見た目と大きさは同じでも、能力的には比べものにならなかったと好意的に解釈しました。まあ、あの三倍強くても、単に50m巨大生物が暴れてるだけなら文明はいずれ崩壊するかも知れませんが、人類は滅亡しそうに無いんで、なにか小説にも映画にも無かった要因があったと考えるべき何でしょうけれど。
    2万年前のゴジラも巨神兵のプロトンビームばりに熱線をぶっ放し、尻尾振り回せば衝撃波が飛んで一軍を消し飛ばして欲しい。
  32. 2>原作で敵対してLoSで味方化した黄金…不明のうお座を除くとシャカしか居ねぇ!?や、シュラとかミロとか全体的に話せば分かる人物にはなってましたが。
    味方は言い過ぎた(笑) あと「黄金が青銅に連戦連敗しない」というのもデカい!
  33. a. >25 UBWの対ギルは相手が雑種扱いの人間という事の超絶舐めプとフェイカー(笑)な相手に勝負を挑まれたことからの剣オンリーの限定ジャンケンという条件を絞った上で更に固有結界に引きずり込んでやっと一太刀当てれたって状態だから、確かにあの戦いでは勝ちになっているけど少しでもその気になられたら絶対勝てない相手なのは間違いないし。まぁ主人公補正と言われたらそこまでですが
    b. Fate> 自分は士郎のことは割と好きで、足手まといが出しゃばる不快さも(当時は)そんなに気になりませんでした。大体は主人公だし、で納得してた。それでもUBWでアーチャー、ギルにタイマンで勝っちゃうのは正直無理があるだろうとは思いましたね。負けるよりはいいか,納得。
    c. >17 ギル戦でも相打ちになるバッドエンドはある。まあ大佐の言うとおり舐めプしてくれるから戦えるってのは大きいけど、あやつの場合最初から全力を出すってのが一部の例外相手を除いてありえないからなぁ…
    c.うむうむ。「舐めプが基本」と「舐めプが基本だから、舐めプ時が実力みたいなもの」を混同しなきゃOKよな。
  34. 怪獣惑星感想>週明けに観に行こうと思っていたので、がぜん楽しみになってきました。 俺は「自ネタバレ」はむしろするほうで、自ら先に他人の感想を調べたりします。そのうえで『他人の感想で一部知った部分が自分でその作品に触れた際にどうとれるのか、知った一部が自分で全部観た際にどういう「総合感想」になるのか』って楽しみ方してます。 むしろ、何の前情報もなしで観た映画で「ハズレだ」って感じた時の「ムダ金(言葉悪い)感」のが嫌なのです(汗) もちろん「他人の感想を観て楽しそうだったけど、結局自分的にはつまらなかった」でも、それはそれで「自分と他人の感性がこう違ったんだなと納得がいった」ってことでOKなんですよね。 おしむらくは「黙示録」を読んでいけないってとこですかね(近所で売ってなかった
    観た後読んでも大丈夫だきっと!
  35. 腋ぱっくり。でも自分は横乳に目がいくのだ(笑) URL
    美味しそうな腋だぜ!!!
  36. ゴジラ怪獣惑星感想 …地球に「総イオク化」の呪いが掛かっていて、より古い種である人類が先ず発症したので脱出の憂き目となり、その後の2万年の間に怪獣にも呪いが蔓延してしまい、帰還した人類は宇宙で多少なりとも自然の解呪があって、勝利を得ることが出来た、みたいな想像をしたくなる印象を、この感想から得ました(嘆息。 by エルドラン総受け
    ほんとその手の「主人公たち以外の人間はみんな馬鹿です」で水準引き下げてく演出辛いわー。
  37. 14>ネロはEXTRAシリーズのメインサーヴァントだから主人公補正もあるかも 皇帝特権で得られる能力が高いとか なんにしても例外or特殊なタイプか
    そういやFateって「召喚された時の外的要因でステータスが変わる」って設定なのに、「FGOで召喚された場合の固有ステータス」ってあまりいないよなー。セイバーさんなんかは違うけど、ネロは同じだもんな。基本的に他の作品で、他人がマスターしてる時と同じステータス。
  38. >10.確かにマクギリスを売ろうとした行為は情けないし筋が通ってないことだとは思うけど、それは鉄華団の仲間の命だけでも助けたいと思っての行動でもあると思うんですよね。オルガ自身もマクギリスだけじゃなく自分の命を差し出すつもりだったし、それで仲間の命だけでも助けてほしいと頼むだけでなくマクギリスを売ることに対してのケジメという部分もあったのではと思います。
    俺もオルガが自分が助かろうとはしてなかったとは認識してるんで、確かに「保身に走る」は言い過ぎだった! その上でもイメージが悪いってだけで。
  39. a. 怪獣惑星<仲間の方ですがかなり楽しめました(笑)過去のゴジラが50メートル級と仮定するとハルオの言っていたことは間違っていなかった、ただ言うのが2万年(20年)遅かっただけということになるのか by PT零
    b. 2万年前に大人ハルオが居たら人類は勝ててたのかっつー話ですな。 ゲマトロン演算機云々で宇宙放浪十数年後にようやくわかった新事実とかでなければ。
    そう、時間だよな。結局ハルオが研究に使えた時間ってほんの僅かな筈なんだよな。つまりかつての戦いに発言力がある研究者や軍人としてハルオがいて同じことを思いついてれば、ゴジラは倒せたかもしれん……みたいなのが本編の描写なのよなー。本人も「逃げ出さずに戦ってりゃ勝てたんだよ!」と(意図している意味合いは同じではないが)言っちゃってたし。
  40. 3>アウトボクサーでディフェンスが上手、だと、スマートすぎると言うか、完璧というか、原則ライバルキャラの設定、戦隊モノだとブルー役だから。基本的に打たれないはずなので主人公的には乱戦展開に持ち込みにくく、持ち込むと結局打たれ強くないといけない(打たれなきゃピンチにならないし、打たれ弱かったらピンチ即終了なので)。アウトボクサーは、いわば飛び道具使いなのでルールのある一対一だとやれることのバリエーションは多くなく、精密さ正確さが売りなので、出番の度に徐々にインフレしながら時々主人公を追い込むのがベストの役回りですな。
    まともに被弾したらそれだけで轟沈するはずだから、不自然に被弾しない作品になっちゃったりする!!
  41. 怪獣惑星>シン・ゴジラの生体的特徴の印象を引きずりつつ、虚淵さん、2万年、大気組成、植物、地上生物と状況が見えてくるに連れて、「なるほどなるほど。で、この惑星のどこからどこまでがゴジラなのかね・・・?(ガクブル」と先を想像するのが楽しかったです。
    ユニクロン連れてこよう(ダメだ
  42. アポクリファのルーラーに要求される資質ってなんなんだろ? 天草四郎とジャンヌダルクであんまり共通点があるようにも思えないし。
    一般的なルーラーはキリスト教の聖人じゃないといかんよな(マルタもそう)。よくわからんチートしているホームズはカルデアシステムなので例外で。
  43. 「はたらかないふたり」という漫画をwebで見かけて「俺今ちょうど無期限自主休暇中(無職)だからこれも何かの縁だな」と読み始めたら「ぜんぜんネガティブじゃない面白いなぁ」と思ったので、全巻一気買いして読んでたら「あれなんか見覚えあるぞこの話」って思ったら、案の定「サティスファクション蔵書」に入ってた(笑) 兄弟が「どたどた」走りまわるのと妹が「うひょー」ってカットが出るたびツボる(笑
    あの漫画は大好きだー。いつまでも続いて欲しいと思っている(笑)
  44. a. >くろアゲハ 加瀬先生のいつまでも変わらないノリと絵の進歩っプリにはびびる
    b. くろアゲハ>>加瀬あつし作品は基本全部読んだが、この人ホント下ネタの言葉回しがうめぇなぁ。後地味に今のオタクが知ってる様な最近のアニメ作品とかも小ネタにしてるしすげぇと思う。一回全作品キャラでバトルしたらどうなるか見てみたいってのはあるな(笑)なんかゼロセンか川越のクズ王が天辺取りそうなイメージ
    この人の言葉の魔術師ぶりは本気でリスペクトしている。
  45. >21.魔術協会・聖堂教会ともに神秘の秘匿には熱心で、第四次聖杯戦争では海魔戦で 喪失した自衛隊のF15戦闘機2機を現物即納で補填しています。 約束された勝利の剣の使用については、冬木教会でのアインツベルン-遠坂の休戦交渉の場で船舶を緩衝材する配慮があったことが監督役(綺礼)の前で 明かされているのでお咎めなしだったのではないでしょうか。 さらに遡るとキャスター討伐自体が神秘の秘匿への無配慮に対してのペナルティだったので、ルールとして機能させようとはしていますね。 ただ戦況が教会や時計塔の思惑を超えて過激化し、処理が追いついていないのですが。
    そして守る気ないやつが多過ぎることで無法地帯と化しているストレンジフェイク(笑)
  46. ゴジラは三部作らしいんで、それが足枷になってる部分もあるんじゃと思いますね。中途半端にやるより、平成ガメラみたいにある程度独立した感じで三部作構成にした方が良かったような気がします。
    50年前のゴジラのサイズに合わせて建造したメカゴジラが300メートルだったりするのかしらねぇ。
  47. ゴジラ怪獣惑星 なんかワダツミさんの感想を読むと、小説は読まずにいたほうが映画で盛り上がれそうだな
    理解度は深まるのだが、理解することで不自然な点に気がついてしまう(笑)
  48. もうすぐガルパンなわけですが、大洗でのイベントは大人気だったようで。普通は同人誌減るのに、劇場版でテレビ放送時より同人誌増えたし(なぜかアンツィオが多かったのですが)、やっぱりガルパンは持ってますね。あとは、完結まで何年かかるかですが、予定通りいくのか。延びるにせよ、エヴァを待つよりはマシでしょうけどね…
    世代交代した新作出して続けてくれてもいい(無理そう
  49. ゴジラ>終盤は面白かった。のだけど、事前情報を全カットした&小説を見ていないせいで序盤で頭がもう大パニックになった。
    スーパーダイジェスト!!
  50. >17 すったもんだの末にイリヤと契約し直したアーチャーエミヤが無限の剣製を使う、とかならギル様戦にも説得力が生じるかと思料いたします
    プリズマ☆イリヤの士郎vsアンジェリカは「俺が観たかった士郎vsギルガメッシュ」だったわー。
  51. 妹さえいればいい、がTRPG回でしたが、そういえばTRPG部って最近活動されてますか?(同案多数の予想)
    そろそろまたプレイしたいと思っている(笑)
  52. アニゴジ、PVのショボい火力を見てる時点で「怪獣王ナメてる」としか思えないわけですよ。スーパーXとか轟天とか機龍とかモゲラとか生身でエビラをフライにする超人部隊とか、そういう人類渾身の超兵器を下した相手に挑む礼儀が欠けている、と。案の定ですかー
    少なくとも怪獣黙示録でビオランテまでは倒してて、スーパーX2や轟天、モゲラまでは登場してるからねぇ。
  53. ゴジラ見てきたのですね、田舎町に済む自分はいつ見れることか(Fate HF も、また然り)まぁ計画を練って練っていざ現実で相対したときデータ云々の前にとにかくやるぞというのはSAN値瀬戸際な心境がそうさせてしまったのではないだろうか、そしてイヤッホーーとしなければ心が死んでしまうくらい追い詰められていたのではないだろうか、冷静に受け止められた人物もいたかもしれないけど口には出せない空気もまた蔓延していたと思われます
    まぁほんと、どんなドヘタクソのしょっぱい理由でもいいから「地球人滅ぼしたのは当時から300メートル級です」と言って欲しい。
  54. 仲間です!!続編で、実はこうしたご都合展開は誰かの掌の上ダッタノデス、という展開になったりしないかなぁと逃避しております
    デウス・エクス・マキナ!!
  55. a. サイクロン! ジョーカー! ステーキ! ハンバーグ!
    b. >ステーキ! ハンバーグ! さあ、お前のコーンを数えろ! まっぷたつに割ってみたい!
    コーンの量が多過ぎたよあれ!!
 
 
 
 
 

サイト内検索っぽいモノ